プロテインスキマーの特徴、選定について

海水魚、珊瑚、イソギンチャク飼育にプロテインスキマーは必要?

プロテインスキマーとは、水槽内に発生した海水魚の糞、珊瑚やイソギンチャクの排泄物をきめ細かい泡の力を利用して除去するためのシステムです。海水魚、珊瑚、イソギンチャクなどマリンアクアリウムの飼育を行う上で、必須と言ってもよいアイテムとなります。

プロテインスキマーとは

「プロテインスキマー」の言葉の由来

プロテインスキマーのプロテインは、「タンパク」を意味し、スキマーは、「浄化」や「除去」を意味します。

つまり、水槽内で発生した海水魚の糞、死骸や、珊瑚やイソギンチャクから排出されたタンパク質を除去するための装置という意味になります。

プロテインスキマーが水槽内の汚れを除去する仕組みの事を広い意味で「物理濾過」といいます。



物理濾過と生物濾過の違い

物理濾過

物理濾過

水槽の濾過システムは、物理濾過と生物濾過の2種類に、大きく分類されます。物理濾過は、水槽内に発生する比較的大きなゴミや、海水魚の糞、珊瑚、イソギンチャクの排泄物を除去するのに対して、生物濾過は海水魚の糞、珊瑚、イソギンチャクの排泄物が有害物質として変化したアンモニアや、亜硝酸といった物質を比較的生体に対して無害な硝酸塩に変化させるといった違いがあります。

物理濾過

物理濾過とは、ウールマット、プロテインスキマーなど物理的な機材を利用して、水槽内部の大きな汚れ(ゴミ、海水魚の糞、珊瑚やイソギンチャクの排泄物など)を除去する仕組みになります。

物理濾過には大きく分けて、濾過槽内のウールマットで水槽内のゴミを除去するパターンと、プロテインスキマーを利用して、海水魚の糞、珊瑚、イソギンチャクの排泄物を除去するパターンの2種類に分類されます。

ウールマットによる物理濾過

濾過槽内部にあるウールマットで、水槽内の大きな汚れをウールマットの網目を利用して除去する。

プロテインスキマーによる物理濾過

プロテインスキマーで、海水魚の糞、珊瑚やイソギンチャクの排泄物を泡の力を利用して除去する。

生物濾過

生物濾過とは、読んで字のごとく、生体に悪影響を与える有害物質を生物の力を利用して除去する仕組みです。

海水魚の糞、死骸、珊瑚やイソギンチャクの排泄物であるタンパク質がプロテインスキマーで除去できなかった場合、やがて生体にとって有害となるアンモニアや亜硝酸へと変化していきます。

水槽内にいる微生物やバクテリアは、アンモニアや亜硝酸といった有害物質を、生体にとって比較的無害な、硝酸塩に分解することができます。

生物濾過を水槽内で発生させるポイントは、以下の3種類になります。

ライブロックを利用する

新鮮な鮮度の高いライブロックには、微生物やバクテリアが多く付着しています。水槽内にライブロックを入れることにより、ライブロックに付着した微生物やバクテリアが、水槽内に蓄積した有害物質であるアンモニアや亜硝酸を比較的無害な硝酸塩に分解してくれます。

ライブサンドを利用する

ライブサンドも原理は、ライブロックと同様になります。ライブサンドにいる微生物やバクテリアの力を利用して、水槽内に蓄積した有害物質であるアンモニアや亜硝酸を比較的無害な硝酸塩に分解させます。

リフジウムを利用する

リフジウムとは、濾過槽やメイン水槽内部にマリンプランツ(海藻、海草)を育て、そこに微生物やバクテリアを繁殖させて、水槽内に蓄積した有害物質であるアンモニアや亜硝酸を比較的無害な硝酸塩に分解させることです。

