風水とアクアリウム。財方に水槽設置で金運上昇!

風水とアクアリウム。財方に水槽設置で金運上昇!

風水とアクアリウム。財方に水槽設置で金運上昇!

風水とは、風は運気を運び、水は運気を引き寄せるという古代中国から受け継がれる思想です。家を新築したり、店舗を新たに始める際などにおいて、空気中を彷徨う気を運気が高まるように物で制御をするといった考え方です。風水とアクアリウムはとても密接で、空気中を彷徨う運気が向う方向に水槽を配置し、水槽に溜まった水の中に運気を落とすといった関係性があります。具体的には、気の入口(玄関)の方角を調べ、部屋の中にある財宝の位置を確認したら、その方角に気が溜まる場所(水槽)を設置することで、運気が外に逃げずに溜まっていくとされています。中国人の方が、家を建てたり、店舗を新たに始める際には風水を必ずと言ってよいほど気にします。また、中国の方は赤やオレンジ、黄色といった色も運気を高めるとして好みます。運気が高まる方角に水槽を設置し、中で泳がせる魚は赤い金魚、錦鯉、らんちゅうや、アロワナ。黄色いメダカ。彩り豊かな海水魚珊瑚イソギンチャクといった色鮮やかな海の生き物を飼育すると更に運気が上昇されると言われています。一点気をつけなくてはならない点は、水槽を設置したら運気がシッカリと水槽に蓄積するように、水槽は小まめに掃除をして、いつまでも綺麗に保つという点です。水槽が汚れていると、いくら運気が高まる方角に水槽を設置したとしても、運気の上昇は見込まれません。風水で運気を高めたいのであれば、運気が高まる方角に水槽を設置したら、設置した水槽はいつまでも綺麗に保ち、大切な生体を状態よくいつまでも綺麗に飼育してあげることが風水を行なう上でとても重要なポイントとなってきます。私が実践している風水について、具体的にまとめてみたいと思います。

風水の語源

風水とは、古代中国の思想で、風水学の語源は以下の通りです。

「気乗風則散 界水則止 古人聚之使不散 行之使有止 故謂之風水」

「気は風に乗ればすなわち散り、水にへだてられればすなわちとどまる。古人はこれを集めて散らせず、故にこれを風水という」

つまり運気は風に流れ、それを留めるのが水ということを述べているそうです。水槽を設置するということは、運気の中でも特に金運を上昇させる効果が風水的にはあるようです。趣味で設置した水槽に癒されて、金運までアップしたら一石二鳥ですね。

ただし、水槽を設置する場所は決まっているそうで、財方と呼ばれる場所に設置する必要があります。財方は、玄関の位置を基点に決定されます。

スマートフォンを活用して方位を確認

方位は、スマートフォンを利用することで簡単に調べられます。私はiPhoneを使っているので、コンパスを使って風水の方位を調べてみたいと思います。

玄関がある方角を確認

コンパスが起動した状態でスマートフォンを手に持ち、家の中から玄関の前(家の中から玄関に向き合って立ち止まってください)に立った状態でコンパスの方位を確認してみてください。私が住んでいる自宅の玄関の方角は、北東を示しました。これで玄関の位置が確認できましたので、この方位を覚えておいてください。(iPhoneの場合は、右上のボタンと下部中央のボタンを同時に押すと、iPhoneに表示されている画面キャプチャが撮影できます。)

水槽がある方角を確認

次に玄関の前でコンパスを起動させたまま、玄関に向っている体を反転させて、部屋の中で水槽が設置してある方向に体の向きを変えて方位を計測します。私の場合、部屋の中で水槽が設置されている方角は、南東を示しました。

これで財方を確認するための情報が揃いました。ここからいよいよ、財方の確認です。以下に図解されている方角が財方になります。

財方を玄関を基点に確認

玄関の位置と、財方の位置を表したイメージです。財方は、玄関の位置によって、場所が変わります。例えば、私の家の玄関は、北東にあります。この場合、財方は南東となるので、南東の方角に水槽を置くと、運気が上昇することになります。家の玄関の方角(オレンジ色)を確認したら、財方の位置が決まるので、青色の箇所に水槽を配置するのがベストです。

