連結オーバーフロー水槽とは?

連結オーバーフロー水槽とは、2台以上のオーバーフロー水槽を結合させて、拡張させたオーバーフロー水槽システムの事を言います。オーバーフロー水槽を連結させる事により、水槽の水量を増やしたり、水槽と水槽を分割させることができる事から、仲の悪い海水魚を分けて飼育したり、タツノオトシゴやカエルウオといった特殊な海水魚を分けて飼育できるといったメリットがあります。

連結オーバーフロー水槽の図面

オーバーフロー水槽を連結させた簡単な図面イメージを描いてみました。

連結オーバーフロー水槽の概要イメージ

連結オーバーフロー水槽の概要イメージ

オーバーフロー水槽を連結させることによって、以下のようなメリットがあります。

といったようなメリットがある反面、メンテナンス性が悪いといったデメリットもあります。実際に我が家の連結オーバーフロー水槽内で、カーリーが大量発生してしまった際には、駆除にとても手間がかかったという体験があります。



仲の悪い生体を分けて飼育できる連結オーバーフロー水槽

実際に連結オーバーフロー水槽で飼育していた時に撮影した自宅の水槽です。

60cm、90cmオーバーフロー水槽2台を連結

60cm、90cmオーバーフロー水槽2台を連結

60cm、90cmオーバーフロー水槽2台を連結

こちらは、60cm、90cmのオーバーフロー水槽を連結させた写真です。60cm水槽側では、珊瑚を突っついてしまうブルーフェイスなどのヤッコを飼育し、90cm水槽側では珊瑚とハナダイを飼育しています。

60cm、60cm、90cmオーバーフロー水槽3台を連結

60cm、60cm、90cmオーバーフロー水槽3台を連結

60cm、60cm、90cmオーバーフロー水槽3台を連結

こちらは、60cm、60cm、90cmオーバーフロー水槽3台を連結させていた時の写真です。左側の水槽では、アマモを飼育しながら、タツノオトシゴを飼育していました。

一番右側のオーバーフロー水槽は、60×60×60のキューブ型になっていて、水槽用クーラーを外に出して配置しています。

クーラーを外に出した場合、メインポンプの最高揚程が気になる点ですが、PMD-641B2Pを利用することで、十分対応することができました。

オーバーフロー水槽の映像

実際に飼育していた当時のオーバーフロー水槽の映像はこちらになります。

ここまでくると、生体を飼育しているというよりは、ショップと同じような環境を自宅に作っているようなイメージになります。

連結オーバーフロー水槽はメンテナンス性が悪い

今までより多くの生体を飼育したいと思い連結オーバーフロー水槽にしていたのですが、オーバーフロー水槽の連結はやめて、シンプルにオーバーフロー水槽は1200mm一本に変更しました。

変更した一番の理由は、3年前にこちらの記事、カーリー(セイタカイソギンチャク)が大量発生、大量駆除実施!をアップしたんですけれど、熱湯駆除を行ったつもりが水槽内のあらゆる場所に生息してしまったカーリーが、結局取り除くことができず、再び大量発生しました。

そのカーリーが駆除できなかった場所が、連結オーバーフロー水槽で、「オーバーフロー水槽」と「オーバーフロー水槽」をつなぐ配管部分です。

連結オーバーフロー水槽のメリット、デメリット

連結オーバーフロー水槽のメリット

  • 水槽が分かれるので、本来一緒に飼育できない生体を分けて飼育することができます。例えばタツノオトシゴ用水槽とか、肉食系の海水魚の飼育などです。
  • クーラー、プロテインスキーマ―、リアクターなど周辺器材を一つにまとめられコストをおさえられます。通常オーバーフロー水槽を2台設置し珊瑚を飼育しようとした場合、それぞれのオーバーフロー水槽に周辺器材が必要となりますが、連結オーバーフロー水槽にすることで水槽内がつながっていることで実質一台のオーバーフロー水槽と変わらなくなります。

連結オーバーフロー水槽のデメリット

前回カーリーが大量発生した際に、熱湯で駆除したつもりが駆除しきれていなかったので、水槽内に再び大量発生しました。

熱湯は結局のところ、熱湯に触れたカーリーは駆除できます。しかし、触れなかったカーリーは駆除できない。と理解したため、水槽内のものを全て取り出し、一週間ほどオーバーフロー水槽内全てを乾燥させることにしました。

水槽の乾燥を続けて、しばらくしたら、もの凄い生臭くなった大量のカーリーの死骸が、濾過槽内のウールマット上に落ちてきたので、「もしや…」と思い一旦、連結オーバーフロー水槽の配管を外し、配管を傾けたらありえない量のカーリーの死骸が出てきました。

写真も撮影してあるんですけれど、あまりにグロテスクでブログにアップできません。。。



カーリー(セイタカイソギンチャク)の駆除はとても大変

カーリーは、水槽内のどこにでも発生します。私が今までカーリーを発見した場所を記載すると以下の通りです。

  • メイン水槽内
  • 濾過槽内
  • ウールマットボックスの中
  • ドライボールの小さな隙間
  • 配管の中

照明の光がまったく届かない場所でもカーリー(セイタカイソギンチャク)は発生して大量繁殖します。特に流れが緩やかになる場所には発生しやすいです。

オーバーフロー水槽を維持するにあたり、一番気にしないといけないのは、メンテナンス性だと改めて痛感し、連結オーバーフロー水槽はやめました。

関連リンク

オーバーフロー水槽の特徴と選定に関する関連リンク

投稿はありません。

不正アクセス防止のため、コメント入力いただいた方の送信元ホスト名、IPアドレスを記録しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です