アクアリウムゾーンについて

本サイトは、アクアリウム愛好家の立場でまとめている趣味のマリンアクアリウムに関する個人ブログです。マリンアクアリウムは、2000年から。本ブログは2007年9月29日から行っています。写真の9割ぐらいは、自ら飼育してきた生体を水槽で撮影した写真になります。マリンアクアリウム愛好家の方で、「本ブログを更新させて欲しい。」っと名乗り出てきた方がいたので(私も海外にいたりしたので)、しばらく委ねてみたのですが、実装が中途半端(通信エラー多すぎ)なのでまきとりました。っといっても忙しいので、私もどこまで更新できるかは不明です。空き時間に更新や修正をしていきます。

本ブログに記載されている内容は、個人の経験や知識をもとに掲載されているものです。海水魚珊瑚イソギンチャク飼育というペット業界の中でもとても飼育が難しい生体の情報について発信しているので、間違いがあったり、他の方のご意見の方が参考になる場合もあるかと思います。掲載されている情報を鵜呑みにしないでください。

バヌアツ産シマヤッココリンズピグミーエンゼルカクレクマノミ(プラチナオセラリス)などの海水魚は、未だに元気に生きています。もう10年近く飼育しているかも?しれません。でも、今まで撮影してきた生体たちの写真を見返していると、長期飼育できなかった生体たちが数多くいたことに心が痛みます。

記載されている情報は、実際の飼育経験を通じて得られたことや、感じた事を記載していますが、あくまで愛好家としての参考情報であり、確実な情報であるとは言い切れません。

著作権違反

著作権違反は、プログラムでの検知や、周りに報告してくれるネット仲間が沢山いるので、以下のように対処しています(この記事1本で、一日のアクセス数がアクアリウムブログ全体の100倍近くのトラフィックが出たときがあります)。それだけみなさん著作権違反には敏感なのかもしれません。ただ、ログを見ていて面白いのが、著作権違反された側もしている側も以下の記事を読みにきているという点です。

関連記事:著作権違反でInstagramに無断転載された写真は通報で削除できました

本サイトの仕組み

サイト運営は一番がセキュリティです。どんなに見た目にこだわっても、不正攻撃を受けてマルウェアに侵入されたら、相当専門的な知識が無くては復活させる事は不可能なのと(外注すると普通に数百万請求されます)、復活にはもの凄い労力を消耗します。ほとんどの方が復旧できないと思います。ネット上の評価は鵜呑みにしないのと、今まで散々苦い経験(復旧作業)をしてきたので、エックスサーバーなどは利用していません。

関連記事:エックスサーバーについて

また、プラグインもほとんど利用していません。昔アフィリエイトリンクを貼るプラグインで、プラグイン提供者のトラッキングコードが含まれているものがありました(相手に収入が入る)。アフィリエイト周りのプラグインは、特に信用していないため、運用プログラムを自作しています。

サイト運営は、セキュリティ対策が全て。非公式なプラグインや、有料であっても非公式なテーマや、外注して制作したテーマは絶対に使用しません。不正アクセスを受けたら、一瞬でプラスからマイナスに落ち、あとから後悔することになります(散々、後悔してきました)。厳格な審査を通過した公式テーマしか利用していません。

本ブログは2007年にMovable Typeで立ち上げましたが、その後2008年にWordPressに切り替え、現状は更に表示の高速化(WordPressは表示が遅い)、運用の簡素化を実現するため、別の仕組みをハイブリッド形式で採用しています。昔はいろいろと技術的なノウハウも本ブログで発信してきたのですが、書いてしまうとそのまま真似されるので、テクニカルな情報はあまり書かないようにします。イベントハンドリングしていると、HTMLを確認しようとしている人もこちら側からは丸見えなので、サイト上での右クリックはできないようにしています。当時は、WordPressの情報が国内にはほとんどなく、海外のサイトから情報を仕入れながらマリンアクアリウムとあわせて、独学で運用していました。現在は、公式プラグインなどの独自開発提供も行なっています。

普段なんとなく頭の片隅にある事

世の中の全ての出来事は、アクアリウム水槽の水のように「自然」の流れでできていると思っています。水は高い所から低い所には流れますが、その逆は自然環境においてありえません。流したい場合は、何かしらの力を加えなくてはなりません(不自然な状態)。

水の自然な流れ

水の自然な流れ

世の中にある全てのものが自然の原理で流れていると考えており、ニッチな世界で新規のユーザを増やしたければ、広い世界で魅力を伝える活動をしないかぎり、人を連れてこれないし、拡大はしないと考えています。

広い世界から狭い世界

広い世界から狭い世界

アクアリウムブログなので、アクアリウムを例にしてしまっていますが、どのような商材であっても例えは同じです。お金や時間を使う際に、不自然な流れが起こっていないか?そこにお金と時間を使って何が変わるの?具体的な効果は?規模は?将来性は?をいつも自問自答しています。普段、同じ業界、趣味の人たちとは世界観が狭くなるので、極力つるまないように心がけています。