玄関が北にある場合の財方

  • 玄関の位置:北
  • 財方:東・南西

玄関が南にある場合の財方

  • 玄関の位置:南
  • 財方:南東

玄関が東にある場合の財方

  • 玄関の位置:東
  • 財方:北・南西

玄関が西にある場合の財方

  • 玄関の位置:西
  • 財方:北・南東

玄関が北東にある場合の財方

  • 玄関の位置:北東
  • 財方:南東
※私の家はこれに該当

玄関が南東にある場合の財方

  • 玄関の位置:南東
  • 財方:東・南西

玄関が北西にある場合の財方

  • 玄関の位置:北西
  • 財方:東・南

玄関が南西にある場合の財方

  • 玄関の位置:南西
  • 財方:西

私が住んでいる自宅は、玄関がある方角が北東のため、財方は南東になります。南東の方角に以下の水槽を設置しています。

財方に設置している自宅の水槽

財方に設置している自宅の水槽

自宅の水槽では、カクレクマノミハタゴイソギンチャクの共生を楽しんでいます。「カクレクマノミハタゴイソギンチャクの共生を自宅でやってみたい!」という方がいれば、以下のページで、初心者の方におすすめな水槽セットをまとめています。

関連記事:初心者向けオーバーフロー水槽、外部濾過水槽

更に運気を高める独自の取組

「こんな取組をすると更に運気が高まるのでは?」っと自ら考え取り組んでいる内容もあわせてご紹介いたします。自宅で水槽を使った風水を行なうためには、上記でご紹介した以下の手順を踏みます。

  • 玄関の方角を調べる。
  • 水槽を設置する方角(財方)を調べる。
  • 財方に水槽を設置する。
  • 財方に設置した水槽は綺麗な状態を保つ。

上記に加え更に私自身が行なっている取組は、玄関の方角にある部屋に金運が高まりそうなアイテムを更に配置しているという点です。

なぜこのような取組を行なっているかというと以下の理由です。

  • 玄関から気が入り込んでくる。
  • 玄関と水槽の間にある部屋に運気を高めるアイテムを配置し、水槽に気を落とす前に、玄関から入ってきた気に含まれる運気を更に上昇させる。
  • 運気が上昇した気を水槽に落としていく。

上記に記載した運気を高めるアイテムとは、私の場合、無垢材の一枚板を配置しています。こちらは、実際に玄関と水槽の間にある部屋に配置している無垢材の一枚板です。

運気を高める取組をした部屋

運気を高める取組をした部屋

上記には、世界の三大唐木と呼ばれる黒檀紫檀鉄刀木をはじめとした世界の銘木を配置しています。ちなみに唐木とは、今からおよそ1000年ぐらい昔の西暦600年から900年ぐらいまで続いた遣唐使の時代に、中国から日本へと渡ってきた木の事を呼びます。「唐」の文字が付くものはほぼ遣唐使の時代に中国から日本へ渡ってきたものだと思ってよいかと思います。唐辛子などもそうなのかもしれません。

運気を高める取組をした部屋

運気を高める取組をした部屋

更にこちらは2500年前の鳥海山の噴火時に降り積もった火山灰の中から掘り起こした神代楡の無垢材です。神代とは、地中に埋もれていた埋もれ木の事で、日本国内だと伊豆や鳥海山から出没するとても希少価値が高い無垢材です。風水の歴史は4000年と言われているので、2500年前だと風水の歴史からするとまだ若いです。

仏像もとても好きで近所の鎌倉のお寺や神社を巡っては、一通りの仏像を見てきたのですが、仏像そのものにエネルギーはもちろんあるのですが、仏像を作り出す無垢材そのものにもの凄いパワーがあります。この感覚は、無垢材を実際に手にした人にしか分からないと思います。鎌倉のお寺、神社については、以下のページでまとめています。

関連記事:鎌倉のお寺、神社どこが人気?おすすめ比較

無垢材について興味がある方は、以下のサイトで詳しくまとめています。

関連記事:一枚板比較

玄関から入った気に更に運気を含ませ、水槽に落とす私自身の具体的な例についてあわせてご紹介してみました。

水槽は運気を引き寄せるラッキーアイテム

水槽は運気を高めることができるラッキーアイテムです。更に色鮮やかな生き物を飼育することで、更に運気が高まるとされています。私自身は、海水魚珊瑚イソギンチャクオーバーフロー水槽と呼ばれる濾過能力が高い水槽で、綺麗な生体を2000年から継続して飼育し続けています。

