ハタゴイソギンチャクの照明と飼育環境

水槽内で飼育10年目に突入したハタゴイソギンチャク(メタハラ利用)

水槽内で飼育10年目に突入したハタゴイソギンチャク(メタハラ利用)

ハタゴイソギンチャクの飼育で一番気になるのが照明です。照明にはT5蛍光灯、LED、メタハラがありますが、私が今まで年単位でハタゴイソギンチャクの飼育ができたのはメタハラのみです。T5蛍光灯、LEDでも飼育ができるか?できないか?といえば、飼育は可能です。しかし、年単位での長期飼育には至りませんでした。私の知り合いにも10年以上ハタゴイソギンチャクを飼育している愛好家が一人だけいますが、その方も照明はメタハラを利用しています。今までハタゴイソギンチャクを飼育してきて感じた必要な飼育環境についてまとめてみたいと思います。

照明

LEDでの飼育

LEDだけの飼育もおこなっていた個体もいるのですが、長期飼育には至りませんでした。

蛍光灯での飼育

T5でも飼育は可能だと思います。ただし長期飼育できるかについては不明です。

メタハラでの飼育

ハタゴイソギンチャクは、メタハラでの飼育がもっとも適していると思います。

海水魚の飼育珊瑚の飼育イソギンチャクの飼育マリンプランツの飼育に必要な照明については、以下のページでまとめています。

関連記事:水槽用照明の特徴、選定について

私が利用している照明

ハタゴイソギンチャクを飼育する際の照明についてメタハラがおすすめです。LEDとメタハラで飼育状態を比べてきましたが、メタハラの方が状態よく長期維持できます。スーパークールなどでも試してきましたが、自分の場合はT5蛍光灯とメタハラがセットになったカミハタのスリムラインが、一番ハタゴイソギンチャクを長期飼育できています。

カミハタのスリムラインは、チャーム、楽天、アマゾンで購入できます。特にチャームはアウトレット品のためとっても安いです。私がカミハタスリムラインを購入した時は、11万円だったのに半値以下で購入できます。

既に生産がされていない照明なので、気になる方は早めに購入した方がよいかもしれません。数量限定となっています。製品によって違いはあるかもしれませんが、私が利用しているカミハタスリムラインをもう10年以上、一度も故障をしたことはありません。故障せずで生体がちゃんと長期飼育できる飼育器材が一番です。

2000ケルビンのタイプが売り切れの場合は、1000ケルビンのスリムラインを購入して、球だけ20000ケルビン交換球に取り替えが可能です。20000ケルビン交換球分の価格は、余計にかかってきてしまいますが、チャームさんのスリムラインは激安です。

メタハラの交換球

交換球は、20000ケルビンを利用しています。交換球は、だいたい一年の周期で定期的にチャームさんで、こちらの20000ケルビン交換球を購入して変更しています。

色揚げ

水槽内で色上がるハタゴイソギンチャク

水槽内で色上がるハタゴイソギンチャク

生体の色よりも状態を気にする事が多いので、色揚げについて気にした事は一度もありません。状態よくハタゴイソギンチャクを維持していてば、綺麗に色上がってくれると思います。

ライトの色

ブルーのハタゴイソギンチャクに赤いLEDを当てて飼育していた事があるのですが、どの個体もブルーからパープルに変わってしまいました。照明の光によって、生体の色に変化がでるかもしれないので、あまりLEDの直線的な光をハタゴイソギンチャク直下に当てるのは避けた方がよいかと思います。

色温度

私の周りでハタゴイソギンチャクを長期飼育しているアクアリストはみな、20000ケルビンのメタハラを利用しています。

UVについて

自然界に生きる生体系において、UV(紫外線)についてはとても重要な要素の一つになってくると思います。ただしUVはあまり生体に当てすぎると好ましくない事もあり、ハタゴイソギンチャクの飼育環境下において、あえてUVを意識した事はありません。

