コモンサンゴに共生するヤドカリ

P1030260.jpgこちらショップでよく目にするコモンサンゴと一味違います。ダイビング雑誌やダイビングブログでよく目にするカンザシヤドカリが5匹ぐらい?共生しているコモンサンゴです。カメラの性能がよくなく、ズームがなかなか効かないのですが、共生しているヤドカリを撮影してみました。#超ブレブレですが。。

 

 

カンザシヤドカリは、移動できなくても餌が摂取できるように、海中の浮遊物を捕らえるために発達した触角が特徴的です。海水魚用に与えたメガバイトを触手でキャッチして、食べる姿はとても興味深いです。成長したら通常のヤドカリと同様に、ヤド替えを行うのでしょうか????ヤドカリは、ウスコモンに所々空いている穴に住んでます。ヤドカリが丁度写真の中央あたりにくるように撮影してみました。

 

P1030261.jpg

P1030264.jpg

 

 

ウスコモンサンゴは、強い光を要するサンゴですが、150Wのメタハラでも充分飼育は可能なようです。光が強ければ強いほど、色上がりがよくなります。デトリタスが蓄積し易い種でもあるので、ある程度の水流がある方がよいかと思います。

 

不正アクセス防止のため、コメント入力いただいた方の送信元ホスト名、IPアドレスを記録しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

新着記事

アクアギフトさんのブラックバンド5万円台...激安!

アクアギフトさんのブラックバンド5万円台…激安!

趣味がアクアリウム好きな男って、どんな男?

趣味がアクアリウム好きな男って、どんな男?

アロワナ華僑紅龍魚、古代魚が泳ぐ18BAR(横浜馬車道)

アロワナ華僑紅龍魚、古代魚が泳ぐ18BAR(横浜馬車道)

連結オーバーフロー水槽のメリット、デメリット

連結オーバーフロー水槽のメリット、デメリット

ユーザ評価1.2「カニシャコホイホイ」

ユーザ評価1.2「カニシャコホイホイ」

全ての記事を確認する