海外の有名人、ティエリ・アンリのアクアリウム水槽

アーセナル史上最高の男と呼ばれたティエリ・アンリ豪邸のアクアリウム構想とその結末とは?

アーセナル史上最高の男と呼ばれたティエリ・アンリ豪邸のアクアリウム構想とその結末とは?

久々の二日連続のブログ更新です。昨日のブログに引続きこちらも少し古い情報ですが、興味深い内容なのでご紹介いたします。この記事が話題となった当時は、アクアリストの間で盛り上がったというよりは、サッカーファンの間で話題になっていた気がします。

現在は、ニュージャージー州の都市ハリソンにホームを置くサッカークラブ、ニューヨーク・レッドブルズに所属するサッカー選手ティエリ・アンリ。かつて、アーセナルで「世界最高のストライカー」の名を世界中に轟かせた選手です。サッカーに詳しく無い方でも「アンリ」の名前はなんとなく聞いたことがあるのではないかと思います。



2012年2月20日に「If It’s Hip, It’s Here」にて紹介されている記載内容をもとにご紹介いたします。

1896年創刊のイギリスでもっとも古いタブロイド紙The Daily Mailの記事によると、元アーセナルでストライカーとして所属していたティエリ・アンリは、もともと建築家リチャード氏(Richard MacCormac)によって設計されたロンドン北部の自宅を解体し(1999年に590万ポンド(日本円現レートで約10億円で建設))、5階建て5500ガロンもの水槽が設置され、キッチンの床にはサメの水槽が設置されると計画内容が記載されています。

水槽のサイズは、総水量1900リットル、幅が15フィート(約4.6メートル)、高さが41フィート(12.5メートル)、奥行きが3フィート(0.9メートル)です。300匹もの魚を泳がせることが可能な水槽です。設置費用は、25万ポンド(日本円現レートで約4000万円)費用がかかるとされています。

水槽の年間維持費用は、12000ポンド(日本円現レートで約200万円)。餌代は2500ポンド(日本円現レートで約40万円)とされています。

普通にこの水槽サイズを確認すると、縦横サイズの割には奥行きが短すぎるため、耐久性とメンテナンス性に優れない水槽というのが分かります。

しかし家全体のフロアをまたぐこのもの凄い水槽、当時の発表から約2年が経過しようとする現在はどうなっているか…?気になりますよね。

実は…

上部に記したような内容での水槽設置の計画はなされたものの、諸事情により計画は白紙となってしまったそうです。

このアクアリウムハウスを建設しようとした場所は、ロンドン北部のハムステッドというエリアで、イギリスらしい洋風豪邸が立ち並ぶ高級住宅街です。建築着手に向け、街の委員会に計画内容を提示したところ、ロンドンの歴史的な街並みにマッチしないということで破棄されてしまったようです。また、建築家リチャードからも家の取り壊しには反対を受けていたと記載があります。

でも、アンリや建築家から、アクアリウムハウスが建築着手できなかった本当の具体的な理由は明らかにされていません。

建築されていたら、今頃どうなっていたんでしょうね?

世界の富豪たちが保有している水槽に興味が出てきました。調査して次回のブログ更新でご紹介したいと思います。

via:If It’s Hip, It’s Here

関連リンク

アクアリウムとは?

投稿はありません。

不正アクセス防止のため、コメント入力いただいた方の送信元ホスト名、IPアドレスを記録しています。

海外の有名人、ティエリ・アンリのアクアリウム水槽” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です