WordPressでブログサイト構築に最適な初心者向け環境

WordPressでブログサイト構築に最適な初心者向け環境

10年前と比較すると、WordPressを利用するにあたって必要な情報や、WordPressに対応したインフラ環境がとても整ってきたため、自らのブログをWordPressを利用して立ち上げる人が増えてきました。

自らブログを立ち上げる魅力は、ドメイン名(http://から後ろの部分)サイトデザインなどなど、全て自分で操作できる点です。はじめは上手くいかないかと思いますが、経験を積むにつれ不安が解消され、スキル向上につながっていきます。

10年前は国内の情報が乏しく、独学でいろいろ調べながらこのブログを続けてきていたのですが、最近はもの凄いWordPressに関する情報もインターネット上には溢れてきていて、技術的に分からない事があれば、「検索すれば見つかる」という状態になってきています。

しかも、WordPressを動かすサーバーやクラウド環境がとてもグレードアップして、WordPressの課題だった表示速度の遅さが改善され、ストレスなくWordPressを運用できる状態になってきました。

アクアリウムの領域も少しずつWordPressを利用して立ち上げたサイトを見かけるようになってきているので、これから独自にブログやサイトを立ち上げたいと思う方に、少しでも参考になればと思い本記事をまとめています。

本記事に記載されている内容は、私が今まで10年近くアクアリウムブログや通販サイトをWordPressで扱い続けてきて、このサーバー環境はおすすめできるという内容をご紹介させていただいています。また、システム環境だけでなく、万が一トラブルになった際に、サーバー管理会社側に電話で問い合わせできるか?も重要なポイントとなってきますので、サポート体制が充実しているか?という観点も視野に入れておすすめな環境を記載しています。

ただし、世の中には私が紹介するもの以外でも沢山のサービスがあります。もしかしたら私がこれからご紹介する環境以外にも、優れた環境があるかもしれません。今回のご紹介は、私が今まで数々のウェブサイトやアプリを手がけてきた実体験をもとにご紹介させていただきます。他の方は、また違った見方があるかもしれません。

ちなみに、簡単にブログを立ち上げるのであれば、FC2、アメブロ、ライブドアなどなど数々のブログサービスがありますので、普通に登録すればすぐに簡単に利用可能です。

きっとこのブログを読んでくれている人の中には、自分よりも若い人も沢山いると思います。少し大げさかもしれませんが、英語とプログラミングができれば、世界中どこへ行っても仕事になります。世界中をめぐりながら、ITを活用して組織に属すことなくビジネスを手掛けるデジタルノマドという人々も海外では増えてきています。少しでも早く、ネットの世界に関心を持っておいた方が後で役立つと思います。

先日引退発表を行った浅田真央さんのブログもWordPressで立ち上げたオリジナルブログだなぁ~なんて、引退発表がブログで行われた際に思っていました。

まずはサイト(ブログ)の名前を決める

サイトの名前って、みなさん思いつきで「カッコいいから」「素敵な感じだから」と決めている人が多いと思います。実はここにもマーケティングの要素が入ってきます。例えば、自分をPRしたいからとサイト名に「自分の名前」や「ニックネーム」だけの場合と、「熱帯魚」や「珊瑚」を含めた場合で、どちらの方が集客効果が見込まれるかというと後者の方です。

人の名前を検索窓に入力されて検索される人は、芸能人やよっぽど何かしでかした人でない限りまずありえません。でも、「珊瑚」や「熱帯魚」という言葉は、アクアリウムに興味関心を持った人たちが、絶えず検索しています。

つまり、より人々が検索しているニーズの高いワードをサイト名に含めて、「カッコイイ」、「素敵な感じ」に仕上げると、長年ブログやサイトを運営していても、自ら決定したサービス名に納得して運用を続けることができます。

そしてサイト名称は、なるべく短くした方が、覚えてもらえやすいのでおすすめです。

ドメイン名を決めて取得する

ドメイン名を決める

ドメインとは、メールであれば、@マークから後ろの部分、ウェブサイトであれば、http:// から後ろの部分になります。

サービス名と連動しやすいドメイン名にするのがベストです。例えば、私のこのブログであればサイト名が、「アクアリウムゾーン」、ドメイン名が「aquariumzone.jp」とまったく同じです。

.jpにするのか?.comにするのか?の部分については、個人の自由です。

傾向としては、「.com」を選択する人は「カッコイイから」という人が多く、「.jp」を選択する人は「日本のドメインで落ち着きがある感じがする」という人が比較的多いです。

