タツノオトシゴ、ヨウジウオの餌付けと餌に関して

ヨウジウオ

ヨウジウオ

タツノオトシゴ、ヨウジウオは人工飼料は食べません。飼育環境下においては、冷凍餌、もしくは活餌を与える必要があります。国内で流通しているタツノオトシゴは、自然採取されたワイルド個体と、人の手によって育てられたブリード個体の大きく2種類に分かれます。ワイルド個体は、いきなり冷凍餌には餌付かないので活餌から慣らしていきます。ブリード個体であれば、水槽に入れた当初から、餌付く個体がほとんどです。

メニーバンデッドパイプフィッシュ

メニーバンデッドパイプフィッシュ

逆にヨウジウオについては、自然採取された個体であっても、初めから冷凍ブラインシュリンプに餌付く個体が私の飼育環境下においては多かったです。



タツノオトシゴ、ヨウジウオの餌付けのコツ

水槽内で繁殖に成功させたシーポニー

水槽内で繁殖に成功させたシーポニー

タツノオトシゴもヨウジウオも、冷凍ブラインシュリンプに餌付かなかった場合は、活餌を与える必要があります。私はアミエビを調達して飼育を行っていました。

また、特にヨウジウオは水槽内の微生物をよく食べるので、リフジウム水槽で発生させた微生物を与えてました。

正確には、与えていたというより、タツノオトシゴとヨウジウオはマリンプランツがあるリフジウム水槽内で飼育していました。

タツノオトシゴ、ヨウジウオに対する餌付けのポイント

  • 冷凍餌はブラインシュリンプを与える。
  • 冷凍餌に餌付かない場合は、アミエビなど活餌を与える。
  • 微生物が沢山発生するリフジウム水槽で飼育できると、とっても望ましい。
  • タツノオトシゴやヨウジウオの仲間はとっても性格がおとなしいので他の海水魚やカニ、エビといった生き物と同じ水槽で飼育する事は避けなくてはなりません。
  • 刺胞毒が強いイソギンチャクや、珊瑚(特にLPS)がいる水槽も動きがゆったりとしたタツノオトシゴやヨウジウオは食べられてしまうので注意が必要です。
  • タツノオトシゴの飼育は、マリンプランツがあるリフジウム水槽が最も快適な空間です。

生体種類別餌の種類と餌付けについて

クマノミの餌付けと餌
詳細を確認する
ヤッコの餌付けと餌
詳細を確認する
スズメダイの餌付けと餌
詳細を確認する
ハナダイ、ハナゴイの餌付けと餌
詳細を確認する
ハギの餌付けと餌
詳細を確認する
バスレット・ベラの餌付けと餌
詳細を確認する
タツノオトシゴ、ヨウジウオの餌付けと餌
詳細を確認する
チョウチョウウオの餌付けと餌
詳細を確認する
不正アクセス防止のため、コメント入力いただいた方の送信元ホスト名、IPアドレスを記録しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です