水流

ハタゴイソギンチャクを飼育する際の水流について水流はあった方が状態がよいです。私は現在オーバーフロー水槽でハタゴイソギンチャクを7個体飼育しています。試しに2週間ほど、パワーヘッッドを停止させてみて生体の様子を観察していたのですが、調子はイマイチでした。流れはあった方がよいです。ただ、パワーヘッドの水流が直接生体に当たることは避けた方がよいです。ハタゴイソギンチャクの飼育に適切な水流が把握できるように、私の水槽の映像を以下にアップします。※音が出ますので、会社のパソコンなどで再生する場合はご注意ください。

温度

水温は25℃付近が常時保たれるようにする必要があります。夏場はクーラー、冬場はヒーターが必要です。

エアレーション

エアレーションを行う必要はありません。ハタゴイソギンチャクは、口から排泄物して、飼育水を汚してしまいます。タンパク質の状態で物理濾過できるように、プロテインスキマーを設置する必要があります。

関連記事:プロテインスキマーの特徴、選定について

小型水槽での飼育

小型水槽でも飼育は可能だと思いますが、水が汚れ、水替えを行う頻度が高くなる可能性があるのと、正しい塩分濃度で人工海水を生成しないと、生体にとてもストレスがかかることになります。よく比重計で水温を定める前に計測している人をみかけますが、正しい値は計測できていないと思います。塩分濃度計を利用した方がよいと思います。ハタゴイソギンチャクの飼育は、オーバーフロー水槽がもっとも飼育する側も、飼育されるハタゴイソギンチャク側も適していると思います。

クーラーの必要性

クーラーは必要です。水槽内に取り付けられていない方は、できれば3月ぐらいのタイミングで設置した方がおすすめです。遅くても5月の上旬には、クーラーを設置しておかないと、水槽内の水温上昇により、水温上昇により、ハタゴイソギンチャクが死んでしまいます。

関連記事:水槽用クーラーの特徴、選定について

ヒーターの必要性

冬場はヒーターが必要です。理想は、イソギンチャクや他の生体にヒーターが接触しないように、濾過槽内にヒーターを設置することです。

関連記事:水槽用ヒーターの特徴、選定について

固定方法

ハタゴイソギンチャクは、とても手によくくっつきます。気になる方はゴム手袋をはめて触れた方がおすすめです。また、水槽内に固定する場合は、パワーヘッド(水中ポンプ)は停止させ、ハタゴイソギンチャクが定着してから、パワーヘッドを動作させるようにした方が安全です。

ライブロック

大き目のハタゴイソギンチャクの場合

大き目のハタゴイソギンチャクの場合は、ライブロックの面が平らの方が、足底がシッカリと活着し安定して動きません。枝状だと定着する場合もあるのですが、ハタゴイソギンチャクが落ちつかず、気が付くと水槽のガラス面にぺったり張り付いてしまったということが何度かありました。個体差にももしかしたらよるかもしれませんが、過去の飼育経験からは、ライブロックの面が平らの方が安定して飼育することができました。

大き目のハタゴイソギンチャクの場合に適したライブロック

大き目のハタゴイソギンチャクの場合に適したライブロック


上記はコーラルラボさんで購入したライブロックです。手前の赤丸箇所が平らな状態になっているのが、ご確認いただけるかと思います。奥の足底がしっかり定着して胴体を伸ばしているハタゴイソギンチャクに活着しているライブロックも奥は平らになっています。

小さ目のハタゴイソギンチャクの場合

小さ目のハタゴイソギンチャクの場合は、逆に入り組んだ枝状ライブロックの方が落ちついて定着してくれました。ライブロックの面が平らだと、小さ目の個体は逆に動き回り、落ちつく場所を探し回る動きをすることが多い気がします。小さい個体だと、枝状ライブロックの方が胴体も隠れておちつくのかな?という印象を今まで受けてきています。

