シャコガイを突っつくため、ニシキヤッコを混泳水槽へ移動

P1040679.jpgニシキヤッコがやはりヒレナシシャコガイを突っつき始めました。木曜日の朝ぐらいからヒレナシシャコガイの様子がおかしい・・・なっと思っていたのですが、昨日水槽を遠目に「ジーッ・・・」と眺めていたところ、ニシキヤッコがパクパクとヒレナシシャコガイを突っつく姿が確認されました。どう対処するか悩んだ末、ヒレナシシャコガイを60cm水槽に移動させることにしました。

 

 

ここ2週間、ニシキヤッコはヒレナシシャコガイには、まったく興味を示していなかったので、「これは同じ水槽でいける。」っと思っていたのですが、ニシキゆえどもやはりヤッコ。1度興味を持って突っつき始めると、定期的にちょっかいを出し始めます。

ヒレナシシャコガイを救うため、ヒレナシシャコガイは60cm水槽に移動させることにしました。60cm水槽はもともとメンテナンス性を高めるため、ライブサンドは敷いていなかったのですが、ヒレナシシャコガイを配置するには、砂を敷かなくてはと思い、90cm水槽側のライブサンドの一部を60cm水槽に移しました。ライブサンドを移動させなくてはならなかったため、水槽内の全ての生体からライブロックまでを一旦衣装ケースに移動させ、ひと労働でした。

いつも換水時は、衣装ケースにヒーターを入れ、サイフォンの原理で水槽内の海水を衣装ケースに注ぎ、生体とライブロックを衣装ケースに移してから、水槽を掃除して新たな海水を水槽内に戻して、生体とライブロックを水槽に戻すという順番で、レイアウト変更が伴う水換えの場合は作業してます。ここで、毎度一苦労していたのが、衣装ケースに入れた古い海水を捨てる際に、重量がそこそこあるので一気に捨てることができず、少しずつバケツで衣装ケースが軽くなるまで海水をすくい上げて捨てるところでした。今回は、あらかじめ衣装ケースの下に台車を配置してから水換えを行ったところ、最後に古い海水を捨てるのがとても楽でした。#もっと早く気づけばよかった。。。

現在の水槽は、60cm水槽側がハナゴイ、ハナダイ、シャコガイ、ハタゴイソギンチャク、クマノミで、90cm水槽側がヤッコメインとなっています。90cm水槽側にニシキヤッコを2匹入れてみたのですが、相性があまり良くないようで、昨日はちょっとバトル気味でした^^;が、、1日経ってみるとだいぶ改善されてきました。

 

P1040736.jpg

 

 

P1040743.jpg

フレームエンゼルは、やはりお互いペアに適しているようで、とても仲良く泳いでいます。水槽内が暗くなると、水面で体の大きいオスの方がメスのお腹をツンツンと優しく突っつくノズリングを観察できるようになりました。

 

 

P1040683.jpg

 

P1040684.jpg

60cm水槽側に移動させたヒレナシシャコガイは、これでヤッコからストレスを受ける事はなくなりました。ハナダイ、ハナゴイもヤッコがいない水槽の方が、ストレスを受けないためか、とても力強く水槽内を泳ぐようになりました。

 

 

海水魚たちに餌をあげようとすると、ハナガタサンゴも写真のように触手を伸ばし始めます。ショップでもなかなか触手を伸ばしているハナガタサンゴを見かけることはありませんが、普段の硬く閉じた姿からは想像できない姿に変わり、水面から落ちるメガバイトを触手から捕食しています。

 

P1040630.jpg

故障して修理に出していたスリムラインが、修理を終え宅配されてきたため、早速水槽に戻しました。前回の故障は、蛍光灯の安定器不良でしたが、今回の故障は蛍光灯の安定器から発した熱でメタハラ部のパーツが一部イカレテしまっていたようです。安定器周りを最新モデルのメタハラに実装されているものに交換してくれたようなので、これでまた暫く様子見です。

 

P1040689.jpg

P1040705.jpg

 

P1040717.jpg

 

P1040685.jpg

P1040636.jpg

不正アクセス防止のため、コメント入力いただいた方の送信元ホスト名、IPアドレスを記録しています。

シャコガイを突っつくため、ニシキヤッコを混泳水槽へ移動” に対して 3 件のコメントがあります

  1. Damsel より:

    こんにちは!
    はじめまして。
    以前LEDのエムズワンMS-001Sのことが書かれてありましたが、今回私も購入しようと思ってます。
    90cmですと左右に1個ずつぐらいが理想でしょうか?
    一応メイン照明は蛍光灯です。
    サンゴはLPSonlyです。
    それからあ最近新発売のレコルトのロータス10.5W ブルーと比較してお奨めはどちらでしょうか?
    いきなり、ぶっしけな質問で申し訳ありません。
    どうかよろしくお願いいたします。

  2. AQUARIUMZONE より:

    Damselさん
    こんばんわ!はじめまして。
    コメントありがとうございます。
    LPS水槽、すっごい綺麗ですね!
    MX-001Sとロータス10.5Wの比較に関して私見になりますが以下の通りです。
    ・LED球とLED球の間隔が、MX-001Sよりもロータスの方が狭いです。
     なので、MX-001Sの方が散光型で、ロータスの方が集光型な感じがします。
     点灯しているMX-001Sとロータスのライト部から10cmぐらい離れたところに
     手の平をかざしてみると、明らかにロータスの方が光が強く集まっている
     事を確認できます。水槽全体を照らした場合は、どちらが綺麗かまでは
     確認したことがありません。以前、ショップの展示品で水槽全体を照らして
     もらった場合の違いを見せてもらったことがあるのですが、周りのメタハラ
     が強くて、ちゃんと確認できませんでした。
    ・90cm水槽でMX-001Sが左右に1ずつあれば、私は十分だと思います。
    傾向としてメーカーも商品シェアの競い合いをしているので、
    後発商品の方が、高性能で低価格になる傾向があるようです。
    LPSが敷き詰められた水槽で、LEDを多灯したら色上がりが更に綺麗そうですね!
    購入されたら是非、写真見せてくださーい!

  3. Damsel より:

    ありがとうございます。
    分かりやすいご説明ありがとうございました。
    さっそく検討してみます、、が、高価ですね、、、
    2個となると、、
    う〜ん、このご時世キビシイ〜です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

新着記事

アクアギフトさんのブラックバンド5万円台...激安!

アクアギフトさんのブラックバンド5万円台…激安!

趣味がアクアリウム好きな男って、どんな男?

趣味がアクアリウム好きな男って、どんな男?

アロワナ華僑紅龍魚、古代魚が泳ぐ18BAR(横浜馬車道)

アロワナ華僑紅龍魚、古代魚が泳ぐ18BAR(横浜馬車道)

連結オーバーフロー水槽のメリット、デメリット

連結オーバーフロー水槽のメリット、デメリット

ユーザ評価1.2「カニシャコホイホイ」

ユーザ評価1.2「カニシャコホイホイ」

全ての記事を確認する