海水魚、珊瑚、イソギンチャク飼育における水換えの頻度

海水魚珊瑚イソギンチャク飼育における水換えの頻度は、水槽のサイズや、水槽に入っている生体の数や種類、水槽に設置されている設備などによって大きく変わってきます。特に水槽にイソギンチャクがいる場合は、水槽内の水が汚れやすいので、プロテインスキマーが必須となってきます。また、珊瑚もあわせて飼育する場合は、水の汚れを取り除くためにプロテインスキマーが必要となってきます。リフジウム水槽を活用する事によって、水槽内で生物濾過を行い、水換えの頻度を減らすことも可能です。様々なケース別に水槽の水換え頻度について記載いたします。

海水魚のみを飼育する場合

海水魚のみを飼育する場合は、2週間に1回程度、水槽の1/4~1/3程度水替えを行う必要があります。あまり多く水替えしてしまうと、水質の変化に耐えられず海水魚が死んでしまう可能性があるので、少しずつ水替えしてあげる必要があります。慎重に水あわせを行う場合は、以下の水あわせキットを利用すると便利です。

水あわせに手順については、以下のページでもご紹介しています。

海水魚珊瑚イソギンチャク飼育の水あわせについて

イソギンチャクがいる場合

水槽内にイソギンチャクがいる場合は、水槽内を汚すため、プロテインスキマーが必要となってきます。また水換えの頻度を減らしたい場合は、水槽内にリフジウム水槽を設置して、生物濾過を行う事によって、水換えの頻度を減らす、もしくは水換えをしなくても問題無い水槽環境を作ることができます。イソギンチャク飼育に最適なろ過システムについては、以下のページでご紹介しています。

関連記事:海水魚、珊瑚、イソギンチャク飼育の濾過について

珊瑚がいる場合

珊瑚を飼育する場合も、イソギンチャクを飼育する際と同じ条件で、プロテインスキマーやリフジウム水槽などを設置する必要があります。イソギンチャク飼育の場合は、イソギンチャク自体が水槽を汚すため、プロテインスキマーによる物理ろ過やリフジウム水槽などによる生物濾過が必要になるのですが、珊瑚飼育の場合は、珊瑚そのものが汚れに弱いため、汚れを取り除くためのろ過システムが必要となってきます。珊瑚飼育に最適なろ過システムについては、以下のページでご紹介しています。

関連記事:海水魚、珊瑚、イソギンチャク飼育の濾過について

海水魚の種類と飼育方法

人気のクマノミやヤッコ、初心者におすすめのハナゴイやハナダイなど、海水魚の種類や飼育方法については、以下のページでご紹介しています。

関連記事:海水魚の飼育方法について

海水魚飼育に必要な機材

海水魚を状態よく飼育するためには、殺菌灯、プロテインスキマー、クーラーなどが必要となってきます。海水魚飼育の際に必要な機材について、以下のページでご紹介しています。

関連記事:海水魚飼育に必要な飼育機材について

マリンアクアリウム飼育方法

海水魚珊瑚ソフトコーラルハードコーラル)、イソギンチャクマリンプランツ(海藻、海草)の飼育方法について、以下のページでそれぞれまとめています。

イソギンチャク

イソギンチャクの飼育 イソギンチャクの飼育

マリンプランツ(海藻、海草)

マリンプランツの飼育 マリンプランツの飼育

マリンアクアリウム飼育機材

海水魚珊瑚ソフトコーラルハードコーラル)、イソギンチャクマリンプランツ(海藻、海草)の飼育に必要な機材や用品などについて、以下のページでそれぞれまとめています。