小さ目のハタゴイソギンチャクの場合ライブロックの形状

小さ目のハタゴイソギンチャクの場合ライブロックの形状

センターのグリーンの個体では無く、右側のノーマル個体の方が入り組んだ枝状ライブロッククに活着しています。でもこのハタゴイソギンチャク、一見ノーマル風に見えるんですけれど、パープルっぽい模様とグリーンの模様もまだらに入るなかなか珍しい個体です。

海水魚も珊瑚もそうですけれど、あまり他の人が見向きもしないだろうなと思う個体の中から、一味違う生体を探し出して手に入れるのがとても好きです。

枝状ライブロックは、スプラッシュさんでしか私は購入したことがありません。枝といっても一本の棒のような形状では無く、入り組んだ形状のものが数多く販売されています。ネット注文の際に、要望を伝えると要望にあわせた形状をスタッフのみなさんが選定してくれます。

スプラッシュのライブロックの詳細

環境の変化

ハタゴイソギンチャクに限らず、サンゴや海水魚も同様ですが、生体を飼育している水槽に急激な環境変化を起こさせないことはとっても重要です。「水換え時に温度あわせができているのか?」、「急激な水質変化が生じる水換えは実施していないか?」、「レイアウトが悪いからといってやたらと生体に直接触れて移動させていないか?」などは特に気をつけたい内容です。ハタゴイソギンチャクは移動しにくいイソギンチャクといわれていますが、水槽内での移動は必ずします。私はむやみに生体に触れることを避けるため、またハタゴイソギンチャクが自由に動きまわれるため、ハタゴイソギンチャク専用の水槽を立ち上げています。

水質

水質を計測したことは過去一度もありません。定期的な水換えで比重が適切に保たれていれば飼育上何も問題ありません。浄水器を用いて純水から海水を作ります。

天然海水はあまり関係がない気がします。もし水質にこだわるのであれば、浄水器で純水を作り出すことと、トリトンメソッドなどにより、より自然界の海の水質を再現させる事に取り組んだ方が最善だと思います。

ハタゴイソギンチャクにとって一番の理想な水質環境は、採取されたハタゴイソギンチャクが生息していた現地の海の水質を再現してあげることかもしれません。そういう観点だと、石垣島産のハタゴイソギンチャクと、石垣島産の天然海水という組み合わせはベストなのではないかと思います。

関連記事:アクアリウム用浄水器の特徴、選定について

硝酸塩濃度

硝酸塩濃度は、どのような生体であっても低めをキープする必要があります。よく水替え時に水道水を利用している方をみかけますが、水道水には硝酸塩が既に含まれています。水替えをしているようで、硝酸塩を更に水槽へ入れている事になりますので、ハタゴイソギンチャク(海水魚、珊瑚も)を長期飼育するのであれば、浄水器を利用して純水を生成した方が望ましいと思います。

関連記事:アクアリウム用浄水器の特徴、選定について

人工海水

私の周りの愛好家は、ヴィーソルトしか利用していません。ただし本当にヴィーソルトが適しているのか?については、不明です。正確にはそこまで調査していません。

関連記事:ショップでも利用しているおすすめの人工海水

水替え

水槽の水が汚れた場合は、水替えを行う必要があります。特に小さな水槽の場合は水量が少ないため、水槽内の水質悪化が進むスピードも速いです。コーラルラボの「Labo-Rium60」を利用すると、足し水をしながらハタゴイソギンチャクを飼育することが可能です。ただし、正しい知識を持ち合わせておく必要があります。

