オーバーフロー水槽比較

人気でおすすめのオーバーフロー水槽を30センチ、45センチ、60センチ、90センチ、120センチサイズ別に比較することができます。オーバーフロー水槽は、サイズが大きくなるにつれて、とても高額になってきます。オーバーフロー水槽が崩壊したり、水槽に付属する機材が故障すると、飼育している海水魚珊瑚イソギンチャクマリンプランツが死んでしまう可能性があるので、万が一何かトラブルが発生した際にも、サポート体制がシッカリとしている店舗で購入するのがおすすめです。インターネット通販で販売されているオーバーフロー水槽は、組み立てが簡単なので、届いたその日に水槽のセッティングを開始することができます。

オーバーフロー水槽とは?

オーバーフロー水槽は、水量を多く確保できる水槽で、海水魚珊瑚イソギンチャクマリンプランツの飼育に適している水槽です。主に価格が安い既製品と価格が高いカスタマイズ製品に分かれてきます。初心者の方のために、「オーバーフロー水槽とは?」について、以下のページで解説します。

関連記事:オーバーフロー水槽とは?

「オーバーフロー水槽とは?」について確認ができたら、実際にオーバーフロー水槽セットの商品内容について確認してみましょう。以下では、オーバーフロー水槽には、サイズ別に様々な商品がありますが、オーバーフロー水槽セットをサイズ別、商品別に比較検討できます。

オーバーフロー水槽比較

おすすめのオーバーフロー水槽セットが把握しやすいように、30センチ、45センチ、60センチ、90センチ、120センチサイズ別に比較して確認できるように一覧表にしてみました。

※スマートフォンからアクセスの場合は表が横スライドします。

サイズ商品名価格サイズ詳細
30センチクロミス350キューブ35,800円W 36cm×D 36cm×H 100cm無し詳細
30センチ30キューブ85,900円~W 36cm×D 36cm×H 100cm白、黒詳細
45センチオルカ74,800円~W 48.5cm×D 47cm×H 132cm白、黒詳細
45センチREEFER NANO124,200円~W 45cm×D 45cm×H 132cm白、黒詳細
60センチアールズアクア33,800円W 60cm × D 30cm × H110cm白、黒、木目詳細
60センチアールズアクア55,800円W 60cm × D 45cm × H110cm白、黒、木目詳細
60センチオルカ86,000円~W 63.5cm × D 47cm × H 132cm白、黒詳細
60センチREEFER 170143,640円~W 60cm × D 50cm × H 137cm白、黒詳細
60センチREEFER 170 DX216,000円~W 60cm × D 50cm × H 137cm白、黒詳細
90センチアールズアクア59,800円W 90cm × D 45cm × H115cm白、黒、木目詳細
90センチオルカ109,080円~W 93.5cm × D 47cm × H 132cm白、黒詳細
90センチREEFER 250197,640円~W 90cm × D 53cm × H140cm白、黒詳細
90センチREEFER 250 DX346,680円~W 90cm × D 53cm × H 140cm白、黒詳細
120センチアールズアクア(ブラック三重管)118,000円W 120cm × D 45cm × H115cm白、黒、木目詳細
120センチアールズアクア(クリア三重管)131,700円W 120cm × D 45cm × H115cm白、黒、木目詳細

水槽サイズ別比較

以下のページより、水槽のサイズ別によるオーバーフロー水槽の比較をご確認いただけます。

30センチ水槽比較

30センチ水槽比較

30センチのオーバーフロー水槽は、現在発売されているオーバーフロー水槽の中で、最も小型のサイズとなります。小型であっても本格的なオーバーフロー水槽なので小型の海水魚珊瑚イソギンチャクを育てたり、マリンプランツを飼育しながら、リフジウム水槽を実現させる事も可能です。水槽には、プロテインスキマーカルシウムリアクタークーラー殺菌灯ライブロックライブサンドは含まれていないので、別途購入する必要があります。以下のページより、30センチオーバーフロー水槽の価格やサイズなどを比較することができます。

30センチの水槽を比較する

45センチ水槽比較

45センチ水槽比較

45センチのオーバーフロー水槽は、30センチよりも安定した小型でありながらも本格的なオーバーフロー水槽です。デザインもお洒落なタイプが豊富です。海水魚珊瑚イソギンチャクを育てたり、マリンプランツを飼育しながら、リフジウム水槽を実現させる事も可能です。水槽には、プロテインスキマーカルシウムリアクタークーラー殺菌灯ライブロックライブサンドは含まれていないので、別途購入する必要があります。以下のページより、45センチオーバーフロー水槽の価格やサイズなどを比較することができます。

45センチの水槽を比較する

60センチ水槽比較

60センチ水槽比較

60センチのオーバーフロー水槽は、中型で一番需要が高い人気サイズのオーバーフロー水槽になります。海水魚珊瑚イソギンチャクを育てたり、マリンプランツを飼育しながら、リフジウム水槽を実現させる事も可能です。水槽には、プロテインスキマーカルシウムリアクタークーラー殺菌灯ライブロックライブサンドは含まれていないので、別途購入する必要があります。以下のページより、60センチオーバーフロー水槽の価格やサイズなどを比較することができます。

60センチの水槽を比較する

90センチ水槽比較

90センチ水槽比較

90センチのオーバーフロー水槽は、大型でゆったりとしたサイズのため、ライブロックによるレイアウトが組み上げやすい水槽サイズです。海水魚珊瑚イソギンチャクを育てたり、マリンプランツを飼育しながら、リフジウム水槽を実現させる事も可能です。水槽には、プロテインスキマーカルシウムリアクタークーラー殺菌灯ライブロックライブサンドは含まれていないので、別途購入する必要があります。以下のページより、90センチオーバーフロー水槽の価格やサイズなどを比較することができます。

