セブ島産 ハタゴイソギンチャク 蛍光グリーンイエロー

R1061656.jpgセブ島産の蛍光グリーンイエローのハタゴイソギンチャクを水槽に投入して1週間が経過しました。セブ島から国内に入荷したのは9月24日なので、日本国に入ってからは約2週間を経過したことになります。水槽へ投入して1週間経過してこの状態であれば、この先の飼育も問題無いかと見ていますが、やはり最低でも1ヵ月は経過してみないと安心はできないところです。

状態がいいハタゴイソギンチャクを見分けるポイントは、サイトを検索するといろいろと出てきますが、今まで数年飼育してきた経験上、状態がよいハタゴイソギンチャクの見極めるポイントは以下の3つかなっと思っています。

 

・口が開いていないこと。
口が開いていない個体は、体に厚みと力があります。ブルーやグリーンなど、綺麗な色だけで判断すると後で失敗します。特にブルーやグリーンなど鮮やかなカラーのハタゴイソギンチャクで状態がよい個体にめぐり合えるのは稀です。

 

・水槽に入っている飼育状態で小さく縮まないこと。
手で触れると小さく縮むのはよいのですが、飼育している状態でとても小さくなる個体は良くないです。日中と比較すると夜間の方が縮まりますが、状態がよい個体はそもそも小さくは縮みません。

 

・大きく触手を広げて触手がなびいていること。
状態がよいハタゴイソギンチャクは、触手をよく広げ、かつ触手が長く伸びていてとても活発に動いています。

R1061646.jpg

 

R1061638.jpg

 

R1061643.jpg

 

R1061658.jpg

大きな個体よりも小さな個体の方が、状態が良い個体を目にすることが多いです。海水魚と一緒で、小さな個体の方が環境への適応能力が高いのでしょうか。

 

トロピカルな色をみていたら、南国の音楽が聴きたくなってきたので音楽ブログの方にレゲエを1曲アップしました。レゲエはカバー曲が多いですが、この曲はマイケル・ジャクソン年少時の曲がカバーされたSugar Minottの「Good Thing Going」です。スカ風でノリがよい曲です。Sugar Minottはいい声してるmusicnotes

不正アクセス防止のため、コメント入力いただいた方の送信元ホスト名、IPアドレスを記録しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

新着記事

アクアギフトさんのブラックバンド5万円台...激安!

アクアギフトさんのブラックバンド5万円台…激安!

趣味がアクアリウム好きな男って、どんな男?

趣味がアクアリウム好きな男って、どんな男?

アロワナ華僑紅龍魚、古代魚が泳ぐ18BAR(横浜馬車道)

アロワナ華僑紅龍魚、古代魚が泳ぐ18BAR(横浜馬車道)

連結オーバーフロー水槽のメリット、デメリット

連結オーバーフロー水槽のメリット、デメリット

ユーザ評価1.2「カニシャコホイホイ」

ユーザ評価1.2「カニシャコホイホイ」

全ての記事を確認する