水合わせ

ハタゴイソギンチャクの水槽投入時の水合わせについて

ハタゴイソギンチャクも生き物ですので、急激な水質・水温変化にはストレスを与えてしまいます。ショップから購入後は温度合わせ、水合わせを行ってから水槽へ入れた方がよいです。温度合わせは袋にハタゴイソギンチャクを入れたまま最低30分行った方がよいです。そのあと、袋に入ったハタゴイソギンチャクを袋に入っている海水ごとバケツなどに入れ、エアーチューブとコックを利用して少しづつ水槽の海水をバケツに送りながら慎重に水合わせをおこなっていきます。せっかく購入したハタゴイソギンチャクですから、水槽投入時は慎重すぎるほど慎重に対応しておいた方が後悔することなくハタゴイソギンチャクの飼育を続けることができると思います。

関連記事:海水魚、珊瑚、イソギンチャク飼育の水作りと水合わせ、温度合わせ手順

水槽サイズ

水槽はサイズが大きければ大きいほど水量が確保でき、水質も安定します。手間なくハタゴイソギンチャクを長期飼育するのであれば、オーバーフロー水槽で、水槽のサイズは大きければ大きいほど維持が可能です。

関連記事:オーバーフロー水槽比較

プロテインスキマーの必要性

プロテインスキマーは、ハタゴイソギンチャクを飼育する上で、必須の機材です。必須と言うと断言しすぎかもしれませんが、正確には手間なく状態よく飼育するのであれば、プロテインスキマーは水槽内にあった方が好ましいと思います。

関連記事:プロテインスキマーの特徴、選定について

素手で触れた場合

状態が優れたハタゴイソギンチャクに素手で触れると、触手が剥がれ指にべっとりと付いてしまい、指や腕がかぶれてしまう事があります。人の体温は、水温25℃よりも当然高いので、長時間生体に素手で触れるのはあまり好ましくありません。できればゴム手袋などを利用して、メンテナンスしてあげた方が生体には優しいと思います。

底砂の必要性

ハタゴイソギンチャクは、自然界においてサンゴ砂の上に生息していると思っている方がいるようなのですが、サンゴ砂の上に生息していたとしても足盤は、ライブロックに活着しています。私は水槽が汚れるのが嫌いなので、ベアタンクで飼育を行っています。サンゴ砂が水槽内になくても、年単位での飼育は可能です。

関連記事:水槽用ライブサンド、サンゴ砂の特徴、選定について

ベアタンクでの飼育

ベアタンクであったとしてもハタゴイソギンチャクの飼育は特に問題ありません。ただし、私はベアタンクの底の汚れを除去するためにパワーヘッドを設置しています。パワーヘッドを設置している場合は、ハタゴイソギンチャクが巻き込まれないように注意が必要です。

関連記事:ベアタンクとは?

成長速度

年単位でハタゴイソギンチャクを飼育していると水槽内でもとても大きく成長します。ハタゴイソギンチャクの飼育に適した環境下であれば、1年で倍以上の大きさに成長します。こちらは飼育10年目の知り合いのハタゴイソギンチャクです。宮古島産のパープル個体です。なかなかここまでの個体を目の当たりにする人は少ないのではないかと思います。実際ダイビングを行っていると、これよりも大きなハタゴイソギンチャクに遭遇する事もあります。照明は私と同じく、T5蛍光とメタハラがセットになったスリムラインを利用しています。

はがし方

ハンドコートの部分でも少し解説しましたが、ハタゴイソギンチャクをライブロックから剥がす際には、シールをはがす際と同じように指が入る「きっかけ」をまずは作ります。「きっかけ」ができたら、指を入れて少しずつ剥がしていきます。いきなりはがすと、ハタゴイソギンチャクが傷ついて破けてしまう事もあるので、少しずつ丁寧に剥がしていきます。

ガラス面に張り付く場合

ハタゴイソギンチャクは、動き回る生き物です。人間が作ったレイアウトが気に入らなければ水槽内を移動し、ガラス面がハタゴイソギンチャクに適しているようであれば、移動し活着します。水槽の最上部まで移動する事もあります。形状がよいライブロックを選定し、光、水流を適切に当ててあげれば、それほど移動するイソギンチャクではありません。

