硝酸塩濃度0ppmをキープ VERTEX Pro-Bio PELLETS/プロ バイオペレット

2010123002.jpgVERTEX Pro-Bio PELLETS/プロ バイオペレットのおかげか?、連結リフジウム水槽のおかげか?最近は硝酸塩濃度0ppmをキープしています。ウミアザミが一株、ナガレハナサンゴの触手にやられた以外は、魚もサンゴも状態はとても良いです。年末年始の間にバヌアツ産シマヤッコと、モルジブ産ニシキヤッコを丸々太らせようと餌も1日数回与えています。マニラ産のシマヤッコはリフジウム水槽で何かを食べているようで丸々太っているため、人工餌は1日1回にしています。

2010123001.jpg

なんだかレイアウトがイマイチなので、水槽の大掃除でもしながらレイアウト変更を行おうかと思ったのですが、生体の状態がよいので年末年始はこのまま過ごします。

最近はちゃんと定期的に添加剤も付与してあげています。添加剤は仕事が忙しいと投入をおろそかにしがちですが。与えている添加剤は、ストロンチウムミックス、マグネシウムミックス、エレメントミックスとJOD-MIXです。それぞの添加剤のパッケージには以下の記載が記されています。

2010123012.jpg 

 

ストロンチウムはハードコーラルの骨格形成において欠かすことのできない重要な成分です。さらにソフトコーラルや石灰藻の成長のためにも必要です。天然海水には8.0〜8.5mg/Lのストロンチウムイオンが含まれています。ストロンチウムは炭酸塩と結びつくことで炭酸ストロンチウムとなりサンゴの骨格形成に利用されます。ストロンチウムミックスはハードコーラルやソフトコーラルの成長を確実なものとし退色を防ぎ、色揚げにも効果的です。より良い効果を引き出すためにQFIエレメントミックス、JODミックス、マグネシウムミックスと一緒にご使用下さい。

 

 

マグネシウムはハードコーラルやソフトコーラルの成長において最も大切な成分のひとつです。天然海水には1300〜1400mg/Lのマグネシウムイオンが含まれています。これはカルシウムイオンのおよそ3.3倍になります。マグネシウム濃度が低下するとカルシウムは炭酸塩と結合し沈殿してしまいます。ですからマグネシウムはカルシウムと炭酸塩のレベルを維持安定させる力を持っているということになります。また炭酸塩と結びつくことで炭酸マグネシウムとなりサンゴの骨格形成にも利用されます。マグネシウムミックスはハードコーラルやソフトコーラルの成長を確実なものとし退色を防ぎ、色揚げにも効果的です。より良い効果を引き出すためにQFIエレメントミックス、JODミックス、ストロンチウムミックスと一緒にご使用下さい。

 

 

エレメントミックスは無脊椎動物に欠かすことのできない微量元素をバランスよくブレンドした総合微量元素添加剤です。自然海水中には数十種類の微量元素が存在し、絶え間ない潮流によって無脊椎動物に供給されています。しかし閉鎖環境にある水槽ではプロテインスキマーやバクテリアによって利用、除去されてしまいます。エレメントミックスは簡単に無脊椎動物に必要な微量元素を安定して供給できる理想的な製品です。より良い効果を引き出すためにQFIマグネシウムミックス、JODミックス、ストロンチウムミックスを一緒にご使用下さい。

 

 

ヨウ素(アイオダイン)は無脊椎動物や魚の健康で色鮮やかな成長には欠かすことのできない成分です。また貝類やエビなどの甲殻類にとっても、新しいからを作るために欠かすことのできない成分です。JODミックスは無脊椎動物の成長を確実なものとし退色を防ぐだけではなく、鮮やかに色揚げすることができます。より良い効果を引き出すためにQFIエレメントミックスを一緒にご使用下さい。

 アワサンゴのポリプがLEDに照らされながら、水流にゆられてとても幻想的です。こちらのアワサンゴ、ポリプが隙間なく敷き詰められているように見えますが、夜間ポリプを引っ込めた状態で骨格を確認すると、一部骨格が欠けているところがあります。しかし、ポリプが全開すると、まったくそれには気がつきません。購入した時も気がつきませんでした。状態は良いので気にしていません。

2010123005.jpg

 

2010123006.jpg

2010123007.jpg

アワサンゴの真下に配置していたコエダナガレハナですが、お互いの触手が触れ合うのが怖いので少し距離を置いた場所に配置し直しました。動かしたせいか、少し触手の開きが悪いように感じます。

2010123004.jpg

シャコガイのメタリックも状態はとてもよいです。水槽投入時はシマヤッコとニシキヤッコが突っついていましたが、美味しくないことが分かったのか最近は突っつきません。ヤッコがシャコガイやサンゴ、イソギンチャクなどを突っつく時は、シャコガイ、サンゴ、イソギンチャクの調子が悪い時に多いような気がします。状態がよいサンゴをヤッコが突っつくと、変なモノを突っついてしまったと思うのか、突っついた後に口をブルブルと横に振る仕草を見せることがあります。

2010123003.jpg

フィジー産のマメスナギンチャクです。蛍光グリーンにオレンジコアが見ていて飽きません。マメスナギンチャクの隣でライブロックに活着しているカリブ産のバブルディスクもとても綺麗です。最近いつの間にか分裂していて、片割れを水槽の隅で発見しました。

2010123008.jpg

バヌアツ産のシマヤッコです。状態は最高です。

2010123009.jpg

モルディブ産のニシキヤッコです。こちらも状態は最高です。

2010123011.jpg

リフジウム水槽を上から撮影してみました。水面からはみ出すほどマリンプランツが成長して、微生物が肉眼でも確認できるほどウヨウヨしています。微生物まで含めると、一体この限られた水槽の空間に、どれほどの数の生体が住んでいるんだろうと思ってしまいます。

2010123010.jpg

しかし、今日は寒すぎるdash

こんなに寒いのに日陰で花が咲いてた・・・sweat01

2010122915.jpg

不正アクセス防止のため、コメント入力いただいた方の送信元ホスト名、IPアドレスを記録しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

新着記事

アクアギフトさんのブラックバンド5万円台...激安!

アクアギフトさんのブラックバンド5万円台…激安!

趣味がアクアリウム好きな男って、どんな男?

趣味がアクアリウム好きな男って、どんな男?

アロワナ華僑紅龍魚、古代魚が泳ぐ18BAR(横浜馬車道)

アロワナ華僑紅龍魚、古代魚が泳ぐ18BAR(横浜馬車道)

連結オーバーフロー水槽のメリット、デメリット

連結オーバーフロー水槽のメリット、デメリット

ユーザ評価1.2「カニシャコホイホイ」

ユーザ評価1.2「カニシャコホイホイ」

全ての記事を確認する