餌付き難い海水魚に有効な活餌の一覧

過去に餌付き難い海水魚に対して与えてきた活餌の一覧です。

過去に与えてきた活餌の一覧

ライブコペポーダー

ライブコペポーダー

ライブコペポーダー

コペポーダーというと、冷凍のコペポーダーが一般的ですが、こちらはライブコペポーダー、つまり生きたままのコペポーダーです。どんな海水魚にも有効な万能餌です。



シマヤッコはもちろんのこと、餌付き辛いオオテンハナゴイエバンスなどハナゴイ、ハナダイの餌付けヨウジウオの餌付けにもとっても有効です。細かい白い点々に見えるのが生体です。

写真だとなかなか分かり辛いので、映像も撮影してみました。細かく大量にウヨウヨ動いているコペポーダーを確認できると思います。

ヨコエビ

ヨコエビは、水槽内でも自然と発生してどんどんと数を増やしていきます。シマヤッコをはじめとしたヤッコにとても有効な活餌です。タツノオトシゴに対しても有効な餌です。

ヨコエビ

ヨコエビ

ライブコペポーダーとヨコエビ

ライブコペポーダーとヨコエビ

ヨコエビについては、リフジウム水槽があれば容易に増やすことができます。シマヤッコがなかなか飼育できない方は、リフジウム水槽で飼育すると上手く可能性が高いです。

ブラインシュリンプ

昔よくシーモンキーとよばれて、学習教材の付録などにも乾燥した卵が付いていたのがブラインシュリンプ。

卵から羽化したばかりのブラインシュリンプは、カクレクマノミの幼魚に対しても、とっても栄養価の高い活餌になります。

ブラインシュリンプ

ブラインシュリンプ

若い方は、おそらく生きたブラインシュリンプって見たことないんじゃないかな?と思います。家庭でも容易に増やして繁殖させることができるので、興味がある人は養殖してみると面白いかもしれません。

ブラインシュリンプは、シマヤッコヨウジウオやタツノオトシゴの餌付けにも有効です。

アミエビ

成長したブラインシュリンプと同サイズぐらいのアミエビです。アミエビは、タツノオトシゴの餌付けにとっても有効な活餌になります。

こちらの天然海水の後ろに小さな袋が逆さまに入って温度あわせしていますが、袋の中身は大量のアミエビです。

大量のアミエビ

大量のアミエビ

過去に海水魚に与えたことがある活餌は、コペポーダー、ブラインシュリンプ、ヨコエビ、アミエビの3種類です。

それぞれの餌がどの生体に有効か?を整理すると、以下のようになります。

  • コペポーダー:ヤッコ、ハナゴイ、ハナダイ、ヨウジウオ
  • ヨコエビ:ヤッコ、タツノオトシゴ
  • ブラインシュリンプ:ヤッコ、タツノオトシゴ
  • アミエビ:タツノオトシゴ

活餌には、種類によって餌付き易いタイプがありますので参考にしてみてください。

活餌の調達は、リフジウム水槽で自ら微生物を発生させるのが、一番手っ取り早くて安上がりな手段です。

関連記事:リフジウム水槽の特徴、選定について

海水魚の餌

海水魚におすすめの餌について、生体種類別に以下のページでまとめています。

海水魚に必要な餌と餌付け方法について

飼育方法

飼育機材

関連記事