ハタゴイソギンチャクとバンド乱れカクレクマノミの共生

ハタゴイソギンチャクとカクレクマノミの共生
ORAのミスバンドオセラリスとセブ島産のハタゴイソギンチャクの共生です。ハタゴイソギンチャクは過去何度か飼育したことがあるのですが、メタハラの照明配下で巨大化してしまいシマヤッコに影響がおよびそうなので、ショップに引き取ってもらったり、いつの間にか消滅してしまったり、過去の飼育では1年半ぐらいが最長です。水槽環境の条件が整えば、どんどん成長するので数年単位での飼育も可能かと思います。私はクマノミとイソギンチャクの共生よりも、ヤッコがライブロックの隙間をスルリスルリと泳ぎまわる姿が好きなのですが、家にお客さんが来るとヤッコよりもカクレクマノミとイソギンチャクの共生の方に興味を示す人の方が多いです。

ハタゴイソギンチャクとカクレクマノミの共生

ハタゴイソギンチャクとカクレクマノミの共生

ハタゴイソギンチャクとカクレクマノミの共生

ハタゴイソギンチャクとカクレクマノミの共生

ハタゴイソギンチャクとカクレクマノミの共生

こちらはおもいっきりピンボケしてしまっていますが。ペルクラと石垣島産の小さなハタゴイソギンチャクです。クマノミ同士がイソギンチャクの取り合いをしないように二つ入れています。
ペルクラと石垣島産ハタゴイソギンチャクの共生

こちらは石垣島産のシラナミガイ。派手さはそんなにありませんが、白いスポットがなかなかいい感じです。
石垣島産シラナミガイ

お次もシラナミガイです。こちらはミクロネシア産のゴールドタイプです。横から見ると模様が白い線に見えますが、上から見るとこの線がゴールドに輝きます。
ミクロネシア産シラナミガイ

ベトナム産のマメスナギンチャクです。ビッシリ綺麗なポリプを伸ばしています。
ベトナム産マメスナギンチャク

でもマメスナギンチャクはやはり、フィジー産ですね。ポリプがとっても派手で綺麗です。マメスナギンチャクはどんどん水槽内で増殖していきます。
フィジー産マメスナギンチャク

フィジー産マメスナギンチャク

フィジー産マメスナギンチャク

こちらはフィジー産のクダサンゴ。ちょっとポリプの開きがイマイチです。
フィジー産マメスナギンチャク

平日も休日も一日中PCの前にいる事が多いので、息抜きで見る水槽にいる海の生き物はどれも綺麗でついつい水槽の前で長居してしまいます。

カクレクマノミとハタゴイソギンチャクの飼育については、実際の飼育経験をもとにまとめている以下の記事が参考になります。

また、初心者の方は、安くて飼育が簡単な、初心者用カクレクマノミ飼育水槽セットがおすすめです。

オーバーフロー水槽については、以下の記事も参考になります。

不正アクセス防止のため、コメント入力いただいた方の送信元ホスト名、IPアドレスを記録しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

新着記事

アクアギフトさんのブラックバンド5万円台...激安!

アクアギフトさんのブラックバンド5万円台…激安!

趣味がアクアリウム好きな男って、どんな男?

趣味がアクアリウム好きな男って、どんな男?

アロワナ華僑紅龍魚、古代魚が泳ぐ18BAR(横浜馬車道)

アロワナ華僑紅龍魚、古代魚が泳ぐ18BAR(横浜馬車道)

連結オーバーフロー水槽のメリット、デメリット

連結オーバーフロー水槽のメリット、デメリット

ユーザ評価1.2「カニシャコホイホイ」

ユーザ評価1.2「カニシャコホイホイ」

全ての記事を確認する