病原体の温床、デトリタスを一斉除去

病原体の温床、デトリタスを一斉除去
最近、時間になかなか余裕が無く、久々の更新です。現在の連結水槽にしてから約1年、あまりサンプ内をジックリみたことがなかったので、懐中電灯で照らしながらサンプ底面を確認したところ、大量の蓄積物が・・・。新規海水魚を水槽に投入すると、たまに白点病が見られる個体が出てきていたので、もしやこの蓄積物が病原の温床かと思い、サンプを分解してデトリタスを一斉除去しました。

ついでに濾過層内部のサンゴ砂も全部取り出し、スノコを外して底面を調べたところ、ここにも大量のデトリタスが・・・。パワーヘッドとホースを利用して、こちらのデトリタスも一気に除去しました。濾過層内のサンゴ砂下部のスノコ下部には、デトリタスが溜まりやすく、サンゴ砂を入れてしまうとなかなか掃除ができないと思い、濾過層内のサンゴ砂は全て外に出してしまいました。
衣装ケースで作り置きしているRO水で作った人工海水を200リットル程水槽内に入れて作業完了です。いつもの水換えより、気のせいか水槽内が透き通って見えます。海水魚もLPSも気持ちよさげです。

病原体の温床、デトリタスを一斉除去

病原体の温床、デトリタスを一斉除去

飼育しているシマヤッコがなかなか餌付いてくれず、もうこれは生餌でいくしかないっと思い、ブラインシュリンプ孵化セットを通販で注文してしまいました。羽化は簡単で、専用ケースに小さじ一杯のブラインシュリンプの卵を入れて待つこと1日。ブラインシュリンプがウヨウヨ大量に湧いてきます。専用のネットでブラインシュリンプだけを濾しとって、シマヤッコがいる90cm水槽に投入するも、食べているんだか食べていないんだかあまりよくわからず・・・。痩せてはいないので、何かしら食べてくれているだろうなぁ~っと見つめています。むしろLPSの方が、触手を大量に伸ばし、ブラインシュリンプに対してとてもよい反応を見せます。

病原体の温床、デトリタスを一斉除去

LPSはいい感じです。
病原体の温床、デトリタスを一斉除去

病原体の温床、デトリタスを一斉除去

病原体の温床、デトリタスを一斉除去

病原体の温床、デトリタスを一斉除去

病原体の温床、デトリタスを一斉除去

病原体の温床、デトリタスを一斉除去

病原体の温床、デトリタスを一斉除去

病原体の温床、デトリタスを一斉除去

そして・・・3年と3カ月飼育した巨大ヒレナシシャコガイが先日溶けてお亡くなりになってしまいました。貝殻は、天日干しで白化させて、トイレにでも飾っておこうかと思っています。

病原体の温床、デトリタスを一斉除去

1

コーラルクリーナー リバイブ 500ml

コーラルクリーナー リバイブ 500ml
2,600 円 (税込)
 ■商品情報 ■メーカー: Two Little Fishies ■備考: 内容量500ml リバイブ・コーラルクリーナーは生きているハードコーラルの表面を洗浄する為の植物抽出液です。 ・新しい珊瑚を水槽に順化するためや、枝打ちしたサンゴを洗うときにも使えます。   ●使用方法 サンゴ..

1

楽天ウェブサービスセンター
不正アクセス防止のため、コメント入力いただいた方の送信元ホスト名、IPアドレスを記録しています。

病原体の温床、デトリタスを一斉除去” に対して 4 件のコメントがあります

  1. Damsel より:

    なんでもそうなんですが、、
    デトリタスは掃除するな、という人と、
    いやキレイにしないと、と真っ二つにわかれますね。
    CPファームさんなんかはデトリタスは掃除するな派のようです。
    私のようなどっちつかずの人間は迷ってしまいます(¨;)
    え〜っ
    ヒレナシシャコガイ溶けちゃったんですか(;O;)
    突然逝っちゃうもんなんですか??
    寿命なんですかね?

