飼育1年を超過したバヌアツ産シマヤッコの混泳と水槽の節電対策

バタバタといろいろ忙しく、約1ヵ月ぶりの更新になってしまいました。しかも超久々の海水魚ネタです。水槽の方は海水魚以外は、調子がイマイチな感じです。ハナガタ、クダサンゴ、ハタゴイソギンチャクは、も~駄目かなぁ・・・。「シマヤッコが元気に水槽を泳ぎまわっていればそれでよしとしよう!」そう自分自身をなぐさめながら、水槽を眺めています。90cm水槽でバヌアツ産シマヤッコを飼育して1年以上経過していますが、サンゴやイソギンチャクが調子を崩す中、シマヤッコはとても元気に餌を食べまくり、体表の色ツヤ、お腹の肉付き含めて文句なしの美しさで水槽内をスイスイ泳ぎまわっています。やっぱり海水魚の中ではシマヤッコが一番綺麗だなぁ~とブログ記事書きながら写真を眺めていて改めて実感しました。本日は久々の更新となってしまったので、写真多め文書も少し多めで更新したいと思います。

90cm水槽では、バヌアツ産シマヤッコを2匹混泳させています。体の大きい方のシマヤッコがとても凶暴で、もうこれ以上この水槽にはケントロピーゲを入れることができません。シマヤッコは、よくおとなしい海水魚と言われていますが、個体差なのか水槽への慣れなのか分かりませんが、この子はとても凶暴です。この水槽に他のヤッコを入れると、ボロボロになるまで体の大きなシマヤッコは追いかけまわすのですが、混泳している体の小さなシマヤッコには大きな危害を与えません。ペアになってくれるといいのになぁ~と思っているのですが、観察している感じでは時には寄り添うのですが、時には喧嘩している感じで、ペアになるにはもう少し時間がかかりそうだなぁ~とみています。

スラリと伸びた胸びれと、鋭くとがった背びれ、黒と白のコントラストに黄色が混ざるグラデーションがとても綺麗で、見ていて飽きることがありません。海水魚飼育をし始めたころは、地味な魚だなぁ~と思っていた頃がありましたが、私の中ではこの上品でクールな感じが一番好き。

横から撮影すると、こんな感じ。

ちょっと振り向いたところを撮影するとこんな感じ。

こちらは体が小さい方のバヌアツ産シマヤッコ。体は小さくてもとても綺麗です。

水槽の中でハナガタサンゴ、クダサンゴが駄目になていく中、フィジー産のマメスナギンチャクは綺麗な状態を保持しています。水槽投入当初と比較すると、ちょっと色が落ちてきたかなっとも思いますが、やはりフィジー産のマメスナギンチャクは他の産地とは明らかに異なる色合いを持っています。

クダサンゴが駄目になっていく中・・・っと書いておきながら、フィジー産のマメスナギンチャクを撮影していたらこんな気づきがありました。写真を見て確認できる通り、小さなクダサンゴが生えてきていました。なんかちょっと得した気分です。

あと、現在の90cm水槽でブログに載せられる元気なサンゴは、こちらのコエダナガレハナです。ユラユラと元気にタコアシ触手をゆらしています。

今までブログでご紹介したことがなかったのですが、実は水槽には10年近く飼育しているサンゴが一つだけいます。それがこちらのディスクコーラルです。しかもこちらのサンゴ、生麦海水魚センターさんで初めてサンゴ飼育を開始した際に購入した時の生体です。海水魚飼育を開始した当初の上部濾過水槽から唯一生き延びています。たまに見失うのですが、水槽のレイアウト変更を行っていると出てきます。今は見失わないように、水槽正面から見える個所に配置しました。

60cm水槽にいるマニラ産シマヤッコ×2匹、ニシキヤッコ、スミレヤッコの写真も撮影したのですが、照明が暗くて写真がイマイチだったので、また改めてご紹介します。

シマヤッコの写真見ながら、シマヤッコは何でこんな綺麗なんだろうなぁ~っと思っていたら、知り合いの美人ダンサーさんから「美肌を維持するためには(自分の体は大切にしなさい?!)」という記事が送られてきました。綺麗つながりでちょうどよいタイミングなので、ブログにアップしちゃいます。


食生活も大切ですが、睡眠時間もとても大切なんですね・・・。【6時間睡眠(汗;)】こういう記事を読んでいると、たまには自分の体もいたわらないといけないなぁ~という気持ちにさせられました。

さて、話題は戻って海水魚ですが、タイトルにもありました通り、水槽も節電対策を施しました。150Wメタハラと30W蛍光灯×2のスリムラインは取り外してしまい、24WのグランクリエイトLEDに変更しました。熱量がメタハラと比較すると格段に下がるので、なんといってもクーラーの稼働率が全然違います。それと、ガラス面に付着する茶ゴケの量が格段に減りました。でもこう見るとやっぱりサンゴが全然ダメだ。。。復活させないと。。

シマヤッコの飼育については、過去の飼育経験をもとに、シマヤッコの選定から飼育方法までまとめています

不正アクセス防止のため、コメント入力いただいた方の送信元ホスト名、IPアドレスを記録しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

新着記事

アクアギフトさんのブラックバンド5万円台...激安!

アクアギフトさんのブラックバンド5万円台…激安!

趣味がアクアリウム好きな男って、どんな男?

趣味がアクアリウム好きな男って、どんな男?

アロワナ華僑紅龍魚、古代魚が泳ぐ18BAR(横浜馬車道)

アロワナ華僑紅龍魚、古代魚が泳ぐ18BAR(横浜馬車道)

連結オーバーフロー水槽のメリット、デメリット

連結オーバーフロー水槽のメリット、デメリット

ユーザ評価1.2「カニシャコホイホイ」

ユーザ評価1.2「カニシャコホイホイ」

全ての記事を確認する