ツツウミズタ 増殖開始

1P1000787.jpgツツウミズタが根の様な共肉を伸ばし成長してきました。根の途中からは、新しい小さなポリプが出てきています。写真だとちょうど中央下ぐらいに確認することができます。以前ツツウミズタを飼育していた際にも同様の成長を確認することができたのですが、水質の悪化により、ポリプが消滅しまった経験が2、3回ありました。

 

 

 

 


今までの飼育経験則なのですが、サンゴに必要な適切な水流と光とあわせ、頻繁にサンゴの設置場所を変えるのもストレスを与える事になっている気がします。自然界のサンゴは、一度定着した場所からはほとんど動くことは無いと思いますし。
またサンゴにライブサンドがふりかかってしまった際などは、確実に調子を崩します。水換えで新しい海水を水槽内への投入時、バケツなどで一気に流し込んでしまい水槽内のライブサンドを巻き上げてしまった際には、ライブサンドがふりかかったライブロックやサンゴは確実に調子を崩します。
本日の水槽の様子はこんな感じです。
2P1000788.jpg
3P1000794.jpg

不正アクセス防止のため、コメント入力いただいた方の送信元ホスト名、IPアドレスを記録しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

新着記事

アクアギフトさんのブラックバンド5万円台...激安!

アクアギフトさんのブラックバンド5万円台…激安!

趣味がアクアリウム好きな男って、どんな男?

趣味がアクアリウム好きな男って、どんな男?

アロワナ華僑紅龍魚、古代魚が泳ぐ18BAR(横浜馬車道)

アロワナ華僑紅龍魚、古代魚が泳ぐ18BAR(横浜馬車道)

連結オーバーフロー水槽のメリット、デメリット

連結オーバーフロー水槽のメリット、デメリット

ユーザ評価1.2「カニシャコホイホイ」

ユーザ評価1.2「カニシャコホイホイ」

全ての記事を確認する