オス、メス、オカマのパープルクイーン3匹を今から水槽に入れます。

ご存じですか?ハナゴイの仲間は、雌性先熟雌雄同体で、生まれたときは全て雌なのですが成長すると雄に性転換する種類が多く存在します。こちらは今まさに水槽へ投入されようとしているパープルクィーン3匹なのですが、左下が雌個体、右下が雄個体、右上が雄雌両方の特徴を持ったまさに性転換最中のパープルクイーンアンティアスです。雄個体のような体つき、顔つきなのに背鰭下に雌の特徴であるオレンジのラインがまだ入ったままです。

自然界では雄に群がる雌のハーレムが形成されていますが、そのハーレムの雄がいなくなった場合は、一番力の強い雌が雄へと性転換します。

以外と貴重なオカマのパープルクイーンをご紹介させていただきました。
昨日から一晩温度合わせを行ってあげたので、今からエバンスアンティアスがいる90cm水槽に水合わせを行いながら入れてあげます。

不正アクセス防止のため、コメント入力いただいた方の送信元ホスト名、IPアドレスを記録しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

新着記事

アクアギフトさんのブラックバンド5万円台...激安!

アクアギフトさんのブラックバンド5万円台…激安!

趣味がアクアリウム好きな男って、どんな男?

趣味がアクアリウム好きな男って、どんな男?

アロワナ華僑紅龍魚、古代魚が泳ぐ18BAR(横浜馬車道)

アロワナ華僑紅龍魚、古代魚が泳ぐ18BAR(横浜馬車道)

連結オーバーフロー水槽のメリット、デメリット

連結オーバーフロー水槽のメリット、デメリット

ユーザ評価1.2「カニシャコホイホイ」

ユーザ評価1.2「カニシャコホイホイ」

全ての記事を確認する