他にも「.net」、「.info」、「.me」などを利用する人たちも多いです。ドメイン名の途中に「-」(ハイフン)が入ったとしても特に問題はありません。

ドメインの空を調べて取得する

そしてドメインを決めるにあたって、一番重要なのが、「希望のドメインが空いているか?」という点です。ドメインは、電話番号や住所と同様で世界に一つしかない文字列です。例えば私が「aquariumzone.jp」のドメインを取得する前に、世界中にいる誰かが「aquariumzone.jp」を取得していた場合、私は「aquariumzone.jp」を取得することができません。

つまり、ドメインの取得は「早い者勝ち」ということです。

ドメイン名は、ドメインそのものにも価値があり、例えば2020年の東京オリンピックが決定した瞬間、感度の高い人たちが一斉に tokyo2020.com japan2020.com といったドメインを我先にと購入しました。なぜならば、東京オリンピックが決まった瞬間に、東京オリンピックに関連した「tokyo2020.com」というドメインは、高額で取引される事が見込まれるからです。

高額取引されたドメイン名の例

「一体ドメイン名という文字列だけで、どれぐらいの高値が付いているか?」というのをご紹介させていただくと以下の通りとなります。

privatejet.com:24億円

Nations Luxury Transportation社が取得したドメインで過去最高額です。

hotels.com:12億円

これはもうドメインを見れば何のサービスを提供することを目的にしているかは一目瞭然です。

z.com:8億円

とても貴重な一文字ドメインです。世界にたった6個しか一文字のドメインは存在しません。そのうちの一つを日本の企業が購入しました。

他にも億単位で取引されているドメインは沢山あります。億単位でなくても数万円レベルで取引されるドメインも沢山あります。

これだけ読んでも、FC2やアメブロでブログを運営するよりも自らドメインを取得してサイトを立ち上げる事のスケールの大きさや、オリジナルのドメインを取得する事の価値を感じるのではないでしょうか。

ドメインの維持費用は、年間たったの千円前後(.jpドメインですと三千円前後)と安いので、早めにおさえた方がおすすめです。

ちなみに私は、自分の名字のドメインなども含めて、現在全部で50個近いドメインを保有しています。

本ブログを読んだアクアリウム愛好家の方が、ドメイン取得される可能性がもしかしたらあるかもしれない?ので、オリジナルドメインを取得したい方は、早めにお名前.comにアクセスして、希望のドメインが空いているかを検索して申込みを行うことをおすすめいたします。ちなみに私は、aquariumzone.jp 以外で、珊瑚(coral)に関連したなかなか入手できなそうな貴重な.comドメインも保有しています。ドメインの取得は早いモノ勝ちです。

お名前.comでドメインを調べる

サイト(ブログ)を立ち上げる環境を決める

ドメインが決定したら、次はサーバー環境の決定です。

初心者向け

エックスサーバーがおすすめです。おすすめの主な理由は以下の通りです。
  • レンタルサーバーでWordPressを利用したいと考えている人が一番申し込むサーバー。
  • 低価格で高スペックのサーバーをレンタルできる。
  • メールサーバーも契約に含まれるので、独自ドメインでのメールもすぐ利用できる。
  • WordPressの自動インストール機能があるので簡単にWordPressを立ち上げられる。
  • 月額利用料が安い。
  • トラブル時の電話サポート窓口がある。
  • 申し込んで10日間、無料お試し期間がある。

初心者向けとした理由

とにかく簡単にWordPress環境の立ち上げができて、運用がとても楽。

エックスサーバーの料金表

機能 X10 X20 X30
月額費用 900円 1,800円 3,600円
初期費用 3,000円 3,000円 3,000円
ディスクスペース 200GB 300GB 400GB
※料金は36ヶ月契約の場合の金額で、税別の価格になっています。

個人ブログを行うだけであれば、「X10」プランで十分です。普通にブログとメールを行うだけで、200GBもディスク容量を使うことはまずありません。

エックスサーバーの詳細を確認する

中級者向け

ウェブサーバーをコアプレスクラウド、メールサーバーをヘテムル、DNSサーバーをバリュードメインの組合せで構成するのがおすすめです。おすすめの理由は以下の通りです。
  • WordPress専用のクラウド環境
  • サーバーでは無く、クラウド環境でオートスケール機能が備わっているため、トラフィック増加時でもサーバーが落ちない。
  • 低価格で高スペックのクラウド環境を利用できる。
  • ウェブサーバーがApacneでは無く、Nginx(エンジンエックス)のためWordPressの処理がとても速い。
  • 月額利用料が安い。
  • コアプレスクラウドは、ライブチャット。ヘテムルは電話でのサポート窓口がある。
  • コアプレスクラウドは、申し込んでから10日間、ヘテムルは15日間の無料お試し期間がある。

