リフジウム水槽の特徴、選定について

自宅のリフジウム水槽

自宅のリフジウム水槽

リフジウム水槽は、オーバーフロー水槽の濾過槽や連結したサブ水槽で、海藻や海草といったマリンプランツを育て、そこに微生物を発生させる事により、水槽内の生物濾過を促進させるための水槽であると同時に、発生した微生物が海水魚の餌にもなるという素晴らしいアイテムです。



リフジウムとは

リフジウムとは、水槽内で海藻、海草といったマリンプランツを育て、そこに微生物を発生させることにより、水槽内で生物濾過を促進させるための仕組みです。水質の浄化、生体たちの隠れ家、リフジウム内で発生した微生物が生体たちの餌にもなる優れた仕組みです。

以下の映像は、オーバーフロー水槽の上部にリフジウム水槽を設置した時の映像です。

リフジウム水槽を実現する手段

リフジウム水槽は、オーバーフロー水槽の濾過槽内で実現させるパターンと、オーバーフロー水槽の上部にサブタンクを設置するパターンや、オーバーフロー水槽を連結させることで実現させるパターンなどがあります。

水槽上部にサブタンクを設置してリフジウムを実現

オーバーフロー水槽の上部に、サブタンクを増設してリフジウムを実現させた際に撮影した写真です。

水槽上部にサブタンクを設置してリフジウムを実現

水槽上部にサブタンクを設置してリフジウムを実現

オーバーフロー水槽を連結してリフジウムを実現

連結したオーバーフロー水槽で、アマモを飼育している写真です。

連結したオーバーフロー水槽で、アマモを飼育

連結したオーバーフロー水槽で、アマモを飼育

リフジウム水槽の設置について

90cm水槽上部に設置したサブ水槽です。90cm水槽の上部に設置しています。30cm、60cm、120cm水槽タイプなど様々なサブ水槽が販売されているので、リフジウムはもちろんの事、肉食系のカエルウオや、タツノオトシゴの飼育にも最適な水槽です。写真は、水槽を組み上げる前のパーツ類一式です。

まずは、購入したサブ水槽が90cm水槽の上部に当てはまるかの確認です。事前に寸法を測って発注したので、サイズはバッチリです。照明のライトアームがメイン水槽の前方には配置されるので、サブ水槽を設置したらライトアームが乗らずに照明が付けられない!っとならないように事前の寸法確認は十分注意が必要です。



こんな感じに塩ビパイプを加工しながら、結合パーツの組み立てです。オーバーフロー水槽を組み上げる際もそうですが、水漏れが一番厄介ですので、水漏れを発生させないように十分に配慮しながらパーツ類の組み上げます。

パーツ類が全て組み上がったところで、サブ水槽を逆にして、水槽前面に配置しサンプから海水を組み上げるホースと、サブ水槽から海水を落とすパイプの長さが十分あるかを確認して、問題なければ設置です。

完成した写真がこちらです。ちょこんとヘライワズタを入れてみました。メイン水槽に塩ダレを発生させずにサブ水槽が配置できたのでだいぶ気分的にもイイ感じです。

ポンプからサブ水槽に海水を上げるパイプの結合部分にはコックを設置しました。海草しか入れない予定なのですが、大きな水流が必要では無いタツノオトシゴなどを飼育した場合に備えて、水流が調整できるようにするためのコックとなります。

サブ水槽の一覧

私のサブ水槽は、ハンドメイドのパターンになりますが、以下のような既製品も販売されています。

30センチ水槽

東日本用

西日本用

45センチ水槽

東日本用

西日本用

60センチ水槽

東日本用

西日本用

90センチ水槽

東日本用

西日本用

120センチ水槽

東日本用

西日本用

リフジウムに必要なマリンプランツの育て方

今まで過去に私が飼育したことがあるマリンプランツは、タカノハヅタ(フェザー)、サボテングサ(お尻が「ヅタ」ではなく、「グサ」なのでこれは正確には海草かな?)、スズカケヅタ、タカツキヅタ、センナリヅタ、イチイヅタ、フジノハヅタ、ジュズモ、ウミブドウです。

それぞれの飼育方法について、以下にまとめています。

海藻の一覧

ヘライワヅタ
詳細を確認する
ウミブドウ
詳細を確認する
イチイヅタ
詳細を確認する
センナリヅタ
詳細を確認する
タカツキヅタ
詳細を確認する
フジノハヅタ
詳細を確認する
スズカケヅタ
詳細を確認する
タカノハヅタ
詳細を確認する

海草の一覧

サボテングサ
詳細を確認する
不正アクセス防止のため、コメント入力いただいた方の送信元ホスト名、IPアドレスを記録しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です