イボハタゴイソギンチャクの長期飼育について

蛍光グリーンのイボハタゴイソギンチャクと共生するカクレクマノミ

蛍光グリーンのイボハタゴイソギンチャクと共生するカクレクマノミ

海外では、カーペットアネモネとして親しまれているイボハタゴイソギンチャク。ハタゴイソギンチャクのように、もっと人気が出てもよいのでは?と思うのですが、ハタゴイソギンチャクほどの人気はありません。カクレクマノミもブリード個体であれば、共生する場合が多いです。

イボハタゴイソギンチャクとハタゴイソギンチャクの両方を飼育していて感じるのは、カクレクマノミは間違いなくイボハタゴイソギンチャクよりもハタゴイソギンチャクの方に共生を行うのと、イボハタゴイソギンチャクは触手が短い事から、観賞用としてはハタゴイソギンチャクの方が見応えはあります。

っといったところが、イボハタゴイソギンチャクよりもハタゴイソギンチャクの方が人気がある理由なのかもしれません。



イボハタゴイソギンチャクの英語、学名について

イボハタゴイソギンチャクの学名は、”Stichodactyla haddoni”です。

イボハタゴイソギンチャクの飼育について

移動について

イボハタゴイソギンチャクは、大きな個体だとライブロックに活着するとほとんどその場所を移動しません。小さな個体だと、光を求めて水槽内をよく移動したことがありました。イボハタゴイソギンチャクとハタゴイソギンチャクの両方を飼育していると、ハタゴイソギンチャクよりもイボハタゴイソギンチャクの方が移動しないような気がしています。

光量について

光量は強めが飼育には好ましいです。

照明について

照明については蛍光灯やLEDよりもメタハラの方が長期飼育できます。LEDでも飼育していた時期があるのですが、メタハラの方が明らかに状態がよいです。

水流について

水流については、どのイソギンチャクについても記載していますが、適度がおすすめです。適度というのは、水槽サイズにあったパワーヘッドを設置し、強すぎない水流を作り、パワーヘッドからの水流が直接生体にあたらないようにしてあげる事が大切です。

餌について

餌は与える必要はありません。照明の光が適切であれば、状態よく長期飼育できます。

大きさについて

イボハタゴイソギンチャクは、大小様々な個体が販売されています。人気カラーのブルーやレッドカラーは、大き目の個体を多くみかけます。小さいサイズでブルーやレッドカラーはあまりみかけません。私は10cmサイズのブルー個体を長期飼育しています。



成長について

メタハラを使用した飼育環境下においては、イボハタゴイソギンチャクは成長します。成長のスピードは、ハタゴイソギンチャクよりも遅く感じます。個体差かもしれませんけれど。

活着について

イボハタゴイソギンチャクは水槽の底面よりもライブロックに活着させた方が状態がよいです。

ライブロックについて

選定するライブロックは、ハタゴイソギンチャク同様、枝状では無く底面が平らなブロック状のライブロックを選定した方が安定して活着します。

触手について

他のイソギンチャクと比較して触手はとても短く、水流になびくほどのものではありません。

毒性について

毒性はハタゴイソギンチャクのように強いので、他のサンゴが触れないように気を付ける必要があります。ただ触手が短いのでレイアウトは楽なイソギンチャクです。

カクレクマノミとの共生について

ブリードのカクレクマノミであれば、共生する事が多いです。自然採取されたワイルドのカクレクマノミの場合は、私が飼育している限りでは、一度も共生はしなかったです。

飼育難易度について

飼育が難しいか?、簡単か?は飼育環境に左右される要素が大きいので、長期飼育を目指すのであれば、メタハラ浄水器プロテインスキマーの利用がおすすめです。

上記環境さえ整っていれば、決して飼育が難しいイソギンチャクではありません。



イボハタゴイソギンチャクの色と種類について

レッド個体

20年ぐらい前はとてもよくレッド個体を見かけたのですが、最近はまったくみかけなくなってしまいました。以下はスプラッシュに入荷したレッド個体のイボハタゴイソギンチャクです。

