WordPressで大量データから構築した具体的なサイト例

WordPressで大量データから構築した具体的なサイト例

WordPressやブログの手動運用は、時間がかかり面倒なので、一気にエクセルの大量データから独自開発したプラグインを用いて、サイトを立ち上げることがあります。このアクアリウムブログも、実は一部そうです。

具体的に立ち上げたサイト例を記してみます。

サイト例

チョウチョウ魚図鑑

恐らく検索エンジン経由でこのページにたどり着く人が多いと思うので、「えっ?!チョウチョウウオ?」っと思ってしまう方が多いと思うのですが、まずは小さいところからのご紹介です。

以下ページそれぞれは、もともとはエクセルデータでまとめた記事をベースに、独自開発したプラグインを用いて本ブログに取り込んでいます。

投稿はありません。

全国40万台中古車検索サイト「ジャパンカーズ」

カーセンサーnetと連携して、WordPress上で中古車40万台を検索できるようにしたサイトです。各車種別の買取査定検索にも対応しています。ウェブサーバーがApacheなので少し表示が遅いです。これも、もともとはエクセルでデータを準備して、プラグインを用いてWordPress上に構築しています。狙いはロングテールです。実装にはカーセンサーAPIとの連携が必要となります。

ジャパンカーズを見る

オアフ島2500スポットの情報サイト「モアニママ」

オアフ島2500スポットのジオタグに紐づいたインスタグラムのデータをエクセルにまとめて、そこから一気にプラグインを利用してWordPress側でページ生成させたサイトの例です。実際にオアフ島へ行って情報収集もしています。こちらも狙いはロングテール。

モアニママを見る

各サイトのページ保有数

Googleにインデックスされているページ数を見てもらえれば、だいたいWordPress上に登録されている投稿データの数はおおよそ目途が付くと思います。これらは1万ページいくかいかないかぐらいの規模です。他にも数万ページ単位で、立ち上げている個人サイトを複数保有しています。

WordPressのプラグインには、海外も含めてエクセルや、CSVデータからページを生成させるためのプラグインがあるので、これらを参考に、プラグインを独自開発しています。もともとディベロッパーでは無いので、現在のところプラグインの外部公開はしていません。

Googleペナルティは受けないのか?

受けていません。Googleは「自動生成されたページはNGだ。」とネット上のどこかに記載されていたかと思うのですが、内容が詰まったオリジナルデータでページを大量生成する分には、ペナルティを受けることなく問題無く年単位で運用ができています。

WordPressで大量データを流し込んで困る事

数万ページ規模で保有していると、データのエクスポートができなくなります。これはインフラ側のスペックの問題になりますが、あらかじめ安いサーバーで立ち上げて、様子を見てから他のクラウドでスケールアウトを狙おうとすると、データがエクスポートできないので、XMLデータでの移行ができなくなります。また、固定ページも流し込みすぎると、WordPressの管理画面に入れなくなることがありました。数年前の出来事なので、現状のWordPressの最新バージョンでは、もしかしたら問題が無いかもしれません。

元のエクセルデータがあれば、同規模のサイト自体は初期状態に戻りますが、立ち上げる事は可能です。

ただし、安いサーバーで大量データを用いてWordPressで立ち上げる。運用が始まりトラフィックが増えてきてので、他のクラウドに移行させる。となった場合に、運用している間に、WordPress上に投入したデータも抜けなくなってしまうことがあるので注意が必要です。

上記リスクを回避する方法

コアプレスクラウドを利用すると、はじめは安いプラン、トラフィックが増えてきたら上位のプランへと同一クラウド上でスケールアップさせることができるので、データがエクスポートできないという問題を回避しながら、サイトを拡張させていくことができます。普段は、コアプレスクラウドと、AWSを主に利用しています。

不正アクセス防止のため、コメント入力いただいた方の送信元ホスト名、IPアドレスを記録しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

新着記事

全ての記事を確認する