アフリカンピグミーエンゼル

1african03.jpg2007年11月から約7ヶ月飼育したチェルブがお亡くなりになってしまいましたが、チェルブが水槽内にいた関係で投入できなかったヤッコを投入しました。こちらのアフリカンピグミーエンゼルです。オレンジと濃紺のツートンカラーがとても綺麗で人気の高いケントロピーゲです。

 

 

 

 


生息地は西部太平洋です。チェルブ同様、気性が荒くヤッコの混泳をさせるには、最後に投入するヤッコとも言われているようです。
2P1010136.jpg
3african01.jpg
4african02.jpg
5african04.jpg
水槽投入時、ニセモチノウオがまずはちょっかいを出し、若干もみ合いになりそうな気配もありましたが、1日経過した本日の様子は問題なさそうです。どちらかというと、フレームエンゼルとナンヨウハギが、アフリカンに対してちょっかいを出しています。アフリカンは体が小さいせいもあり、ライブロックの小さな隙間をスルスルと抜けながら、攻撃をかわしています。でも、なるべくあまり、ちょっかいを出さないで欲しいけれど・・・^^;
6P1010142.jpg
餌食いもとてもよい子なので、長生きしてくれるとよいのですが。。。
久々に水槽内の様子を動画で撮影してみました。

不正アクセス防止のため、コメント入力いただいた方の送信元ホスト名、IPアドレスを記録しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

新着記事

アクアギフトさんのブラックバンド5万円台...激安!

アクアギフトさんのブラックバンド5万円台…激安!

趣味がアクアリウム好きな男って、どんな男?

趣味がアクアリウム好きな男って、どんな男?

アロワナ華僑紅龍魚、古代魚が泳ぐ18BAR(横浜馬車道)

アロワナ華僑紅龍魚、古代魚が泳ぐ18BAR(横浜馬車道)

連結オーバーフロー水槽のメリット、デメリット

連結オーバーフロー水槽のメリット、デメリット

ユーザ評価1.2「カニシャコホイホイ」

ユーザ評価1.2「カニシャコホイホイ」

全ての記事を確認する