プロテインスキマーのメリット、デメリットについて

プロテインスキマーには、水槽内の汚れを除去してくれるというメリットもあれば、デメリットもあります。

プロテインスキマーのメリット

プロテインスキマーのメリットは以下の内容となります。

  • 苔の発生原因となる亜硝酸や硝酸塩が発生する前段階であるタンパク質の段階で除去することができるので、苔の発生をおさえることができる。
  • 生体に悪影響が及ぶアンモニア、亜硝酸の発生を抑える事ができるため、水質悪化による生体の病気の発生率や死亡率を下げることができる。
  • 水槽内に溶ける酸素の量を増やすことができるので生体にとってメリットがある。
  • フィルター内部(濾過槽内)で利用しているウールマットの交換頻度を減らすことができる。
  • 海水の黄ばみや臭いをおさえることができる。(※殺菌灯を併用させることによって、更に効果を高めることができます。)

プロテインスキマーのデメリット

プロテインスキマーのデメリットは以下の内容となります。

  • 珊瑚やイソギンチャクなどの生体に必要なカルシウムなど微量元素を水槽内から除去してしまう。

プロテインスキマーによって水槽内部から失われた必要元素の補充については、カルシウムリアクターの利用や、添加剤(トリトンシステム)を利用することによって改善することができます。



プロテインスキマーの種類について

プロテインスキマーには、内部式、外部式という考え方と、エアーリフト式、ベンチュリー式という考え方があります。

内部式

内部式プロテインスキマー

内部式プロテインスキマー

内部式プロテインスキマーとは、濾過槽内部(海水中)に入れて利用するプロテインスキマーです。万が一プロテインスキマーの泡がこぼれたとしても、濾過槽内にプロテインスキマーが入っているため、水漏れの心配がありません。現在主流のプロテインスキマーは、ほとんど全て内部式です。

内部式プロテインスキマーは、エアーリフト式、ベンチュリー式に分類されます。

エアーリフト式

エアーリフト式のプロテインスキマーは、メイン水槽内で木製のエアーストーンに、エアーポンプを接続し、きめ細かな泡を発生させて不純物を除去するプロテインスキマーです。主に濾過槽が無い外掛式濾過槽水槽、上部濾過槽式水槽、外部濾過水槽で利用されます。

ベンチュリー式

プロテインスキマー内部に設置されているポンプが、インペラー(羽根車)を回転させると同時に、空気と水槽内部の海水を接触させ、きめ細やかな泡をプロテインスキマー内部に発生させることで、水槽内部の不純物を除去するプロテインスキマーです。

エアーリフト式と比較すると大型である事と、濾過槽内部に設置するプロテインスキマーであることから、オーバーフロー水槽で利用する事ができるプロテインスキマーです。

外部式

外部式プロテインスキマー

外部式プロテインスキマー

外部式プロテインスキマーとは、水槽の外で利用するプロテインスキマーです。万が一プロテインスキマーが故障し、水漏れが発生した場合は、プロテインスキマーで水槽内部の海水を循環させているポンプから海水があふれ出してしまいます。新しくマリンアクアリウムを始める方で、外部式プロテインスキマーを選定する人はほとんどみかけなくなってしまいました。

ただし、濾過槽内にスキマーを入れる必要が無いため、濾過槽を広く利用する事ができるのと、自由に思い通りのオーバーフロー水槽の配管を楽しめるというメリットもあります。

濾過槽タイプ別のプロテインスキマーの選定について

プロテインスキマーは、利用する濾過システムによって、利用できるタイプが異なってきます。

外掛式濾過、上部濾過、外部濾過水槽システムの場合

外掛式濾過、上部濾過、外部濾過水槽システムの場合、濾過槽が無いため、エアーリフト式のプロテインスキマーもしくは、小型でメイン水槽の側面に掛けて利用する小型のベンチュリー式プロテインスキマーを利用することになります。

オーバーフロー水槽システムの場合

オーバーフロー水槽システムの場合は、濾過槽内にプロテインスキマーを設置することができるため、大型で濾過能力が高いベンチュリー式プロテインスキマーを利用することができます。

最も有名なプロテインスキマーは?

