ココス産 シラナミガイ

R1066173.jpgシャコガイは、ヤッコがよく突っついて駄目にされてしまうことが多く、水槽への投入を控えていたのですが、今水槽にいるバヌアツ産シマヤッコとモルディブ産ニシキヤッコは、ヒメシャコガイをまったく突っつかないため、ココス産シラナミガイも行けると思い、2つ水槽に入れてみました。まだココスブルーと呼べる色上がりではありませんが、じょじょに仕上げていきたいと思っています。
 
 
 

R1066168.jpg

こちらはもう一つのココス産シラナミガイです。シラナミガイも綺麗なのですが、周辺のフィジー産マメスナが綺麗なので目移りしてしまいます。

R1066167.jpg

R1066171.jpg

ヒメシャコガイは3個体いるのですが、そのうち2個体はだいぶギラギラ色上がってくれています。水槽投入当初は、水槽の前に立つと外套膜をサッと引っ込める動きをしていたのですが、最近はまったく動じず外套膜を広げて光合成をしています。

仕事が落ち着いたら、タヒチに行きたいな・・・airplane

tahiti.jpg

落ち着く気配まったくないけどsweat02

不正アクセス防止のため、コメント入力いただいた方の送信元ホスト名、IPアドレスを記録しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

新着記事

アクアギフトさんのブラックバンド5万円台...激安!

アクアギフトさんのブラックバンド5万円台…激安!

趣味がアクアリウム好きな男って、どんな男?

趣味がアクアリウム好きな男って、どんな男?

アロワナ華僑紅龍魚、古代魚が泳ぐ18BAR(横浜馬車道)

アロワナ華僑紅龍魚、古代魚が泳ぐ18BAR(横浜馬車道)

連結オーバーフロー水槽のメリット、デメリット

連結オーバーフロー水槽のメリット、デメリット

ユーザ評価1.2「カニシャコホイホイ」

ユーザ評価1.2「カニシャコホイホイ」

全ての記事を確認する