ハタゴイソギンチャクの色と種類

ハタゴイソギンチャクは、様々なカラーバリエーションがあります。一番多く流通している色は、ノーマルカラーと呼ばれる茶色っぽい固体となります。ノーマルカラーの他には、クリーム、ホワイト、蛍光イエローグリーン、メタリックグリーン、ブルー、パープルといった固体が流通しています。今まで飼育してきたハタゴイソギンチャクの中には、センターグリーン、パープルエッジな固体や、先端スカイブルー軸パープルといった珍しい固体もいました。また、とても貴重なレッドカラーのハタゴイソギンチャクも世の中には存在します。国内でレッドカラーのハタゴイソギンチャクを過去に販売していたのは、私が把握している範囲では、スプラッシュとコーラルラボになります。

ノーマル

ハタゴイソギンチャクノーマル固体(沖縄産):2013年5月12日自宅水槽で撮影

ハタゴイソギンチャクノーマル固体(沖縄産):2013年5月12日自宅水槽で撮影

一番多く見かけるブラウン色のハタゴイソギンチャクです。海外からやってくるハタゴイソギンチャクは、ノーマルタイプだと5000円前後です。初心者の方で初めてハタゴイソギンチャクにチャレンジされる方は、ノーマルタイプからまずは初めてみるのがおすすめです。詳しくは、以下のページでまとめています。

関連記事:ハタゴイソギンチャクノーマル固体

クリーム

ハタゴイソギンチャククリーム固体(ベトナム産):2013年6月22日自宅水槽にて撮影

ハタゴイソギンチャククリーム固体(ベトナム産):2013年6月22日自宅水槽にて撮影

クリーム色もよく見かけます。結構私は好きな色です。これは2013年に撮影した写真なんですけれど、一見状態が良さそうにも見えますけれど、触手に元気が無いのでこの個体はよくないです。今は見分けられますけれど、当時は見分けられませんでした。詳しくは、以下のページでまとめています。

関連記事:ハタゴイソギンチャククリーム固体

イエロー

ハタゴイソギンチャクイエロー固体(インドネシア産):2016年3月28日自宅水槽にて撮影

ハタゴイソギンチャクイエロー固体(インドネシア産):2016年3月28日自宅水槽にて撮影

流通する数はとても少なかった気がするのですが、かつてはイエロー固体のハタゴイソギンチャクも流通していました。イエローのハタゴイソギンチャクは、飼育環境化で直ぐに黄緑色に変色してしまい自然界から採取されたばかりの黄色い状態を長期的に保つのが難しかったです。詳しくは、以下のページでまとめています。

関連記事:ハタゴイソギンチャクイエロー固体

蛍光イエローグリーン

ハタゴイソギンチャク蛍光イエローグリーン固体(インドネシア産):2006年8月13日自宅水槽にて撮影

ハタゴイソギンチャク蛍光イエローグリーン固体(インドネシア産):2006年8月13日自宅水槽にて撮影

この個体は、なかなか見かけない個体ではないでしょうか?2000年頃は沢山みかけました。2016年にコーラルラボに入荷したのを確認しています。詳しくは、以下のページでまとめています。

関連記事:ハタゴイソギンチャク蛍光イエローグリーン固体

メタリックグリーン

ハタゴイソギンチャクメタリックグリーン固体:2015年5月26日自宅水槽にて撮影

ハタゴイソギンチャクメタリックグリーン固体:2015年5月26日自宅水槽にて撮影

グリーンはとっても魅力的です。特にグリーンでも色の濃いタイプはなかなか見かける機会がありません。写真は、コーラルラボで購入したスーパーメタリックグリーンの固体です。詳しくは、以下のページでまとめています。

関連記事:ハタゴイソギンチャクメタリックグリーン固体

ホワイト

ハタゴイソギンチャクホワイト固体(インドネシア産):2016年4月27日自宅水槽にて撮影

ハタゴイソギンチャクホワイト固体(インドネシア産):2016年4月27日自宅水槽にて撮影

ホワイトカラーのハタゴイソギンチャクは、向かって右下の個体になります。「ホワイトは色が抜けてる。」っという記載を見かけることがあるのですが、飼育環境下で色が抜けてしまう個体と、自然界でホワイトの個体は別物です。ホワイトカラーのハタゴイソギンチャクも自然界にはいます。ブラックオセラリスと共生させると、黒と白のコントラストで綺麗かもしれませんね。詳しくは、以下のページでまとめています。

