ミドリイシの飼育にはカルシウムリアクターが必須

ミドリイシなどのハードコーラル(SPS)類を飼育する際に水槽内のカルシウム、炭酸水素イオン(KH)を補うための装置がカルシウムリアクターです。水中のカルシウムイオンが欠如すると珊瑚の成長が促されません。塩化カルシウム水溶液を添加することで、カルシウムイオンの濃度を高めることが可能であるが、これだけだと炭酸水素イオン(KH)の濃度が低下してしまいます。そこで、石灰岩の風化を人工的に作り出し、天然のカルシウムイオンイオン、炭酸水素イオンを水槽内に供給させるために考案されたのがカルシウムリアクターです。

不正アクセス防止のため、コメント入力いただいた方の送信元ホスト名、IPアドレスを記録しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

新着記事

アクアギフトさんのブラックバンド5万円台...激安!

アクアギフトさんのブラックバンド5万円台…激安!

趣味がアクアリウム好きな男って、どんな男?

趣味がアクアリウム好きな男って、どんな男?

アロワナ華僑紅龍魚、古代魚が泳ぐ18BAR(横浜馬車道)

アロワナ華僑紅龍魚、古代魚が泳ぐ18BAR(横浜馬車道)

連結オーバーフロー水槽のメリット、デメリット

連結オーバーフロー水槽のメリット、デメリット

ユーザ評価1.2「カニシャコホイホイ」

ユーザ評価1.2「カニシャコホイホイ」

全ての記事を確認する