90センチの水槽を比較する

120センチ水槽比較

120センチ水槽比較

120センチのオーバーフロー水槽は、超大型でゆったりとしたサイズのため、ライブロックによるレイアウトが組み上げやすい水槽サイズです。安定した環境で、海水魚珊瑚イソギンチャクを育てたり、マリンプランツを飼育しながら、リフジウム水槽を実現させる事も可能です。水槽には、プロテインスキマーカルシウムリアクタークーラー殺菌灯ライブロックライブサンドは含まれていないので、別途購入する必要があります。以下のページより、120センチオーバーフロー水槽の価格やサイズなどを比較することができます。

120センチの水槽を比較する

オーバーフロー水槽のメリット、デメリット

海水魚珊瑚イソギンチャクマリンプランツの飼育に最も適しているといわれるオーバーフロー水槽ですが、メリットもあれば、デメリットもあります。メリット、デメリットについて、以下のページにまとめています。
オーバーフロー水槽のメリット、デメリット

アクリル、ガラス水槽のメリット、デメリット

水槽を選定する際に、アクリル水槽の方がよいのか?ガラス水槽の方がよいのか?悩む場合があります。アクリル、ガラス水槽のメリット、デメリットについて、以下のページにまとめてみました。
アクリル、ガラス水槽のメリット、デメリット

初心者向け

オーバーフロー水槽は、60センチ水槽ぐらいになってくると、ものすごい水量が多い水槽であるという事を初心者の方は感じるかもしれません。はじめてオーバーフロー水槽を購入するにあたり、初心者用としておすすめなオーバーフロー水槽について、以下のページでご紹介しています。
初心者向けオーバーフロー水槽

必要な機材

オーバーフロー水槽で、海水魚珊瑚イソギンチャクマリンプランツを飼育する際に、必要となってくる機材や用品などについて、以下のページでまとめています。
オーバーフロー水槽飼育に必要な機材

セット

初心者の方は、オーバーフロー水槽を購入する際に、何を購入したらよいのか分からない方もいるかと思います。オーバーフロー水槽を購入する際には、メイン水槽、濾過槽、ポンプ、配管キットなどがセットになったオーバーフロー水槽セットを購入するのがおすすめです。
オーバーフロー水槽を選ぶならセットがおすすめ

連結オーバーフロー水槽

オーバーフロー水槽は、連結を行うことで水槽を拡張することができます。オーバーフロー水槽を連結することで、クーラーヒータープロテインスキマーカルシウムリアクター殺菌灯などを併用して利用することができるので、とても経済的なのですが、メンテナンス性が悪いという特徴があります。過去に設置していた連結オーバーフロー水槽について、以下のページでご紹介しています。
連結オーバーフロー水槽とは?

配管パーツと工具

熟練の方やDIYが得意な方は、市販のオーバーフロー水槽を購入するのでは無く、各パーツを購入して、自ら組み上げてしまう方もいます。また、「アクリルへの字13用」の部品などは、水槽のメンテナンスをしている最中に失くしてしまう方もいます。オーバーフロー水槽に利用されている各配管パーツと、塩ビをカットする塩ビカッター、塩ビ用の接着剤などについて、以下のページでまとめています。
オーバーフロー水槽自作用配管パーツと工具

消音対策

オーバーフロー水槽の一番大きなデメリットに、「水の落下音がうるさい。」という点があげられます。中には、オーバーフロー水槽の音が原因で、奥さまとの喧嘩の火種になってしまうというような人もいます。過去に実践してきて、効果があると感じたオーバーフロー水槽の消音対策について、以下のページにまとめています。
オーバーフロー水槽の消音対策

損害保険

既製品のオーバーフロー水槽は、全て損害保険には入っていません。マンションの高層階で水漏れが発生した場合や、テナントビルの上階で万が一水漏れが発生した場合は大変な事故になります。現在販売されているオーバーフロー水槽で、損害保険に入会済みのオーバーフロー水槽は、スプラッシュが販売するオーバーフロー水槽のみです。オーバーフロー水槽の水漏れが心配な場合は、自ら損害保険の検討を行う必要があります。
水槽の水漏れに備えた損害保険の検討

「どれがおすすめ?オーバーフロー水槽比較」についてのご紹介は、以上となります。次は「アクアリウム用浄水器の特徴、選定について」ご紹介いたします。

関連記事:アクアリウム用浄水器の特徴、選定について



人気のおすすめオーバーフロー水槽比較

海水魚、珊瑚、イソギンチャク飼育を行う上でおすすめなオーバーフロー水槽を一覧で、比較しやすいように以下のページでまとめています。

関連記事:オーバーフロー水槽比較

マリンアクアリウムの飼育機材、用品

海水魚珊瑚イソギンチャクマリンプランツ(海藻、海草)を飼育するにあたり、飼育する生体の種類によって、必要となる環境が異なってきます。特に初心者の方は、「どんな機材を揃えばよいのかわからない。」と思う方が多いかと思います。海水魚珊瑚イソギンチャクマリンプランツ(海藻、海草)の飼育を行う場合で必要となってくる飼育機材や用品、リフジウム水槽などについて飼育する生体のジャンル別に、以下のページでまとめています。

関連記事:マリンアクアリウムの飼育機材、用品