海水魚、珊瑚、イソギンチャク飼育の濾過について

海水魚珊瑚イソギンチャク飼育で必要不可欠な仕組みが濾過です。濾過には大きく分けて物理濾過生物濾過の2種類があります。オーバーフロー水槽外部濾過水槽外掛け式濾過水槽上部濾過水槽の各濾過槽は、物理濾過と生物濾過の役割を果たしています。

濾過システムの特徴、選定について

海水魚、珊瑚、イソギンチャク飼育に欠かせないシステムが濾過システムです。水槽内で生体を維持していると、糞や残り餌、死骸といった様々な有機物が発生してきます。水槽という限られた空間の中で、生体たちが状態よく生活していくためには、濾過を利用して水槽内を綺麗に保つ必要があります。オーバーフロー水槽、外部濾過水槽、外掛け式濾過水槽、上部濾過水槽の各濾過槽では、物理濾過と生物濾過が繰り返し発生しています。物理濾過と生物濾過の違いと、濾過槽のメリット、デメリットについてまとめています。

物理ろ過と生物ろ過の違い

物理濾過とは?

物理濾過とは、「濾過槽に設置されたウールマットによって汚れを除去する濾過」もしくは「プロテインスキマーの泡の力を利用して汚れを除去する濾過」の2種類です。人間が作り出した物理的な濾過装置を利用して、水槽内に発生する目に見える汚れを除去する濾過の事を物理濾過と呼びます。

関連記事:物理濾過とは?

一番優れた水槽の濾過システムとは?

海水魚、珊瑚、イソギンチャク飼育を行なう上で、代表的な濾過システムは、上部濾ろ槽水槽、外掛式ろ過水槽、外部濾ろ槽水槽、オーバーフロー水槽の4種類です。海水魚、珊瑚、イソギンチャク飼育を行なう際の濾過システムの採用基準として大切なポイントが、濾過槽の大きさです。熱帯魚と異なり、海水魚、珊瑚、イソギンチャク飼育は水槽が汚れやすいことから、より大きな濾過システムを採用することで、安定した環境で生体を飼育することができます。水槽の濾過システムについては、以下のページで詳しく解説しています。

関連記事:海水魚、珊瑚、イソギンチャク飼育で一番優れた水槽の濾過システムとは?

プロテインスキマーの特徴、選定について

プロテインスキマーとは、水槽内に発生した海水魚の糞、珊瑚やイソギンチャクの排泄物をきめ細かい泡の力を利用して除去するためのシステムです。プロテインスキマーの役割として、濾過槽の物理濾過では取りきれなかった水槽内の汚れを泡の力を利用して除去します。海水魚、珊瑚、イソギンチャクなどマリンアクアリウムの飼育を行う上で、必須と言ってもよいアイテムになります。詳しくは、以下のページで解説しています。

プロテインスキマーの特徴、選定について確認する

生物濾過とは?

生物濾過とは、バクテリアの力を利用して、物理濾過で除去しきれなかった汚れを除去するための仕組みです。ウールマットプロテインスキマーなどを利用した物理濾過では全て除去できない。もしくは、プロテインスキマーの浄化能力が低くて、有機物(タンパク質、炭水化物、脂質など)が除去できずに、水槽内にどんどん蓄積していくと、除去しきれなかった有機物(タンパク質、炭水化物、脂質など)は、やがて水槽内で、生体たちにとって有害となるアンモニアへと変化し、その後亜硝酸へと変化していきます。詳しくは、以下のページで解説しています。

関連記事:生物濾過とは?

ライブロックの特徴、選定について

ライブロックは、水槽内で生物濾過の役割を果たし、水槽のレイアウトを形成する役目があります。上質なライブロックを選定できるか、できないかにより、水槽内の環境が大きく左右されてくるとっても過言ではない重要なアイテムです。

ライブロックの特徴、選定について確認する

水槽用ライブサンド、サンゴ砂の特徴、選定について

ライブサンドも、ライブロックと同じく水槽内で生物濾過の役割を果たしてくれるアイテムです。ライブサンドやサンゴ砂を水槽内に入れる際に、30cm、45cm、90cm水槽など、水槽のサイズによって入れる量が分からないといった事があります。ライブサンド、サンゴ砂の水槽内での役割と、各水槽サイズによって必要とされる量について、あわせてまとめています。

水槽用ライブサンド、サンゴ砂の特徴、選定について確認する

リフジウム水槽の特徴、選定について

リフジウムとは、水槽内で海藻、海草といったマリンプランツを育て、そこに微生物を発生させることにより、水槽内で生物濾過を促進させるための仕組みです。水質の浄化、生体たちの隠れ家、リフジウム内で発生した微生物が生体たちの餌にもなる優れた仕組みです。我が家で実際に設置しているリフジウム水槽について、まとめていきたいと思います。

リフジウム水槽の特徴、選定について確認する

マリンプランツ(海藻・海草)の長期間飼育について

リフジウムを実現させるためには、海藻、海草といったマリンプランツが必要となってきます。今まで飼育してきた タカノハヅタ(フェザー)、スズカケヅタ、タカツキヅタ、センナリヅタ、イチイヅタ、フジノハヅタ、ジュズモ、ヘライワヅタ、ウミブドウの写真と飼育方法についてご紹介いたします。

マリンプランツ(海藻・海草)の長期間飼育について確認する

「海水魚、珊瑚、イソギンチャク飼育の濾過について」のご紹介は以上となります。次に海水魚、珊瑚、イソギンチャク飼育を行なうために必要な「マリンアクアリウムの飼育機材、用品」についてご紹介いたします。

関連記事:海水魚、珊瑚、イソギンチャク飼育の濾過について

マリンアクアリウム飼育方法

海水魚珊瑚ソフトコーラルハードコーラル)、イソギンチャクマリンプランツ(海藻、海草)の飼育方法について、以下のページでそれぞれまとめています。

イソギンチャク

イソギンチャクの飼育 イソギンチャクの飼育

マリンプランツ(海藻、海草)

マリンプランツの飼育 マリンプランツの飼育

マリンアクアリウム飼育機材

海水魚珊瑚ソフトコーラルハードコーラル)、イソギンチャクマリンプランツ(海藻、海草)の飼育に必要な機材や用品などについて、以下のページでそれぞれまとめています。

不正アクセス防止のため、コメント入力時のアクセス元(IPアドレス)を記録しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください