クリスマス島 フレームエンゼル ペアに挑戦

P1040075.jpg某ショップの社長さんが缶ビールで酔っ払っており、お話したところクリスマス島のフレームエンゼルLargeサイズを格安で譲ってもらえることになりました。本当は色彩変異したイレギュラーバンドのフレームエンゼルを譲ってもらおうと思ったのですが、頭部に残念ながら傷ができてしまっており、なくなく断念しました。

水槽内にはもともと飼育して11ヶ月ほどのマーシャル産フレームエンゼルがおり、同種ヤッコの複数飼いに初チャレンジしようと思い水槽へ投入してみました。ネットで調べてみるとフレームエンゼルはオスの方が体が大きいようです。マーシャル諸島とクリスマス島でそれぞれもともとの出身地が異なりますが、ペアになってくれるとよいなぁ~っと思っています。

 

P1040006.jpg

ショップの社長さんは、「ヤッコは入れてみないと解らない。何度もチャレンジを繰り返して、お客さんの中では同じヤッコを5匹同じ水槽で飼っている人もいるよ。」と酔っ払いながら力説してました。

 

同種のヤッコを同じ水槽に入れたらどうなるんだろう?入れたとたんバトルが始まるのか?っとちょっとドキドキしながら水槽に投入してみたのですが、クリスマス島産のフレームエンゼルの方がひと回り大きいためか、特にお互い顔を見合わせただけで大きな問題にはならず混泳をはじめました。まずは一安心です。

フレームエンゼルのオスとメスでは以下の違いがあるようです。

  • オスはメスに比べて体が大きく、黒いバンドが太く、体表の赤みの中に黄色が強めに出ている。
  • メスはオスと比較すると体が小さく、体のカタチが丸みをおびている。

水槽へ投入して今一番心配なのは白点病です。わずかながら点々と出てきています。白点病の時はあまり大きく換水しない方がよいみたいなので、汚れていたウールマットをさきほど交換してみました。

フレームエンゼルは、ヤッコの中でも飼育は容易とされていますが、過去の経験から振り返ると簡単なことも無く油断大敵なヤッコだと感じてます。

先ほどちょっと海水魚図鑑マリンエンゼル図鑑チョウチョウウオ図鑑ハナダイ・ハタ図鑑)のページを変更してみました。まだ、全然情報が薄いので、早く枠組みだけ完成させて肉付けしていかないとっ、と思ってますがなかなか作業が進まずです。。。画面遷移と一部ハナダイのサムネイル画像サイズが縦横比を意識せずHTMLで強制的にサイズ指定したためおかしいですが、またあらためて修正しようと思ってます。

不正アクセス防止のため、コメント入力いただいた方の送信元ホスト名、IPアドレスを記録しています。

クリスマス島 フレームエンゼル ペアに挑戦” に対して 2 件のコメントがあります

  1. はじめまして!!
    フレームのペア化は自分もしたいなと考えています!!
    なかなか難しいと思いますがぜひ成功させてください。
    いろいろ勉強させてください!!

  2. AQUARIUMZONE より:

    こんばんわ。はじめましてー。
    コメントありがとうございまーす!!
    クリスマス島のフレームなのですが、
    どぉーしても白点病が気になり、
    先ほど低比重グリーンF漬けにしました^^;
    #先行き超不安ですが・・・、
    まずは白点治療してから、
    ペア化、ガンバってみまーす。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

新着記事

アクアギフトさんのブラックバンド5万円台...激安!

アクアギフトさんのブラックバンド5万円台…激安!

趣味がアクアリウム好きな男って、どんな男?

趣味がアクアリウム好きな男って、どんな男?

アロワナ華僑紅龍魚、古代魚が泳ぐ18BAR(横浜馬車道)

アロワナ華僑紅龍魚、古代魚が泳ぐ18BAR(横浜馬車道)

連結オーバーフロー水槽のメリット、デメリット

連結オーバーフロー水槽のメリット、デメリット

ユーザ評価1.2「カニシャコホイホイ」

ユーザ評価1.2「カニシャコホイホイ」

全ての記事を確認する