45センチタイプのオーバーフロー水槽となってくると、そこそこ本格的なオーバーフロー水槽になってきます。飼育環境の条件などにもよりますが、海水魚だけでなく、イソギンチャク珊瑚といった生体について、飼育することが可能です。オーバーフロー水槽は、水量が確保できるという点が一番大きなメリットになるのですが、サイズが大きいオーバーフロー水槽にすることで、ろ過槽内の空間が広くなるため、プロテインスキマーカルシウムリアクター殺菌灯クーラーなど、生体飼育に必要な機材を水槽に接続しやすくなるという点や、メイン水槽内が広くなるので、ライブロックによるレイアウトがしやすくなるといったメリットがあります。

こんな人におすすめ

45センチのオーバーフロー水槽は、小型ですが、本格的なオーバーフロー水槽となってきます。以下のような方におすすめなオーバーフロー水槽となります。

  • 安く、本格的なオーバーフロー水槽を始めたい方。
  • 水槽に生体を数多く入れない方(カクレクマノミだけなど)。
  • メインの水槽は別にあって、隔離水槽として別途安い水槽が欲しい方。
  • 初心者なのでまずは小さいサイズからはじめたい方。

初心者向けにおすすめなオーバーフロー水槽については、以下のページでもご紹介しています。

関連記事:初心者向けオーバーフロー水槽

メリット、デメリット

メリット

  • 価格が安い。
  • 組み立てが簡単。
  • 通販で容易に購入できる。
  • サイズが小さいので置き場所に困らない。
  • 万が一水漏れしても被害を最小限にとどめられる。

デメリット

  • 水量が少ないため、水温、水質など変化が起きやすく生体にストレスを与える場合がある。
  • 飼育できる生体が限られる。
  • 濾過槽が狭いためプロテインスキマーカルシウムリアクタークーラー殺菌灯など機材の接続に困る場合がある。
  • メイン水槽サイズが狭いので、ライブロックでのレイアウト組みが難しい。
  • 水が汚れやすいため頻繁に水換えが必要な場合がある。
  • 地震が発生した際に倒れ易い。

飼育できる生体

海水魚

45センチ水槽であれば、サイズがあるので、小型の海水魚飼育が可能です。ただし入れすぎに注意です。海水魚の飼育方法については、以下のページでまとめています。

海水魚

珊瑚

45センチ水槽であれば、小型の珊瑚飼育が可能です。接触の危険性があるので、ソフトコーラルがおすすめです。珊瑚の飼育方法については、以下のページでまとめています。

珊瑚

イソギンチャク

小型水槽であれば、小型のサンゴイソギンチャクがおすすめです。イソギンチャクの飼育については、以下のページでまとめています。

イソギンチャク

マリンプランツ

マリンプランツ(海藻、海草)を育てながら、タツノオトシゴの飼育などもできます。マリンプランツの飼育については、以下のページでまとめています。

マリンプランツ

45センチオーバーフロー水槽比較

45センチオーバーフロー水槽の比較になります。

※スマートフォンからアクセスの場合は表が横スライドします。

サイズ商品名価格サイズ詳細
45センチオルカ74,800円~W 48.5cm×D 47cm×H 132cm白、黒詳細
45センチREEFER NANO124,200円~W 45cm×D 45cm×H 132cm白、黒詳細

サイズ別水槽比較

30センチ、45センチ、60センチ、90センチ、120センチのオーバーフロー水槽を比較することができます。

人気のおすすめオーバーフロー水槽比較

海水魚、珊瑚、イソギンチャク飼育を行う上でおすすめなオーバーフロー水槽を一覧で、比較しやすいように以下のページでまとめています。

関連記事:オーバーフロー水槽比較