安さにこだわった3万円台のオーバーフロー水槽

「初心者なので、まずはとにかく価格を抑えたい。」とお考えの方は、チャームのオーバーフロー水槽から始めるのがおすすめです。チャームのオーバーフロー水槽には、3万円台のオーバーフロー水槽(クロミス350キューブ)が存在します。オーバーフロー水槽は、どんなに安くても10万円以下で購入できる事はほとんどありません。安くても10万円台、高額な特注オーバーフロー水槽になると数客万円台というオーバーフロー水槽も存在します。オーバーフロー水槽は、強度が重要となるため、大型の水槽になればなるほど、ガラス面を接合する部分の加工や、重たい重量の水槽を支えるためのキャビネットの加工等にも手間がかかることから、価格が跳ね上がっていきます。初心者の方や、サブタンクを容易したいと思う方は、以下でご紹介する3万円台のオーバーフロー水槽(クロミス350キューブ)がおすすめです。

クロミス350キューブ

3万円台のオーバーフロー水槽は、業界最安値になります。最安値といえども、作りは本格的なオーバーフロー水槽です。キャビネットに扉が無いため、メイン水槽から濾過槽へ落下する海水の跳ねる音が気になる可能性があります。

少しでも音を減らすためには、キャビネットを板などで覆う必要があります。気の板でなくてもカットしやすいプラスチックの板でもよいかと思います。ただし、鉄の板は、塩だれ等で錆びる可能性がありますので避けた方がよいです。

メイン水槽、濾過槽、キャビネット、フロー管がセットになっています。本水槽セットにはポンプが付属していないため、別途ポンプを準備する必要があります。

ポンプの選定基準は以下の通りとなります。

ポンプの選定基準

淡水魚及び一般的な海水魚を飼育する場合

毎時500(毎分8)リットル程度のポンプが必要となります。エーハイム1048もしくは、リオプラス800が推奨ポンプとなります。

エーハイム1048

リオプラス800

ソフトコーラル及びLPS(オオバナ・ナガレハナサンゴ等)を飼育する場合

毎時1,000(毎分17)リットル程度のポンプが必要となります。エーハイム1250もしくは、リオプラス1100が推奨ポンプとなります。

エーハイム1250

リオプラス1100

SPS(ミドリイシ等)を飼育する場合

毎時1,500(毎分25)リットル程度のポンプが必要となります。リオプラス1400が推奨ポンプとなります。

リオプラス1400

とにかく安くオーバーフロー水槽を始めたい方は、クロミス350キューブをご検討してみてはいかがでしょうか。

30センチオーバーフロー水槽比較

30センチオーバーフロー水槽の比較になります。

※スマートフォンからアクセスの場合は表が横スライドします。

サイズ商品名価格サイズ詳細
30センチクロミス350キューブ35,800円W 36cm×D 36cm×H 100cm無し詳細
30センチ30キューブ85,900円~W 36cm×D 36cm×H 100cm白、黒詳細

それぞれの商品の詳細については、以下のページよりご確認いただけます。

人気のおすすめオーバーフロー水槽比較

海水魚珊瑚イソギンチャク飼育を行う上でおすすめなオーバーフロー水槽を一覧で、比較しやすいように以下のページでまとめています。

関連記事:オーバーフロー水槽比較

飼育方法

飼育機材

関連記事