中級者向けとした理由

コアプレスクラウドは、メールサーバーが契約に含まれていないため、別途立ち上げなくてはなりません。私は、ヘテムルという別のレンタルサーバーを契約して、ウェブサイトはコアプレスクラウド、メールサーバーはヘテムルという運用を行っています。また、バリュードメインに登録して、DNSサーバーの設定を行わないといけないのですが、サーバーの知識が無いと、DNSサーバーの設定に手こずります。仮に設定できたとしても、設定した内容をちゃんと理解できる知識が無いと、後々運用上トラブルが発生した際に対処できなくて困る事になってしまいます。将来サーバーのスキルを高めたい向上心が強い人は、初心者であっても乗り切れる設定レベルではあります。ただし不安な方は、エックスサーバーにしておくのが無難です。

コアプレスクラウド(ウェブサーバー)の料金表

機能 CP-1 CP-2 CP-3 CP-4 CP-5 CP-6
月額費用 500円 1,000円 2,000円 4,000円 8,000円 1,6000円
初期費用 無料 無料 無料 無料 無料 無料
ディスクスペース 10GB 20GB 40GB 80GB 160GB 320GB

コアプレスクラウドの詳細を確認する

ヘテムル(メールサーバー)の料金表

機能 1年契約 2年契約 3年契約
月額費用 1,500円 1,375円 1,000円
初期費用 3,950円 3,950円 3,950円
ディスクスペース 256GB 256GB 256GB

ヘテムルの詳細を確認する

上級者向け

AWSがおすすめです。おすすめの理由は以下の通りです。
  • 米NASAをはじめ、多くの企業が利用しているクラウド環境。
  • サーバーでは無く、クラウド環境でオートスケール機能が備わっているため、トラフィック増加時でもサーバーが落ちない。
  • ウェブサーバーがApacneでは無く、Nginx(エンジンエックス)のためWordPressの処理がとても速い。
  • 月額契約料が高いのですが、サイト運用していてGoogle検索エンジンへのインデックスのスピードがとても速い。

上級者向けとした理由

コマンドラインからサーバーを操作できない初心者の人は、AWSを契約しても扱いきれません。 障害発生時にはパニックに陥ると思います。また、マニュアルやトラブル発生時のFAQが英語の場合が多いので、英語が読めないと苦戦することがあります。また、技術サポートが月額費用に含まれていないため、何か問題が発生したら全て自己解決しなくてはなりません。AWS側に技術サポートを依頼することも可能ですが、とても高い料金が発生します。

毎月の月額利用料が定額では無く、クラウド利用に対する従量課金制でとても複雑です。初心者の人は理解できないと思います。

私が自ら運営したり提供するほとんどの企業向けサイトは、コアプレスクラウドもしくはAWSで全て立ち上げています。このアクアリウムゾーンのブログは、AWSで立ち上げています。

AWSは扱いが難しく、利用料が高いというデメリットがあるのですが、それを克服して利用した際の恩恵はとても魅力的です。料金は、個人レベルのブログ利用であれば、smallインスタンスとよばれる環境を選択するのですが、大体月額最低でも一万円前後の利用料金はかかります。

WordPressを爆速化させる

AWSでWordPressを動かしている場合、Amazon CloudFrontを利用することで爆速化が可能です。公式ドキュメントはこちらに公開されています。

まとめ

このブログを読んでいる方は、個人のアクアリウム愛好家の方が多いと思います。まずはお名前.comで希望の空ドメインを取得して、エックスサーバーに申し込むのが一番ベストです。

またWordPressのスキル向上を行いたい場合は、WordPressでオリジナルサイトを構築するための専用オンラインサポート講座などもあり、独学で学んできた自分の時代から比べると、はるかにいろいろ習得しやすい環境が整ってきています。

不正アクセス防止のため、コメント入力いただいた方の送信元ホスト名、IPアドレスを記録しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

新着記事

全ての記事を確認する