クールウェイ200

クールウェイ200は、ヒーターコンセント付きの水槽用クーラーのため、オールシーズン利用することができます。水温設定が25℃の場合の適応水量は160L以下になるため、60センチオーバーフロー水槽サイズぐらいで利用するのがベストです。内部は凍結防止機能付きになっています。

クールウェイ200について

特徴

  • ヒーターコンセント付きの水槽用クーラーのため、オールシーズン利用可能。
  • 水温設定が25℃の場合の適応水量は160L以下になるため、60センチオーバーフロー水槽サイズぐらいで利用するのがベスト。
  • 内部は凍結防止機能付き。

仕様

  • 使用可能ホース径:内径12mm、16mm
  • 定格電圧:AC100V
  • 定格消費電力:50Hz:200W 60Hz:220W
  • 冷却能力:50Hz:230kcal/時 60Hz:240kcal/時
  • 循環水量:8~27リットル/分
  • 最大揚程3m以下の循環装置使用時運転可能設定水温:18~30℃
  • 最大揚程3m以下の循環装置使用時運転可能周囲温度 5~35℃
  • ヒーターコンセント容量:最大500W

サイズ

  • 幅:270mm
  • 奥行き:310mm
  • 高さ:377mm

対応水量

160リットル

対応水槽

60センチオーバーフロー水槽

価格

32,000円前後

通販

以下のページより、最安値の商品を検索することができます。在庫が存在しない場合は、商品が非表示になる場合があります。また、最新の商品情報は、各通販サイト上の詳細ページをご確認ください。

クールウェイ200のご紹介は以上となります。次にクールウェイBK110をご紹介いたします。 関連記事:クールウェイBK110

クールウェイ

クールウェイは、海水魚珊瑚イソギンチャク飼育用の水槽用クーラーです。クールウェイ200クールウェイBK110クールウェイBK210の3種類があります。クールウェイ200クールウェイBK210は、60センチオーバーフロー水槽サイズ、クールウェイBK110は、45センチオーバーフロー水槽に最適です。それぞれの詳細については、以下のページよりご確認いただけます。

関連記事:クールウェイ


水槽用クーラーの特徴、選定について

海水魚珊瑚イソギンチャクを飼育する上で、水槽の温度は常に25度を上回らないように維持させる必要があります。特に夏場の時期は、水温が25度を上回ってきますので、水槽用クーラーは必須のアイテムとなってきます。30cm水槽であれば、冷却ファンで対応できますが、45cm以上のオーバーフロー水槽の場合については、水槽用クーラーが必須になります。水槽用クーラーにも様々な種類があり価格も高価であることから、少しでも価格が安いものを選択しがちになってしまいますが、「自分が飼育している水槽環境にあったクーラーを選択する」ことがまずは一番大切です。低スペックのクーラーを選択してしまった場合、一日中クーラーが稼働しっぱなしなんてことも発生してしまいます。

関連記事:水槽用クーラーの特徴、選定について

水槽用クーラー比較

オーバーフロー水槽海水魚珊瑚イソギンチャクを飼育する上で必要な水槽用クーラーのサイズ別一覧表(30センチ45センチ60センチ90センチ120センチ120センチ以上)です。水槽用クーラーの選定の際には、飼育用水槽の水量を確認した上で、選定する水槽用クーラーの容量不足が発生しないように注意が必要です。大型のオーバーフロー水槽で、小型の水槽用クーラーを選定してしまうと、いつまで経っても水槽内が冷えず、常に水槽用クーラーが作動してしまうため、電気代が高く付いてしまったり、高稼働による水槽用クーラーの劣化などにもつながってしまいます。オーバーフロー水槽用の水槽用クーラーを選定する際には、あわせて水槽サイズにあったプロテインスキマーも選定するのがおすすめです。

関連記事:どれがおすすめ?水槽サイズ別水槽用クーラー比較

マリンアクアリウム飼育方法

海水魚珊瑚ソフトコーラルハードコーラル)、イソギンチャクマリンプランツ(海藻、海草)の飼育方法について、以下のページでそれぞれまとめています。

イソギンチャク

イソギンチャクの飼育 イソギンチャクの飼育

マリンプランツ(海藻、海草)

マリンプランツの飼育 マリンプランツの飼育

マリンアクアリウム飼育機材

海水魚珊瑚ソフトコーラルハードコーラル)、イソギンチャクマリンプランツ(海藻、海草)の飼育に必要な機材や用品などについて、以下のページでそれぞれまとめています。