状態が優れたイボハタゴイソギンチャクレッドカラー

状態が優れたイボハタゴイソギンチャクレッドカラー

グリーン個体

グリーン個体が一番よくみかけます。一般的な種類です。

蛍光グリーン個体

稀にですが蛍光グリーン個体もみかけます。以下は、以前撮影した自宅で飼育しているイボハタゴイソギンチャクとカクレクマノミの共生映像です。

ブルー個体

ブルー個体もあまりみかけない個体です。特に小さいサイズでブルーのイボハタゴイソギンチャクはなかなかみかけません。

年単位で長期飼育中のイボハタゴイソギンチャクブルー個体

年単位で長期飼育中のイボハタゴイソギンチャクブルー個体

イボハタゴイソギンチャクの購入方法ついて

価格について

価格は、ハタゴイソギンチャクとほぼ変わらず安い個体であれば、5,000円前後で購入できます。ただしレッド個体は貴重なので、生体の状態によっては5万円前後する場合もあります。昔は安かったです。

販売店

イボハタゴイソギンチャクは、チャームアクアギフトでよく販売されています。

インターネット通販

イボハタゴイソギンチャクのインターネット通販は、本ページの最下部でご紹介させていただいております。

オークション

沖縄から直送でイボハタゴイソギンチャクがヤフオクに出品されている事がよくあります。状態が優れた個体が多いので、ヤフオクの利用もおすすめです。



イボハタゴイソギンチャクの商品一覧

以下はユーザ評価が高いイボハタゴイソギンチャクの一覧になります。タイミングによっては、掘り出しものが見つかることもあるので、イボハタゴイソギンチャクを狙っている方は、定期的にチェックされるのがおすすめです。

1

(海水魚 無脊椎)イボハタゴイソギンチャク ライトグリーン Mサイズ(1匹)

(海水魚 無脊椎)イボハタゴイソギンチャク ライトグリーン Mサイズ(1匹)
5,980 円 (税込) 送料込
評価 4.43
お送りする個体は約10〜18cm程度となります。(伸縮よって多少の誤差があります。)また、こちらの個体には土台は付属しません。イソギンチャクの特性上、環境の変化によって伸縮と膨張することがあります。個体によっては、居心地が悪いと移動してしまう場合があります。模..

(海水魚 無脊椎)イボハタゴイソギンチャク おまかせカラー MLサイズ(1匹)

(海水魚 無脊椎)イボハタゴイソギンチャク おまかせカラー MLサイズ(1匹)
7,030 円 (税込) 送料込
お送りする個体は約15〜25cm程度となります。(伸縮よって多少の誤差があります。)ミックスカラーでの販売となるため、多少色合いが画像と異なる場合がございます。また、こちらの個体には土台は付属しません。イソギンチャクの特性上、環境の変化によって伸縮と膨張するこ..

1

楽天ウェブサービスセンター

イソギンチャクの種類別飼育方法

イボハタゴイソギンチャク
詳細を確認する
サンゴイソギンチャク
詳細を確認する
シライトイソギンチャク
詳細を確認する
タマイタダキイソギンチャク
詳細を確認する
ハタゴイソギンチャク
詳細を確認する
不正アクセス防止のため、コメント入力いただいた方の送信元ホスト名、IPアドレスを記録しています。

イボハタゴイソギンチャクの長期飼育について” に対して 3 件のコメントがあります

  1. ムー より:

    初めまして、ムーと申します。
    アマモ水槽とっても綺麗ですね。
    どのようにその水槽を立ち上げたのですか?
    また、生麦さんのミネラル水とライブサンドを使おうと思っているのですがどうでしょうか、もし知っていたら教えてくれませんか?

  2. admin より:

    こんばんわ~はじめまして!
    そしてすいません。。。コメントのご回答が遅くなってしまいました!!

    このアマモ水槽は、もともと入っていたライブサンドを全て取りだし、生麦海水魚センターの養殖ライブサンドで完全リセットを行っております。

    ちょうどアマモは水槽に入れてから一年が経過していますがとっても元気です。LEDでも飼育できています。自然界においてアマモの生育には、水質や底質が清浄である必要があります。

    生麦さんのパウダーライブサンドは間違いありません!絶対におすすめ出来る商品です。ミネラル水は、水槽に入れると特にマリンプランツの成長がとっても早いです。

    ミネラル水も長年使っておりますが、年単位で生体の維持ができておりますので、決して悪い商品では無いと思います。

  3. ムー より:

    お忙しいところ、教えてくださってありがとうございます。
    自分はまだ中学生でまだまだ知らないこともたくさんあるのでまたそのときにはよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です