カエルアンコウ、オコゼ、カサゴの餌付けと餌に関して

カエルアンコウ

カエルアンコウ

カエルアンコウをはじめ、オコゼ、カサゴといった魚を捕食する肉食魚の事を「フィッシュイーター」と呼びます。他の海水魚と異なり生餌、活餌を食べる海水魚です。ヤッコやチョウチョウウオ、ハナダイやクマノミに与えるような餌とは全然別格の海水魚となってきます。どちらかというと、肉食のカメなど爬虫類を飼育するような感覚に近い海水魚だと感じています。

マリンアクアリウムにおいては、カエルアンコウ、オコゼ、カサゴがフィッシュイーターとしてメジャーですが、自然界における以下のような魚もフィッシュイーターに該当します。

  • ヒラメ
  • カレイ
  • マゴチ
  • カンパチ
  • ブリ
  • シイラ
  • カツオ
  • スズキ
  • マグロ

ブラックバスも該当しますが、小魚を模倣したルアーで釣れる魚は、全てフィッシュイーターに該当します。



カエルアンコウの餌付けについて

カエルアンコウの仲間であるフィッシュイーターは、大食漢の割には消化器官が弱く、餌の与えすぎは消化不良を起こしやすいです。

スズメダイやクマノミがいる水槽にカエルアンコウの仲間を入れると、食べられてしまうので注意が必要です。

ここでいう注意が必要というのは、食べられてしまう側の魚(スズメダイ、クマノミなど)も、食べてしまう側の魚(カエルアンコウ、オコゼ、カサゴ)の両方に対して注意が必要です。

カエルアンコウの仲間は消化器官が弱いため、骨格がある魚を食べすぎてしまうとすぐに消化不良を起こし、死に至ってしまいます。

カエルアンコウの仲間を長期飼育したい場合は、メダカ、金魚など骨格がある活餌は避け、生魚の切り身や、エビのむき身などを与えた方が長期飼育に至りました。

また、クリルも与えると食べるのですが、消化不良を発生しやすいので、あまり与えない方が無難だと思います。

カエルアンコウの仲間に対する餌付けのポイント

  • 肉食の海水魚(フィッシュイーター)なので、他の海水魚との飼育とは別物。
  • 消化器官が弱いので、消化不良を起こしやすいクリルなどは与えない。
  • 生魚の切り身(刺身)やエビのむき身を与えた方が長期飼育することができた。



関連記事

海水魚の餌付けに関するノウハウと最適な餌

投稿はありません。

海水魚に最適な餌

投稿はありません。

海水魚飼育におすすめなオーバーフロー水槽の選定

投稿はありません。

海水魚の飼育に必要な機材と用品

投稿はありません。

海水魚飼育に最適な純水を生成する浄水器の選定

投稿はありません。

アクアリウムの問題解決、お役立ち情報

投稿はありません。

不正アクセス防止のため、コメント入力いただいた方の送信元ホスト名、IPアドレスを記録しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です