タカノハヅタ(フェザー)の飼育について

水槽で飼育中のタカノハヅタです。過去に何度かタカノハヅタをはじめ、マリンプランツの飼育にチャレンジした事はあったのですが、ひどい時には3日も持たずに海藻が溶けてしまった事もありました。このタカノハヅタは、今のところ順調に飼育できています。

タカノハヅタ(フェザー)の飼育について

タカノハヅタ(フェザー)の飼育について

マダラハナダイやエバンスなど、元気に泳いでいます。

マリンプランツによる生物濾過について

水槽内にリフジウムがあると、プロテインスキマーで除去しきれなかった有機物(タンパク質、炭水化物、脂質など)が、有害物質であるアンモニア、亜硝酸に変化した後に、リフジウム水槽内で発生する微生物の力を利用して、生体に比較的無害な亜硝酸塩へと変化させ、水槽内を健全な状態に保つ事ができます。 簡単に整理すると以下のような事が言えます。
  • 水槽内で発生する糞や死骸などの物質を除去する装置がプロテインスキマー
  • プロテインスキマーで除去しきれなかった有機物は、有害なアンモニア、亜硝酸へと変化。
  • 有害なアンモニア、亜硝酸を比較的健全な、硝酸塩へと変化させる事ができる仕組みが生物濾過であり、生物濾過を実現させる方法には、以下3つの方法がある。
  1. ライブロックを利用する
  2. ライブサンドを使用する
  3. リフジウムを利用する
っということです。

ヤッコが海藻をよく突っつついていたのですが、現在ヤッコたちは皆、別水槽に移しているためタカノハヅタはヤッコ攻撃からは無害です。過去の経験だと、ヤッコは特にサボテングサへの興味が酷く、あっという間にかじられ消えてしまいました。

タカノハズタは飼育環境に落ち着くと、1cm/日も成長するので、このような水槽であれば、海藻の成長を抑制するためのヤッコ投入は有効です。



実際にシマヤッコを水槽内に投入しました。

タカノハヅタ(フェザー)の飼育について

タカノハヅタ(フェザー)の飼育について

でもシマヤッコって、海藻はあまり食べません。あまりじゃなくて、食べません。

海藻を最も食べるのは、過去の飼育から体感しているのですが、ニシキヤッコが最もよく海藻を食べます。

特にタカノハヅタはニシキヤッコの大好物です。

タカノハヅタが購入できる場所

状態が優れたタカノハヅタが購入できるのはチャームさんです。

リフジウムに必要なマリンプランツの育て方

今まで過去に私が飼育したことがあるマリンプランツは、タカノハヅタ(フェザー)、サボテングサ(お尻が「ヅタ」ではなく、「グサ」なのでこれは正確には海草かな?)、スズカケヅタ、タカツキヅタ、センナリヅタ、イチイヅタ、フジノハヅタ、ジュズモ、ウミブドウです。

それぞれの飼育方法について、以下にまとめています。

海藻の一覧

ヘライワヅタ
詳細を確認する
ウミブドウ
詳細を確認する
イチイヅタ
詳細を確認する
センナリヅタ
詳細を確認する
タカツキヅタ
詳細を確認する
フジノハヅタ
詳細を確認する
スズカケヅタ
詳細を確認する
タカノハヅタ
詳細を確認する

海草の一覧

サボテングサ
詳細を確認する
不正アクセス防止のため、コメント入力いただいた方の送信元ホスト名、IPアドレスを記録しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です