うるさいオーバーフロー水槽の悩み、騒音、消音対策

オーバーフロー水槽の消音対策には塩ビの輪切り

うるさいオーバーフロー水槽の音に悩まされる方が多いと思いますが、オーバーフロー水槽の音対策についてまとめてみたいと思います。オーバーフロー水槽で、音がうるさい部分は、空気と水槽の海水が接触する部分になります。

空気と海水の接触ポイントとなる部分に対策を施せば、オーバーフロー水槽のうるさい音を軽減させる効果があります。

うるさいオーバーフロー水槽の音を軽減するための対策

私が実際に実践してきているオーバーフロー水槽の消音対策についてご紹介いたします。



オーバーフロー管から濾過槽に海水が落ちる音を軽減

まずは、フロー管を通じて、濾過槽にメイン水槽内の海水が流れ込む部分への消音対策になります。

輪切りの塩ビを利用する

オーバーフローの配管パーツである塩ビ管を細かく裁断し、一部にスリットを入れて、フロー管に取り付けることでメイン水槽内からフロー管を通じて流れる接触ポイントでの音を小さくさせることができます。

実際に設置したイメージは以下の通りとなります。

オーバーフロー水槽の消音対策には塩ビの輪切り

取り付けたイメージは、こんな感じ。
オーバーフロー水槽の消音対策には塩ビの輪切り

通常のクリアなフロー管にも取り付ける事も可能です。
ただし、径が小さくないとはまらないので、お気をつけください。

オーバーフロー水槽のフロー管にふたをする

もう一つの対策が、オーバーフロー水槽のフロー管に蓋をする対策です。メイン水槽内の海水が、空気と接触しながら落下する部分に蓋をすることによって、かなりの消音対策となります。

オーバーフロー水槽のフロー管にふたをする

オーバーフロー水槽のフロー管にふたをする

ウールボックスから濾過槽の落下ポイントへの消音対策で音を軽減

ウールボックスから濾過槽に落下するポイントでも、海水が空気と接触するため、音が発生します。このポイントに対しては、オーバーフローの配管パーツである塩ビを輪切りにして設置させる事によって、音を軽減させる効果が生まれます。

ウールボックスから濾過槽の落下ポイントへの消音対策で音を軽減

ウールボックスから濾過槽の落下ポイントへの消音対策で音を軽減

以上の対策を行うだけでも、オーバーフロー水槽のうるさい音を軽減させる効果がありますので、オーバーフロー水槽の騒音に悩まされている方は、お試しください。

関連リンク

オーバーフロー水槽の特徴と選定に関する関連リンク

投稿はありません。

不正アクセス防止のため、コメント入力いただいた方の送信元ホスト名、IPアドレスを記録しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です