チャームのオーバーフロー水槽

インターネット通販最大手のチャームでは、エムエムシー企画レッドシーオーバーフロー水槽をはじめ、各メーカーの商品を取り扱うと同時に、自社開発のオーバーフロー水槽も取り扱っています。チャームで自社開発しているオーバーフロー水槽は、初心者向けのオーバーフロー水槽がメインとなります。

チャームのオーバーフロー水槽

チャームは、アクアリウム通販大手の会社となるため、自社製品から他社製品まで、様々なオーバーフロー水槽が販売されています。以下のページより、チャームで販売するオーバーフロー水槽を商品名、サイズ、デザインで確認することができます。

商品名で選ぶ

自社

以下はチャームが自社製造販売しているオーバーフロー水槽です。

クロミス350キューブ

「初心者なので、まずはとにかく価格を抑えたい。」とお考えの方は、チャームのオーバーフロー水槽から始めるのがおすすめです。チャームのオーバーフロー水槽には、3万円台のオーバーフロー水槽(クロミス350キューブ)が存在します。オーバーフロー水槽は、どんなに安くても10万円以下で購入できる事はほとんどありません。安くても10万円台、高額な特注オーバーフロー水槽になると数客万円台というオーバーフロー水槽も存在します。オーバーフロー水槽は、強度が重要となるため、大型の水槽になればなるほど、ガラス面を接合する部分の加工や、重たい重量の水槽を支えるためのキャビネットの加工等にも手間がかかることから、価格が跳ね上がっていきます。初心者の方や、サブタンクを容易したいと思う方は、以下でご紹介する3万円台のオーバーフロー水槽(クロミス350キューブ)がおすすめです。

関連記事:安さにこだわった3万円台のオーバーフロー水槽

30キューブ

カクレクマノミイソギンチャク海水魚珊瑚を飼育したいとお考えの主に初心者の方におすすめの小型オーバーフロー水槽セットのご紹介です。このオーバーフロー水槽は、縦横高さが30センチと、数あるオーバーフロー水槽セット商品の中でも特に小型のオーバーフロー水槽セットになります。ほとんどのオーバーフロー水槽セットが10万円以上する中、10万円以下の価格で存在する本格的なオーバーフロー水槽セットはなかなかありません。場所を取らず安価に設置することができ、しかも水槽、サンプ(ろ過槽)、キャビネット全てが国産のオーバーフロー水槽セットなので安心です。

関連記事:業界最安の小型オーバーフロー水槽

他社

以下はチャームがネット通販上で販売している他社のオーバーフロー水槽です。

オルカ

2000年よりマリンアクアリウムを続けてきた飼育者の視点で、オルカオーバーフロー水槽の魅力をまとめています。オルカのオーバーフロー水槽セットは、通常のオーバーフロー水槽と比較するとアクアリウム観賞をより追求した設計になっているという特徴があります。また、一般の家庭で簡単に設置ができる設計になっているため、北海道から沖縄まで全国の発送に対応しているチャームの通信販売を利用すれば、オルカのオーバーフロー水槽セットが届いたその日のうちから、自ら組立、設置ができるため、安くオーバーフロー水槽を開始できるという点も魅力です。

関連記事:オルカのオーバーフロー水槽

REEFER

REEFER (リーファー)シリーズのオーバーフロー水槽は、ウルトラクリアガラスを採用し、自動給水システムが付いたオーバーフロー水槽セットです。各水槽の配管などが全て簡単に取り付けられるようにパーツ化されており、組み立て易い構造になっています。海水魚珊瑚イソギンチャクの飼育に最適なオーバーフロー水槽セットです。ラインナップは、REEFER NANOREEFER 170REEFER 250、REEFER 350、REEFER 450、REEFER XL425、REEFER XL525と6種類のラインナップがあります。この中で、インターネット通販でも購入できるオーバーフロー水槽が、REEFER NANOREEFER 170REEFER 250の3種類で、170シリーズ以上には、LED照明もセットになったREEFER 170 DXREEFER 250 DXがラインナップに登場してきます。また、170以上のクラスになってくると、リフジウム水槽にも対応してきます。

関連記事:REEFER (リーファー)のオーバーフロー水槽

サイズで選ぶ

チャームは、アクアリウム用品のインターネット通販最大手となるため、各水槽サイズの様々な商品を購入することができます。以下のページより、各サイズ別に販売されているオーバーフロー水槽を確認することができます。

デザインで選ぶ

木目のキャビネット

チャームで販売されている木目調のオーバーフロー水槽は、クロミス350キューブになります。木目調といっても、木でできたキャビネットの枠組みだけのオーバーフロー水槽となるため、濾過槽の中が見える構造になっています。濾過槽の中がのぞけるようになっていると、水が蒸発した際に足し水を行なったり、水槽の変化を見つけ易くなります。

関連記事:安さにこだわった3万円台のオーバーフロー水槽

白いキャビネット

チャームで購入できる白いキャビネットのオーバーフロー水槽は、30キューブオルカREEFERオーバーフロー水槽になります。各商品別に白いキャビネットがあるオーバーフロー水槽については、以下のページでまとめています。

関連記事:どれがおすすめ?オーバーフロー水槽比較

黒いキャビネット

チャームで購入できる黒いキャビネットのオーバーフロー水槽は、30キューブオルカREEFERオーバーフロー水槽になります。各商品別に黒いキャビネットがあるオーバーフロー水槽については、以下のページでまとめています。

関連記事:どれがおすすめ?オーバーフロー水槽比較

マリンアクアリウム飼育方法

海水魚珊瑚ソフトコーラルハードコーラル)、イソギンチャクマリンプランツ(海藻、海草)の飼育方法について、以下のページでそれぞれまとめています。

イソギンチャク

イソギンチャクの飼育 イソギンチャクの飼育

マリンプランツ(海藻、海草)

マリンプランツの飼育 マリンプランツの飼育

マリンアクアリウム飼育機材

海水魚珊瑚ソフトコーラルハードコーラル)、イソギンチャクマリンプランツ(海藻、海草)の飼育に必要な機材や用品などについて、以下のページでそれぞれまとめています。