水槽用ヒーターの特徴、選定について

ヒーター

ヒーター

海水魚、珊瑚、イソギンチャク飼育において、夏場はクーラー、冬場はヒーターが必須になります。正確には、冬場であっても部屋の温度が暖かく、水槽の温度が25度を上回る場合には、冬場であってもクーラーが必要となります。冬場に必要なヒーターについてまとめてみたいと思います。

そしてマリンアクアリウムのヒーター選定時には、海水対応を選ぶ必要があります。間違って淡水専用の熱帯魚用を選定してしまわないように注意が必要です。

ヒーターの種類について

ヒーターには、主に以下の種類があります。

単体のヒーター

単体のヒーターとは、ヒーターのコンセントを電源プラグに差し込めば暖かくなるヒーターです。ただし、ヒーター単体では温度管理ができないため、どんどんと熱くなってしまいます。温度の上昇を防ぐためには、サーモスタットが別途必要となってきます。

温度管理を行うサーモスタットが内臓されているクーラーであれば、単体のヒーターをクーラーに接続して使用する事もできます。

サーモスタット

サーモスタットとは、ヒーターの温度管理を行うためのものです。クーラーのページで解説している冷却用のファンに接続すれば、水槽内の温度が25度を上回った際に、水槽内の温度を下げる冷却用としても利用することができます。
ヒーターとサーモスタットをそれぞれ接続して使用すれば、ヒーターが利用できなくなった場合に、ヒーターのみを交換して、サーモスタットはそのまま利用する事ができるメリットがあります。

温度固定型ヒーター

水槽の水温を25度前後に自動的に保つヒーターになります。電源用の配信のみとなるので、水槽の周りの配線を増やすことなく、スッキリと設置することができるヒーターになります。

温度可変型ヒーター

設定温度が自由に決められるヒーターです。ヒーターに温度管理センサーが付いているため、サーモスタットを利用する必要がありません。ただしヒーターが故障した場合は、全て交換する必要があります。



ヒーターを選定、利用する際の注意点

ヒーターは、高温になるとても危険な器具です。取扱い方法を気を付ける必要があります。

水槽の外で絶対に使用しない

ヒーターを床などの上に置いたまま電源プラグを差し込み通電させると、ヒーターの温度が上昇し、火災事故につながってしまう危険性があります。ヒーターは、海水が張られた水槽内でのみ利用する様に気を付けましょう。

また、オーバーフロー水槽でヒーターを利用される方は、海水が入っていない濾過槽内でヒーターを通電させてしまうと、ヒーターの熱で濾過槽が溶けてしまい濾過槽が使い物になってしまう危険性がありますので注意が必要です。

予備機を用意しておく

ヒーターは、クーラーと同様に、予備機を準備しておくと、万が一故障した際にも、すぐに交換する事ができ安心です。

海水対応のヒーターを選定する

ヒーターには、淡水用と、海水用の2種類に分かれます。淡水用を選択しないように注意しましょう。

水槽サイズにあったヒーターを選定する

大きなサイズの水槽に、規定よりも小さいサイズのヒーターを選定してしまうと、なかなか水槽が温まらず常にヒーターが稼働する状態となってしまい、ヒーターの故障や電気代の上昇につながってしまいます。

また、小さいサイズの水槽に、規定よりも大きいサイズのヒーターを選定してしまうと、急激な温度上昇によって生体が死んでしまう事があります。水槽サイズにあったヒーターを選定する必要があります。



水槽サイズとヒーターの必要電力量目安

利用する水槽が、オーバーフロー水槽では無い、単体の水槽でヒーターを利用する場合には、濾過槽の水量を含める必要がありません。逆にオーバーフロー水槽の場合は、濾過槽内も含めた水量に対応したヒーターを選定する必要があるので、注意が必要です。

水槽の水量とヒーターの必要電力量の関係

水量(リットル) ヒーターの必要電力容量(W)
10 50
20 50
40 100
60 150
100 200
150 300
200 500

水槽サイズ別水量の関係

横(cm) 縦(cm) 奥行(cm) 水量(リットル)
30 30 30 27.0
45 30 30 40.5
45 45 45 91.1
60 45 45 121.5
60 60 60 216.0
90 45 45 182.3
90 60 45 243.0
120 45 45 243.0
120 60 45 324.0
150 60 60 540.0
ヒーターの選定例

例えば、120cm×60cm×45cmの水槽で、濾過槽が90cm×45cm×45cmの水槽だった場合、メイン水槽の水量が324.0リットル。濾過槽の水量が182.3リットルとなるので、合計506.3リットルの水量に対応したヒーターが必要となります。

500リットル以上の水量に対応したヒーターは無いので、200リットルに対応したヒーター(500W)を3本水槽に入れる必要があります。



海水専用のおすすめヒーター

10リットル用

20リットル用

40リットル用

60リットル用

100リットル用

150リットル用

200リットル用

「水槽用ヒーターの特徴、選定について」についてのご紹介は、以上となります。次は「パワーヘッド(水中ポンプ)の特徴、選定について」ご紹介いたします。

関連記事:パワーヘッド(水中ポンプ)の特徴、選定について



人気のおすすめオーバーフロー水槽比較

海水魚、珊瑚、イソギンチャク飼育を行う上でおすすめなオーバーフロー水槽を一覧で、比較しやすいように以下のページでまとめています。

関連記事:オーバーフロー水槽比較

マリンアクアリウムの飼育機材、用品

海水魚珊瑚イソギンチャクマリンプランツ(海藻、海草)を飼育するにあたり、飼育する生体の種類によって、必要となる環境が異なってきます。特に初心者の方は、「どんな機材を揃えばよいのかわからない。」と思う方が多いかと思います。海水魚珊瑚イソギンチャクマリンプランツ(海藻、海草)の飼育を行う場合で必要となってくる飼育機材や用品、リフジウム水槽などについて飼育する生体のジャンル別に、以下のページでまとめています。

関連記事:マリンアクアリウムの飼育機材、用品

飼育方法

飼育機材

関連記事

不正アクセス防止のため、コメント入力時のアクセス元(IPアドレス)を記録しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です