インドネシア産のツツマルサンゴ

本日は、近日中に立ち上げ依頼を受けている4つのウェブサイトのインフラ(DNSサーバー)まわりの設定を行っていました。そして設定完了。インターネット側への反映はプログラムが一日かけて、よろしくやってくれます。明日になれば、ウェブサイト開発に入れます。

今年は更にスピードアップして、本職のアプリやサイト開発も、理想は1ヶ月1サービスのリリース速度で実現したいな…っと脳裏を巡ります。ちなみに、本ブログに登場してくるウェブサイトたちは、全て一人プライベートでデザイン&HTML5開発していて、本職ではありません。

今年はついに、子供が大学受験を迎える年になってしまいました。「学生起業→卒業前に売却→専門領域で就職→2年で起業→4年1サイクルでバイアウトか上場、グローバル展開は当たり前」このサイクルがまわせるように、どこかで私のスキルの全面伝授を図ろうと思っています。その前に大学受験が無事に終わったらですけれどw

去年の年末は、10年前に一緒に仕事をしていたメンバーたちが、Ingress(Googleの陣取りゲーム。知ってます?)の日本法人社長に就任したり、ベンチャー企業から東証マザーズへの上場を年末に実現したりと、身近なところでビジネス面でのいろいろと大きな動きがありました。

子供たちに今のIT業界のスピードと面白さを伝授しないと…。

3日連続ブログアップは、何年ぶりだ…?っという感じですが、ブログアップします。
インドネシア産のツツマルサンゴ
ツツマルサンゴのイエロータイプとノーマルタイプ。今日も元気です。
#溶けるなよ…。

人気のオーストラリア産のゴールドトーチでは無く、こちらはインドネシア産です。

スプラッシュのスタッフさんと話したのですが、最近インドネシア便の珊瑚の値段が高騰してきているそうで、特にツツマルサンゴの価値が高まっているそうです。

「タコアシサンゴよりも値段が上がり、このツツマルサンゴはスルハソノイと同じ値段ですよ。」っと言われました。

「なんで珊瑚の値段が上がっているのか?」を質問したら、ヨーロッパ方面での需要が高まり、価格の高騰と在庫もより売れる国に流れてしまっていると言ってました。

ちなみにタコアシは1固体の売値が3万円の時期もあったそうです。タコアシが3万もしたら、私は買いません…^^;。世界のコネクションを自ら開拓し、独自で仕入れるルートを開拓する方向が今の世の中はやはり正解なのかもしれないなっと思いました。

Google+で東南アジア方面や、欧米方面のアクアリウムファンとメッセージのやり取りをしながら交流しているのですが、彼らが「超欲しい!」といつも言ってくる珊瑚が、日本では一万円以下で販売されています。

その珊瑚は…なんとっ!

秘密です(笑)。

バヌアツ産シマヤッコ。相変わらず半年以上人工餌に餌付いていないですけれど元気です。

バヌアツ産シマヤッコ

フリードマニー。中央付近と左側。二匹写っています。
国内ブリードなので、すっごい人に馴れていて可愛いです。

フリードマニー

ジムで暴れまくりたいのですが、正月休みで営業していないため、ストレス溜まりまくりです。

不正アクセス防止のため、コメント入力いただいた方の送信元ホスト名、IPアドレスを記録しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

新着記事

全ての記事を確認する