スターポリプ 蛍光グリーン

1_DSCF2875.jpg先日、SPLASHにて購入したとご紹介したスターポリプがポリプを広げ始めてきました。写真で見るとこんな感じです。やはりスターポリプはちょっと値が張っても、グリーン色が強いものを購入した方が見た目が綺麗ですね。

 

 

 


スターポリプは初心者向けのソフトコーラルとして紹介される事が多いですが、当然の事ながら生き物ですので、取り扱いを粗末にすると次第にポリプを開かなくなり、しまいには溶けてなくなります。過去の失敗談として、以前タマイタダキイソギンチャクを飼育していた時、タマイタダキイソギンチャクが非常に大きくなってしまい、触手がスターポリプに触れた状態のまま放置していたところ、お亡くなりになってしまった経験があります。スターポリプは、現在のオーバーフローにする以前にエーハイムの外部フィルターを利用した水槽の頃、生まれて始めて購入したサンゴでした。ここから序々に、サンゴが増え→海水魚が増え→水槽をオーバーフローに変更し→メタハラ等購入し始め→好日性のサンゴが増え・・・・と購買スパイラルにはまっていきました。。。
スターポリプ、大切に育てて増殖させないと。
2_DSCF2880.jpg

不正アクセス防止のため、コメント入力いただいた方の送信元ホスト名、IPアドレスを記録しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

新着記事

アクアギフトさんのブラックバンド5万円台...激安!

アクアギフトさんのブラックバンド5万円台…激安!

趣味がアクアリウム好きな男って、どんな男?

趣味がアクアリウム好きな男って、どんな男?

アロワナ華僑紅龍魚、古代魚が泳ぐ18BAR(横浜馬車道)

アロワナ華僑紅龍魚、古代魚が泳ぐ18BAR(横浜馬車道)

連結オーバーフロー水槽のメリット、デメリット

連結オーバーフロー水槽のメリット、デメリット

ユーザ評価1.2「カニシャコホイホイ」

ユーザ評価1.2「カニシャコホイホイ」

全ての記事を確認する