個人ブログ

普段は、以下のような個人ブログを運営しています。こちらも趣味の個人サイトの一部です。

東京オリンピックも間近に迫ってきたので(かなり焦ってます。。)、アクアリウムブログよりも、地域系の情報に力を注いでおかないと、気が付いた時には後悔だけが残りそうなので、普段は以下の個人サイト側メインで更新しています。地域情報系サイトのトラフィックはもの凄いです。。アクアリウムブログどころではありません(っというかアクアリウムに連れてくるのも狙いの一つです。マリンアクアリウムブログだけだと、マリンアクアリウムを既に行っている人たちが集まってくるのが大半でネット上から規模感が見積もれるので、うーん、それでいいんだろうか…とか思ったりもします。)。

こちらも全て、開発、撮影、運営、集客などなど、ゼロから全て一人で手がける単なる個人の趣味ブログです。オアフ島のサイトは、80%ほど自動でプログラムに作らせてます。ビジネスモデル検討の材料として情報を仕入れながら、商用展開側のサイトやアプリに力を入れています。

海沿い限定の街情報

海沿い限定の街情報

海沿い限定の街情報

ベイスタイル

台湾夜市の情報

台湾夜市の情報

台湾夜市の情報

台湾夜市

オアフ島の情報

オアフ島の情報

オアフ島の情報

モアニママ

メディア規模(一部参考例)

一日の検索流入が1万クリックを突破

一日の検索流入が1万クリックを突破

PV(ページビュー)やUU(ユーザー数)の規模は、いまどきまったく関係ありません。いかに結果を残せるか(成果を残せるか)が重要です。少ないトラフィックでもエンドユーザが求めるコンバージョンが取れれば結果になります。こちらも参考までに、一日の検索流入が1万クリックを初めて突破した時のグラフを貼り付けておきます。こちらも、本サイト(アクアリウムゾーン)ではない個人の趣味ブログです。大切な事は、市場を読む力(マーケティング力)で、サイトの見た目やSEO対策など、テクニカルなことはその後の話です。どんなに時間や費用をかけても、費用対効果がなければマイナスの結果にしかなりません。

本格的にビジネス展開している個人サイトやアプリは、上記とは別に保有しています。世界遺産に導入したIoTアプリが日経の特集になったり、ニュースエブリ、ガイアの夜明けなどにも出演したことがあります(だから?何?って感じですけど)。プログラミングは趣味で、非常識でinnovativeな事に対して目立たずでしゃばらず、静かに取り組むことが好きです。子供は既に成人(めちゃお金がかかる大学生)してます。

個人のSNS

Facebookは、知り合いとのつながりだけで情報発信しても世界観が狭すぎるのと、個人情報漏洩が怖いのでアカウントはあっても、2010年ぐらいから、ほとんどやっていません。ログインどころか、スマホにFacebookアプリも入れていないので、通知がこないです。友達リクエスト非承認の方ばかりです(Facebookページはやってます)。

普段は、インスタグラムやツイッターで、私の事を何も知らない人たちとつながるようにしています。リア友(知り合い)とのつながりは、SNS上ゼロです。全て会ったことが無い人たちとつながっています。「良いアウトプットとは、まったく知らない他人に対して発信した時に、素直に良いと思ってくれる反応が得られる情報だけ」だと思っています。商品や店舗PRも同じです。広告出稿しなくても、SNS上で共感してくれる人を作れます。

アクアリウムネタについては、ほとんど発信しておりません。フォロバご希望の方は、一声おかけください。通知のタイムラインが流れているので、どなたがフォローしてくれたのか、無言フォローだと気が付きません。それと、自らの手でアウトプットを出さない(出せない?)IT業界の方とはつながりませんので(笑)。「フォローしてください。」っとお願いしてフォロワー集めをしたり、広告で集める事も、不自然な流れなので行っておりません。不自然にフォロワーを増やしても意味が無い事は、以下に書いています。それと、忙しいと、SNSの更新もパッタリ止まります。

フォロワー数は重要じゃない!エンゲージメント率が最も意味がある数値

以下はプライベート用のSNSアカウントです。ビジネス用は他で本格運用しています。

お問い合わせ

アクアリウムは趣味なので、撮影や取材などは全て無料で対応しています。お問合せは以下より受付しております。

お名前 (必須)

メールアドレス(必須)

メッセージ(必須)

チェックボックスにチェックを入れると送信ボタンが有効になります。
※不正アクセス防止のため、問い合わせ送信元のホスト名、IPアドレスを記録させていただいております。

マリンアクアリウム飼育方法

海水魚珊瑚ソフトコーラルハードコーラル)、イソギンチャクマリンプランツ(海藻、海草)の飼育方法について、以下のページでそれぞれまとめています。

イソギンチャク

イソギンチャクの飼育 イソギンチャクの飼育

マリンプランツ(海藻、海草)

マリンプランツの飼育 マリンプランツの飼育

マリンアクアリウム飼育機材

海水魚珊瑚ソフトコーラルハードコーラル)、イソギンチャクマリンプランツ(海藻、海草)の飼育に必要な機材や用品などについて、以下のページでそれぞれまとめています。