エバンスアンティアスの飼育について

エバンスアンティアスについて

エバンスアンティアスについて

エバンスアンティアスは、水深4~40メートルの岩礁域、珊瑚礁域に生息するハナダイです。雌性先熟雌雄同体で、生まれたときは全て雌ですが、成長すると雄に性転換します。



エバンスアンティアスについて

学名

Pseudanthias evansi

全長(最大)

8cm

生息分布

インド洋、ココスキーリング、クリスマス島、アンダマン海

飼育難易度、飼育条件等

パープルクィーンと同様に餌付けが難しいハナダイです。冷凍コペポーダー等から餌付けを開始し、徐々に人工餌にならしていきます。

飼育中のエバンスアンティアス

美しいハナゴイ、エバンスアンティアスの餌付け

以前から飼育してみたいなっと思っていたエバンスアンティアスを一ヵ月以上前に5匹水槽に入れています。エバンスアンティアスって以外と欲しいと思った時にいないことが多いハナゴイのような気がします。性格はおとなしく、水槽に慣れるまではライブロックの陰などに隠れてなかなか水槽の前に出てきてくれません。人工餌にも餌付けにくいので冷凍コペポーダーなどでじょじょに慣らしていく感じです。一ヵ月以上5匹とも生存してくれているので、きっと水槽の環境を変えない限りは長く安定して生存してくれるんじゃないかなっと思っています。エバンスアンティアスは、性格がおとなしい点となんといってもこのパープルのグラデーションに背中から尾鰭に広がるイエローのラインカラーが上品で気に入っています。

エバンスアンティアスにおすすめの人工餌

エバンスアンティアスにおすすめの人工餌は、メガバイトレッドです。ハナゴイ、ハナダイの仲間は、肉食性で海中に漂う動物プランクトンを主に捕食して生活しています。人工餌としては、メガバイトレッドがもっともおすすめです。

メガバイトレッド

エバンスアンティアスの平均価格と販売店舗

平均価格:3千円前後

エバンスアンティアスの商品一覧

検索条件に該当する商品はありませんでした。

楽天ウェブサービスセンター

ハナゴイ、ハナダイの種類別飼育方法

名前順にハナゴイ、ハナダイの飼育方法を確認できます。

ハナゴイ、ハナダイの一覧

ア行

アカネハナゴイ
詳細を確認する
アサヒハナゴイ
詳細を確認する
エバンスアンティアス
詳細を確認する
オオテンハナゴイ
詳細を確認する

カ行

キンギョハナダイ
詳細を確認する

サ行

シロオビハナダイ
詳細を確認する
スクリブルドアンティアス
詳細を確認する
スジハナダイ
詳細を確認する
スミレナガハナダイ
詳細を確認する

タ行

タイガークイーン
詳細を確認する
ディープウォーターアンティアス(ベントラリス)
詳細を確認する

ハ行

バートレットアンティアス
詳細を確認する
ハナゴンベ
詳細を確認する
フチドリハナダイ
詳細を確認する
フレームアンティアス
詳細を確認する
ペインテッドアンティアス
詳細を確認する

マ行

マダラハナダイ
詳細を確認する

ラ行

レスプレンデントアンティアス
詳細を確認する
不正アクセス防止のため、コメント入力いただいた方の送信元ホスト名、IPアドレスを記録しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です