長期飼育中なハタゴイソギンチャクとカクレクマノミ

長期飼育中なハタゴイソギンチャク

カラータイプのハタゴイソギンチャクは、ノーマルタイプと比較すると弱いので、輸送に耐えられずに調子を崩す個体が多いと聞いています。

過去、ハタゴイソギンチャクを購入して水槽に入れたにも関わらず、一週間も維持できなかった個体を数多くみてきました。

力なく水槽でグッタリしているハタゴイソギンチャクの長期飼育は100%無理です。

状態がよいハタゴイソギンチャクは水流が無くても、触手だけでなく体全体が水槽の中で躍動します。

サイト制作作業中だったのですが、水槽を見たらハタゴイソギンチャクが水槽内で躍動していたので写真を1枚だけ撮影してブログアップしました。

さて、サイト制作に戻ります。Mac Book Airは、フォトショやイラレがサクサク動くので快適に作業が進みます。

カクレクマノミとハタゴイソギンチャクの飼育については、実際の飼育経験をもとにまとめている以下の記事が参考になります。

また、初心者の方は、安くて飼育が簡単な、初心者用カクレクマノミ飼育水槽セットがおすすめです。

オーバーフロー水槽については、以下の記事も参考になります。

不正アクセス防止のため、コメント入力いただいた方の送信元ホスト名、IPアドレスを記録しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

新着記事

アクアギフトさんのブラックバンド5万円台...激安!

アクアギフトさんのブラックバンド5万円台…激安!

趣味がアクアリウム好きな男って、どんな男?

趣味がアクアリウム好きな男って、どんな男?

アロワナ華僑紅龍魚、古代魚が泳ぐ18BAR(横浜馬車道)

アロワナ華僑紅龍魚、古代魚が泳ぐ18BAR(横浜馬車道)

連結オーバーフロー水槽のメリット、デメリット

連結オーバーフロー水槽のメリット、デメリット

ユーザ評価1.2「カニシャコホイホイ」

ユーザ評価1.2「カニシャコホイホイ」

全ての記事を確認する