  2. らまん より:

    こんばんわ。
    相変わらず綺麗な水槽ですね~
    というか以前から気になってたんですが思いっきりLPSとヤッコが乱舞してますよね。。 笑
    そのワリにはLPSがとても健康そうですが食害等はあまり無いのですか?
    自分は魚はセナキとクロオビスズメ、ニセモチしか入れてないのですが時折ヤッコの仕草なんかショップとかで観てしまうと、、入れたくなってしまいますが何とか我慢してます… 笑
    フレームやマルチ、フレームバック系などはそんなにちょっかいは出さないとか本には書いてありますが、結局は個体差なんですかねぇ?

  3. AQUARIUMZONE より:

    Damselさん、こんばんわー
    シマヤッコやニシキヤッコを飼育していると特に感じるのですが、
    水槽投入初期にデリケートになりがちなヤッコは、
    デトリタスが舞い上がると白点病になるケースが多く、
    いつも悩まされていました(@_@;)
    特にシマヤッコ・・・この海水魚だけがどぉぉぉぉ~~~~~っ
    しても、上手く飼育できません・・・。。。
    どこのサイトだったか忘れてしまったのですが、
    デトリタスについて読んでいて、
    個人的に「なるほどっ」と感じて以下のメモをしていました。

    • 海水魚の数がそこそこ多い場合、デトリタスが蓄積するスピードが速い。
    • 排泄物や余った餌が多すぎると、分解者が適切な働きをすることができない。
    • 分解者は、餌が多すぎて活動が活発すぎても適切に機能しなくなる。
    • 分解速度が速すぎると、有害物質が分解者にとっても耐えられない濃度に達成してしまう。
    • 処理しきれないデトリタスは汚染源となってしまう。

    ただし、

    • デトリタスが適度な量と分解速度であると、途中で生成される有害物質も適正に処理され、腐葉土のように水槽や微生物を支える機能を発揮する。
    • 生体の数を少なくしたり、餌の自給自足が水槽内で行えることが分解者が適正に働ける環境を提供することになる。

    ん~、水槽内には目に見える生物から見えない生物まで、
    沢山詰まっていると思うのですが、
    みなが適切に生きられる環境を提供するのは難しいですね・・・(^_^;)
    ヒレナシシャコガイ溶けちゃいました~。。。
    今まで過酷な環境でも元気に育ってくれたんですけど、
    ん~何が影響したんだろっ・・・原因不明って感じです(^_^;)。。

  4. AQUARIUMZONE より:

    らまんさん、こんばんわー
    LPSとヤッコの愛称ですが、LPSが共肉をしっかりと広げていないと、
    ヤッコの食害にあう確率が上がります。
    特に水槽に慣れたヤッコがいるところに、
    ハナガタサンゴなどを新規投入すると、縮こまった共肉をツンツンと
    突っつきまくり、そのまま放置しておくと次第に骨格が出てきてしまいます。
    共肉が縮こまっていると、毒があまり出ていないからヤッコも突っつき易い!?のかなっ、と個人的には思っています。
    なのでLPSの調子が上がるまでは、ヤッコは別の水槽で飼育していて、LPSの調子が上がったところでヤッコを入れて、それでもヤッコがサンゴにちょっかいを出すようであれば、ヤッコを別水槽に戻すことを今は行っています。
    過去の経験では、縮こまったハタゴイソギンチャクに対しても、
    フレームエンゼルは、ツンツン食らいついてハタゴイソギンチャクを弱らせてしまったことがありました。
    ヤッコのキョロキョロする表情と、ライブロックをスルスル泳ぎ抜ける仕草は、魅力ありますよね・・・。私は完全に、はまってます・・・(^_^;)
    LPSとヤッコの共存を行う場合、極力小さめのヤッコを入れると、
    突っつかれたサンゴもあまり動じないので、よいかもしれないです(^O^)
    ただ多少の個体差はありますが、どのヤッコもサンゴは突っつくものと思っておいた方が間違い無いと思います・・(^_^;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です