飼育1年を経過してもウミアザミはパクパクだった

飼育1年を経過してもウミアザミはパクパクだった
昨日、CP Farmさんのプランクトンパックを水槽投入時、ポンプを停止した際に気がついたですが、そろそろ飼育して1年を経過するウミアザミがパクパクしていました。普段は水流でポリプが揺られ、こんなにパクパクしていたとは気がつきませんでした。本日はウミアザミのパクパク動画とあわせて水槽のソフトコーラル中心にご紹介します。

ウミアザミは水槽内をとてもよく移動します。お気に入りの水流と光があたる場所にくると定着します。1年前は以下の写真の通り一つのライブロック上に綺麗に整列していました。

飼育1年を経過してもウミアザミはパクパクだった“10091902.jpg” width=”150″ height=”112″ />

そして、飼育1年を経過してもパクパクのポリプ動画

こちらのツツウミズタは浅場タイプです。

飼育1年を経過してもウミアザミはパクパクだった

そしてこちらのツツウミズタは深場タイプです。でもよく見ると、反対側の奥には浅場タイプのポリプも付いています。

飼育1年を経過してもウミアザミはパクパクだった0x112.jpg” alt=”10091906.jpg” width=”150″ height=”112″ />

こちらは飼育1ヵ月ちょっとのクダサンゴです。綺麗で毎日見とれてしまう。

飼育1年を経過してもウミアザミはパクパクだった

そして本日のシマヤッコの写真をご紹介。

飼育1年を経過してもウミアザミはパクパクだった

飼育1年を経過してもウミアザミはパクパクだった

不正アクセス防止のため、コメント入力いただいた方の送信元ホスト名、IPアドレスを記録しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です