関連記事:ハタゴイソギンチャクホワイト固体

ブルー

ハタゴイソギンチャクブルー固体

ハタゴイソギンチャクブルー固体

ハタゴイソギンチャクのブルー固体も人気が高いハタゴイソギンチャクです。ただし、購入した当初は、青みが強いのですが、水槽環境下で褐虫藻の数が増えていくと、青みがかった色が触手の先端を残して、ノーマルっぽくなってしまうような場合もあります。詳しくは、以下のページでまとめています。

関連記事:ハタゴイソギンチャクブルー固体

パープル

ハタゴイソギンチャクパープル固体(沖縄産):2014年6月28日自宅水槽にて撮影

ハタゴイソギンチャクパープル固体(沖縄産):2014年6月28日自宅水槽にて撮影

私がマリンアクアリウムを始めた2000年頃から既に人気が高かったハタゴイソギンチャクのパープル固体です。昔から、沖縄産の状態がよいということで、国産のパープル固体が人気だったのですが、コーラルラボがインドネシア産のハタゴイソギンチャクのハンドコートを開始してからは、海外からのパープル固体が多く国内に流通するようになりました。詳しくは、以下のページでまとめています。

関連記事:ハタゴイソギンチャクパープル固体

センターグリーン、パープルエッジ

ハタゴイソギンチャクセンターグリーン、パープルエッジ固体

ハタゴイソギンチャクセンターグリーン、パープルエッジ固体

センターがグリーンでエッジがパープルなハタゴイソギンチャクは、左上の個体になります。中央がグリーンで周りがパープルだった珍しいハタゴイソギンチャクです。グリーンがよく写らなかったので、ご覧のモニターの明るさによっては、普通のパープル個体にしか見えないかもしれません。詳しくは、以下のページでまとめています。

関連記事:ハタゴイソギンチャクセンターグリーン、パープルエッジ固体

先端スカイブルー軸パープル

ハタゴイソギンチャク先端スカイブルー軸パープル固体(インドネシア産):2015年12月23日撮影

ハタゴイソギンチャク先端スカイブルー軸パープル固体(インドネシア産):2015年12月23日撮影

先端がスカイブルーなのに対して、元はパープルの個体です。ちなみにもの凄い高額な固体です。この先もなかなか見かけない個体なんじゃないかな?と思います。こちらは、コーラルラボで購入したハタゴイソギンチャクになります。詳しくは、以下のページでまとめています。

関連記事:ハタゴイソギンチャク先端スカイブルー軸パープル固体

レッド

ハタゴイソギンチャクレッド固体

ハタゴイソギンチャクレッド固体

ハタゴイソギンチャクレッドカラーの写真を開いたパソコンを撮影した写真です。実はこの写真、スプラッシュさんに過去入荷したレッドカラーハタゴイソギンチャクの写真です。実物の写真も私の手元にあるのですが、あまりにも貴重すぎてブログへのアップは控えさせていただきます。レッドのハタゴイソギンチャクが国内に入荷したショップさんは、私が把握している限りでは、スプラッシュさんと、コーラルラボさんです。イボハタゴイソギンチャクでは無く、ハタゴイソギンチャクのレッド個体は本当に貴重です。詳しくは、以下のページでまとめています。

関連記事:幻のハタゴイソギンチャクレッド固体

次に、ハタゴイソギンチャクの照明と飼育環境についてご紹介いたします。

関連記事:ハタゴイソギンチャクの照明と飼育環境



ハタゴイソギンチャクの長期飼育に関して

ハタゴイソギンチャクの長期飼育について

カクレクマノミがもっとも共生する相性がよいイソギンチャクといえば、ハタゴイソギンチャクです。ハタゴイソギンチャクを長年飼育する愛好家として、今までの飼育を通じて感じた事や実体験を本ページでは記載しております。他に飼育されている方はまた違った意見等があるかもしれません。ショップやメーカーさんであれば、もっとよいアドバイスをしてくれるかもしれません。遠く離れた海の中からやってくるハタゴイソギンチャクを少しでも大切に長く飼育できるよう、初めてハタゴイソギンチャクを飼育される方や、なかなかハタゴイソギンチャクが上手く飼育できない方向けに、お役に立てればと思いまとめています。

関連記事:ハタゴイソギンチャクの長期飼育に関して

飼育方法

飼育機材

関連記事

不正アクセス防止のため、コメント入力時のアクセス元(IPアドレス)を記録しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です