毒性

毒性はとても強いです。サンゴ水槽で飼育する場合は、ハタゴイソギンチャクが他のサンゴに触れないよう、注意が必要です。

水替え

水槽内が汚れてしまった場合は、水替えを行う必要があります。急激な塩分濃度の上昇や低下はハタゴイソギンチャクにストレスを与えてしまいますので、塩分濃度計を用いた正確な濃度測定がおすすめです。

設備

どのような生体もそうですが、状態よく長期飼育を行う場合は、以下の設備を整えておいが方が望ましいと思います。メンテナンスも楽になります。

  • 水量確保による水質変化を発生させないために、オーバーフロー水槽が必要。
  • 水道水に含まれる硝酸塩、亜硝酸塩など不純物を除去した純水を生成するため、浄水器が必要。
  • 強い光を当てた方がハタゴイソギンチャクは長期飼育できているためメタハラが必要。

マリンアクアリウムを制するという事は、「水」と「光」を制することです。国内の情報が乏しいため、海外の書籍や文献を自らリサーチして知る事も大切だと思います。

飼育環境の整理

水換え頻度

飼育する水槽環境によって、水換えを行う頻度が異なってきます。水換え頻度については、以下のページでまとめています。
水換え頻度について

ライブロック

ライブロックは、水槽内での生物濾過を実現したり、イソギンチャクのレイアウトとして便利なため、水槽内にあった方がおすすめです。
ライブロックの特徴、選定

ライブサンド

ライブサンドは、水槽内での生物濾過を実現し、生体が水槽内で過ごし易い環境を作り上げることができます。ライブサンドの特徴や、水槽サイズ別に必要となるライブサンドの量について、以下のページでまとめています。
ライブロックの特徴、選定

プロテインスキマーの設置

プロテインスキマーは、ライブロック、ライブサンドで実現する生物濾過とは異なり、水槽内に溜まった目に見えるぐらいの汚れを物理的に除去するといった役割を持つため、設置した方が状態よく飼育することができます。
プロテインスキマーの特徴、選定

浄水器の設置

より海に近い環境で長期飼育を目指す場合には、水道水の不純物を取り除ける浄水器を設置するのがおすすめです。浄水器の特徴や選定については、以下のページでまとめています。
浄水器の特徴、選定

オーバーフロー水槽での飼育

水槽の水量が多いほど、急激な水槽内の環境変化から生体をまもり、状態よく飼育することができます。生体の長期飼育を目指すなら、オーバーフロー水槽での飼育がおすすめです。
オーバーフロー水槽の特徴、選定

イソギンチャクを飼育する上で必要な飼育環境については、以下のページにまとめています。

イソギンチャクの飼育に必要な環境

実際の飼育環境

私がハタゴイソギンチャクを飼育する際に利用している実際の飼育環境は、以下の内容となります。

本ページで記載している記事は、以下の水槽スペックで実際に飼育した経験を元に記載しています。飼育環境を選定する際の参考情報としてください。

  • オーバーフロー水槽90センチオーバーフロー水槽セット
  • 照明メタハラ150W、2000ケルビン
  • プロテインスキマーHS850シリーズ
  • カルシウムリアクター外部式
  • 浄水器クロノスレイン
  • クーラーゼンスイZC-1000アルファ
  • ヒーター海水対応200W
  • ライブロック60センチ水槽分
  • ライブサンドライブサンド18リットル(9リットル×2)
  • 人工海水ヴィーソルト
  • 次にハタゴイソギンチャクの餌について、以下のページでまとめています。

    関連記事:ハタゴイソギンチャクの餌



    ハタゴイソギンチャクの長期飼育について

    ハタゴイソギンチャクを長期飼育してきて得られた情報などについて以下のページにまとめています。

    ハタゴイソギンチャクの飼育難易度、価格相場などについては、以下のページでまとめています。

    関連記事:ハタゴイソギンチャクの長期飼育に関して

    飼育方法

    飼育機材

    関連記事