最も有名なプロテインスキマーといえば、バブルキングです。海水魚、珊瑚、イソギンチャク飼育に古くから携わってきている愛好家でバブルキング好きな人は私の周りにはとても多いです。

(※バブルキングの写真は、別途掲載します。)



私の水槽のプロテインスキマーと濾過システム

私の水槽では以下の濾過方式を採用しています。

ライブサンドについて

ライブサンドは利用しません。ライブサンドは水槽の底面で生物濾過を行ってくれる作用もありますが、水槽の底面は汚れがどんどん蓄積していきます。ライブサンド内に蓄積した汚れは、除去するためにはライブサンドの入れ替えを行わなくてはならず、とても手間がかかります。

生物濾過は、ライブロックリフジウムに任せ、ベアタンクを実現させています。ベアタンクにすると、水槽底面に溜まった汚れはパワーヘッドで除去できるので便利です。

ライブロックについて

ライブロック生物濾過を行ってくれることとあわせて、海水魚の住処になったり、珊瑚やイソギンチャクを綺麗にレイアウトするための土台にもなってくれるため利用しています。

リフジウムについて

リフジウムについて

濾過槽のリフジウム

オーバーフロー水槽の濾過槽において、リフジウムを採用しています。マリンプランツによって生物濾過を行っています。リフジウムで利用しているマリンプランツは、ウミブドウです。

プロテインスキマーについて

プロテインスキマーについて

利用しているプロテインスキマーPS3000SSS

プロテインスキマーは、リーフオクトパスのPS3000SSSを利用しています。



プロテインスキマーを採用しないという選択肢

プロテインスキマーを採用しないという選択肢

プロテインスキマーを利用して維持している水槽

マリンアクアリウムは、お金がかかるので少しでも節約したいと思う方も多いと思います。ででもプロテインスキマーは、メリットの部分でも述べた通り、海水魚、珊瑚、イソギンチャクの飼育においては、必須のアイテムと思った方がよいです。

プロテインスキマーを利用しないと、なかなか上手く生体を維持することができません。

「プロテインスキマーの特徴、選定について」についてのご紹介は、以上となります。次は「カルシウムリアクターの特徴、選定について」ご紹介いたします。

関連記事:カルシウムリアクターの特徴、選定について



人気のおすすめオーバーフロー水槽比較

海水魚、珊瑚、イソギンチャク飼育を行う上でおすすめなオーバーフロー水槽を一覧で、比較しやすいように以下のページでまとめています。

関連記事:オーバーフロー水槽比較

マリンアクアリウムの飼育機材、用品

海水魚珊瑚イソギンチャクマリンプランツ(海藻、海草)を飼育するにあたり、飼育する生体の種類によって、必要となる環境が異なってきます。特に初心者の方は、「どんな機材を揃えばよいのかわからない。」と思う方が多いかと思います。海水魚珊瑚イソギンチャクマリンプランツ(海藻、海草)の飼育を行う場合で必要となってくる飼育機材や用品、リフジウム水槽などについて飼育する生体のジャンル別に、以下のページでまとめています。

関連記事:マリンアクアリウムの飼育機材、用品

マリンアクアリウム飼育方法

海水魚珊瑚ソフトコーラルハードコーラル)、イソギンチャクマリンプランツ(海藻、海草)の飼育方法について、以下のページでそれぞれまとめています。

イソギンチャク

イソギンチャクの飼育 イソギンチャクの飼育

マリンプランツ(海藻、海草)

マリンプランツの飼育 マリンプランツの飼育

マリンアクアリウム飼育機材

海水魚珊瑚ソフトコーラルハードコーラル)、イソギンチャクマリンプランツ(海藻、海草)の飼育に必要な機材や用品などについて、以下のページでそれぞれまとめています。

不正アクセス防止のため、コメント入力時のアクセス元(IPアドレス)を記録しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください