水槽内の水流を作るパワーヘッドの選定について

パワーヘッドには、120cm用、90cm用、60cm用、45cm用、30cm用とサイズが分かれています。海の中の生き物は、大きなうねりの中毎日生活をしています。海水魚、珊瑚、イソギンチャクの飼育において、水槽内に適切な水流を作り出すことは、とても大切なことになります。

また、私の水槽はベアタンクなので、パワーヘッドの水流を利用すれば、水槽底面に溜まった汚れを巻き上げ、濾過槽内に落とすこともできます。



パワーヘッドの種類について

パワーヘッドにも様々な種類があります。小型の水槽であまり大きなパワーヘッドを選定してしまうと、水槽内が洗濯機の中のように激しく水流が発生してしまうので、適切なサイズのパワーヘッドを選定する必要があります。

最も強力なパワーヘッドについて

私がいろいろとパワーヘッドを試してきて、一番強力だと感じたのが、maxspect Gyreです。リモコンで水槽内に発生する水流の強さを調整できるのですが、水槽内にかなり強力な水流を作り出すことができます。

パワーヘッド maxspect Gyre

パワーヘッド maxspect Gyre

以下は実際にベアタンクでパワーヘッドを利用している私の水槽です。

パワーヘッドがある水槽で飼育している生体たち

水槽内に適切な水流があると、生き物たちはみなイキイキとしています。

水槽底面の汚れはパワーヘッドで流す。ベアタンク継続中。

水槽底面の汚れはパワーヘッドで流す。ベアタンク継続中。

ツツマルサンゴ。写真だとわかり辛いのですが、イエローと少しグリーンなグラデーションが入っていて、こちらも好きな個体です。ちなみにこちらもナガレハナと同様、スプラッシュで購入したインドネシアブリードです。

水槽底面の汚れはパワーヘッドで流す。ベアタンク継続中。

ブリードは綺麗で丈夫です。

いつの間にか、タカノハヅタが発生してきました…^^;
水槽底面の汚れはパワーヘッドで流す。ベアタンク継続中。

こちらはイエロー?ゴールド?ちょっと変わった色のナガレハナです。
水槽底面の汚れはパワーヘッドで流す。ベアタンク継続中。

初めて飼育したコリンズ。去年の年末に水槽へ入れたので、そろそろ3ヵ月経過します。
水槽底面の汚れはパワーヘッドで流す。ベアタンク継続中。

人工餌に餌付かせるには、1ヶ月以上要しましたけれど、今では爆食いです。
水槽底面の汚れはパワーヘッドで流す。ベアタンク継続中。

ハタゴとプラチナ。毎日幸せそうに戯れています。
水槽底面の汚れはパワーヘッドで流す。ベアタンク継続中。

水槽底面の汚れはパワーヘッドで流す。ベアタンク継続中。

水槽底面の汚れはパワーヘッドで流す。ベアタンク継続中。

maxspect Gyreは、2015年1月1日に水槽内へ導入しましたが、あまりにも強力なため、現在は以下のフォルスウェーブメーカーのパワーヘッドに切り替えています。

水槽サイズによって選べるパワーヘッド

フォルスウェーブメーカーシリーズのパワーヘッドは、水槽のサイズによって選べるのと、コントローラーが付いているので、自分の水槽にあった水流調整が可能です。120cm水槽、90cm水槽、60cm水槽、45cm、30cm水槽用にあったサイズを選定することができます。

120cm水槽用パワーヘッド

90cm水槽用パワーヘッド

60cm水槽用パワーヘッド

30cm、45cm水槽用パワーヘッド

ご自身の水槽にあった適切なサイズのパワーヘッドを選定する必要があります。

マリンアクアリウム飼育に必要な機材・用品に関する関連記事

問題解決、お役立ち情報

不正アクセス防止のため、コメント入力いただいた方の送信元ホスト名、IPアドレスを記録しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

新着記事

全ての記事を確認する