水槽は運気を引き寄せるラッキーアイテム

水槽は運気を引き寄せるラッキーアイテム

オーバーフロー水槽については、以下のページで詳しくまとめています。

関連記事:どれがおすすめ?オーバーフロー水槽比較

金運を呼ぶ魚の種類

水槽を設置する方角が確認できたら、次は水槽内で飼育する生体選びです。私は海水魚珊瑚イソギンチャクを飼育しているのですが、専門の知識がないと海の生き物を飼育するのはとても難しいです。そこで誰も簡単に飼育できて金運を引き寄せる魚をご紹介します。

中国では、赤や金色に輝く魚が特に金運を呼ぶ魚として人気が高いです。飼育が簡単で、赤や金色に輝く小型の魚には以下のような種類があります。

  • 金魚
  • メダカ
  • ベタ

金運を呼ぶ魚でスペースを取らずに、簡単に飼育しやすい魚は、金魚、メダカ、ベタです。それぞれ簡単に飼育ができる安くておすすめな飼育セットをご紹介いたします。

金魚

色が赤い事から中国でも風水の効力がある魚として親しまれているのが金魚です。金魚がセットで販売されている小型の水槽であれば、スペースを取らず、簡単に飼育しながら金運を招くことができます。

初心者におすすめな飼育セット

ベタ

金魚、メダカにならんで人気が高い簡単に飼育が可能なベタのご紹介です。赤系のベタは、金魚よりも色が鮮やかで金運上昇にはもってこいの魚です。ベタを飼育するボトルと観葉植物があわせて飼育できす飼育セットであれば、お部屋に癒しを与えるインテリアとしてもおすすめです。

初心者におすすめな飼育セット

メダカ

金魚と同じく日本人にもなじみのある飼育しやすい魚といえばメダカです。メダカも黄色い姿から金運を招くとされ、手間もかからず飼育できることから人気の高い魚です。メダカと睡蓮がセットになったセットで、金運を招きながら癒しもあわせて得てみるのもおすすめかもしれません。

初心者におすすめな飼育セット

金魚、メダカ、ベタは、とっても飼育が簡単な魚で、上記のような飼育セットであれば、移動やセットも楽なので、財方への設置も楽に行うことができます。注意点は、水が汚れると風水の効力が薄れてしまいます。生体のためにも、綺麗な環境で飼育してあげるようにしましょう。

結局のところ水槽をいつまでも綺麗に維持できる人は、部屋、机、車、仕事など、身近にあるものを全て綺麗に整理整頓して維持ができる人で、そのような人は自ずと運気が高まるのだと私自身は思います。

長年アクアリウムを行なっていると感じる事は、水槽は心と直結しているという点です。気持ちに余裕がある人は水槽も綺麗に維持できますが、気持ちが乱れてくると水槽は汚れてきます。つまり運気も下がってくることを意味します。

水槽を部屋に置くということは、風水というスピリチュアルな事よりも、自らを清く正しく整理整頓できているかという目に見えるバロメーターが目の前にあるということなのではないかと、占い師では無い私自身は長年の経験から感じています。

基礎知識

アクアリウムとは?

アクアリウムとは?

マリンアクアリウムとは?

マリンアクアリウムとは?

アクアリウムゾーンとは?

アクアリウムゾーンとは?

初期、維持費用

初期、維持費用を確認

水作り、水合わせ

水作り、水合わせを確認

理想の飼育環境とは?

理想の飼育環境とは?

マリンアクアリウム飼育方法

海水魚珊瑚ソフトコーラルハードコーラル)、イソギンチャクマリンプランツ(海藻、海草)の飼育方法について、以下のページでそれぞれまとめています。

イソギンチャク

イソギンチャクの飼育 イソギンチャクの飼育

マリンプランツ(海藻、海草)

マリンプランツの飼育 マリンプランツの飼育

マリンアクアリウム飼育機材

海水魚珊瑚ソフトコーラルハードコーラル)、イソギンチャクマリンプランツ(海藻、海草)の飼育に必要な機材や用品などについて、以下のページでそれぞれまとめています。