ハタゴイソギンチャクの治療、回復

水槽内での怪我では無く、採取時にイソギンチャクが破れてしまった個体が流通する事がたまにあります。水槽環境の状態がよければ、水槽内で復活させる事も可能ですが、水槽環境が整っていない場合については、破けたイソギンチャクを復活させるのは難しいので、破けたイソギンチャクは選定しないようにした方が無難です。水槽内で、状態を崩したハタゴイソギンチャクを治療し、回復させた記録についてご紹介いたします。ただし、繁殖による分裂以外の口が開く、しぼむ、小さくなるなどの症状が水槽内でハタゴイソギンチャクに発生した場合は、回復を望むのは難しいです。

関連記事:調子を崩したハタゴイソギンチャクの状態

口付近が破けた個体を復活

水槽環境下で、口を大きく開き中の内臓が溶け出した個体を復活させる事は不可能ですが、ハタゴイソギンチャクが現地で採取された際に、破けてしまったハタゴイソギンチャクを水槽内で元に戻した経験があります。

コーラルラボさんで購入した際に「あ~これ破けてしまっているので、ダメかもしれないですね~」と購入時に言われたのですが、破れていても生体の状態の良さを感じたので、大丈夫だと思い自宅に持ち返り、水槽内に入れた写真が以下になります。ちょうど破けて穴が開いてしまっている箇所は、赤丸で囲った箇所になります。

口元のあたりが破けてしまっているハタゴイソギンチャク

口元のあたりが破けてしまっているハタゴイソギンチャク

その後、状態を回復させ、破れた箇所もふさがり、元気に触手を伸ばした状態のハタゴイソギンチャクが以下の写真になります。ふさがっているかの確認はしっかりとできないですが、明らかに状態がよくなっているのは感じるかと思います。

復活したハタゴイソギンチャク

復活したハタゴイソギンチャク

色が抜けて白くなってしまった個体を復活

色が抜けてしまった個体の写真が以下になります。実はこのハタゴイソギンチャク、口元が破けていた状態を復活させたのですが、その後、色が抜けてきてしまいました。上記の写真と比較すると、明らかに白くなってしまっているのが確認できると思います。元々傷付いていた個体だったので、体力があまりなかったせいもあったのか、周りの個体が大丈夫なのに、一個体だけ色が抜けてしまいました。と思っていたら、中央付近のグリーンの個体も色が抜けてしまい緑色が薄くなっているのが確認できるかと思います。

水槽内で色が抜けて白くなってしまったハタゴイソギンチャク

水槽内で色が抜けて白くなってしまったハタゴイソギンチャク 2015年12月13日時点

外が乾燥し、水槽内の比重の変動がおかしい状態だったので、一定の比重を毎日保ったところ、約3ヵ月で褐虫藻がもとに戻り、元の状態まで戻すことができました。

色抜けしたハタゴイソギンチャクを元に戻す

色抜けしたハタゴイソギンチャクを元に戻す2016年4月27日時点

次に、ハタゴイソギンチャクと海水魚、珊瑚の相性について以下でご紹介いたします。

関連記事:ハタゴイソギンチャクと海水魚、珊瑚の相性



ハタゴイソギンチャクの長期飼育について

ハタゴイソギンチャクを長期飼育してきて得られた情報などについて以下のページにまとめています。

ハタゴイソギンチャクの飼育難易度、価格相場などについては、以下のページでまとめています。

関連記事:ハタゴイソギンチャクの長期飼育に関して

飼育方法

飼育機材

関連記事