マダラハナダイの飼育について

マダラハナダイについて

マダラハナダイについて

マダラハナダイは薄い黄色の体色にまるで牛のような班模様が入る個性的なハナダイの仲間です。主に西部太平洋からインド洋にかけて生息しており、日本の伊豆近海にも生息しています。水深70メートルから300メートルの洞窟、岩礁底などに生息しています。数年前は数十万円の価格が付けられる高価な海水魚でしたが、近年インドネシアからの大量入荷により価格破壊が起こりました。ショップで見かける固体は小さなものが多いですが、最大長は15cmになり大きな固体は迫力があります。

マダラハナダイについて

学名

Holanthias borbonius

全長(最大)

15cm

生息分布

台湾、東アフリカ、南日本、小笠原諸島

飼育難易度

人工餌にも比較的餌付き易く飼育が難しい種類では無いです。水中での動作はハナゴンベに似ており、ライブロックや水槽の側面でジッとしていることが多いです。自然界では深海の洞窟などに生息しているため、リーフタンク等で光が強いようであればライブロック等で隠れ家を作って落着いた環境を準備してあげたいです。安定した環境であれば、状態よく飼育が可能です。

性格

普通:

混泳

普通:

餌付け

簡単:

珊瑚との相性

問題なし:

飼育環境

水換え頻度

飼育する水槽環境によって、水換えを行う頻度が異なってきます。水換え頻度については、以下のページでまとめています。
水換え頻度について

ライブロック

ライブロックは、水槽内での生物濾過を実現したり、隠れ家としても機能を果たすので、水槽内にあった方がおすすめです。
ライブロックの特徴、選定

ライブサンド

ライブサンドは、水槽内での生物濾過を実現し、生体が水槽内で過ごし易い環境を作り上げることができます。ライブサンドの特徴や、水槽サイズ別に必要となるライブサンドの量について、以下のページでまとめています。
ライブロックの特徴、選定

プロテインスキマーの設置

プロテインスキマーは、ライブロック、ライブサンドで実現する生物濾過とは異なり、水槽内に溜まった目に見えるぐらいの汚れを物理的に除去するといった役割を持つため、設置した方が状態よく飼育することができます。
プロテインスキマーの特徴、選定

殺菌灯の設置

殺菌灯は水槽内の病原菌を紫外線の力で除去できる機材です。白点病を防ぐためにも殺菌灯の設置がおすすめです。殺菌灯の特徴や選定については、以下のページでまとめています。
殺菌灯の特徴、選定

白点病治療

海水魚の飼育で一番多い病気が、白点病です。万が一、白点病になってしまった場合の治療方法について、以下のページでまとめています。
海水魚の白点病治療

浄水器の設置

より海に近い環境で長期飼育を目指す場合には、水道水の不純物を取り除ける浄水器を設置するのがおすすめです。浄水器の特徴や選定については、以下のページでまとめています。
浄水器の特徴、選定

オーバーフロー水槽での飼育

水槽の水量が多いほど、急激な水槽内の環境変化から生体をまもり、状態よく飼育することができます。生体の長期飼育を目指すなら、オーバーフロー水槽での飼育がおすすめです。
オーバーフロー水槽の特徴、選定

マダラハナダイを飼育する上で必要な飼育環境については、以下のページにまとめています。

マダラハナダイの飼育に必要な飼育環境

実際の飼育環境

本ページで記載している記事は、以下の水槽スペックで実際に飼育した経験を元に記載しています。飼育環境を選定する際の参考情報としてください。サンゴ水槽で飼育しているため、メタハラやカルシウムリアクターが設置されています。

  • オーバーフロー水槽90センチオーバーフロー水槽セット
  • 照明メタハラ150W、2000ケルビン
  • プロテインスキマーHS850シリーズ
  • カルシウムリアクター外部式
  • 浄水器クロノスレイン
  • クーラーゼンスイZC-1000アルファ
  • ヒーター海水対応200W
  • ライブロック60センチ水槽分
  • ライブサンドライブサンド18リットル(9リットル×2)
  • 人工海水ヴィーソルト
  • メガバイト
  • マダラハナダイにおすすめの人工餌は、メガバイトレッドです。マダラハナダイ、ハナダイの仲間は、肉食性で海中に漂う動物プランクトンを主に捕食して生活しています。人工餌としては、メガバイトレッドがもっともおすすめです。

    メガバイトレッド

    メガバイトレッドS

    チャーム 楽天 Amazon Yahoo!

    メガバイトレッドM

    チャーム 楽天 Amazon Yahoo!

    メガバイトレッドL

    チャーム 楽天 Amazon Yahoo!

    メガバイト、ハナダイ、ハナゴイの餌付け方法、海水魚におすすめの餌については、それぞれ以下のページでまとめています。

    価格相場

    約20,000円
    価格相場はあくまで目安です。生体の入荷状況や販売店舗などによって異なります。詳しくは以下の通販サイトより、最新の価格をご確認ください。



    通販

    通販サイトで購入ができる価格が安いマダラハナダイを以下のページからご確認いただけます。該当の商品が存在しない場合は、商品が何も表示されない場合や、他の商品が表示される場合があります。

    マダラハナダイに関する飼育方法のご紹介は以上となります。次にレスプレンデントアンティアスの飼育方法をご紹介いたします。 関連記事:レスプレンデントアンティアスの飼育について

    人気のショップ


    種類別ハナゴイ、ハナダイの飼育

    ハナゴイ、ハナダイの仲間には、丈夫な種類が多く、水槽内で混泳も楽しめ、カラフルな体色からとても人気が高い海水魚です。ハナゴイ、ハナダイの仲間の中には、性格が優しい種類と、性格が強い種類に分けられます。性格が優しい種類と、性格が強い種類を同じ水槽に複数入れてしまうと、性格が強い種類のハナゴイ、ハナダイに、性格が優しい方が圧倒されて弱ってしまう事があります。ハナゴイ、ハナダイを飼育する場合は、性格の強さが同じぐらいの生体を水槽内で混泳させてあげる事が長期飼育のコツだと思います。

    関連記事:ハナゴイ、ハナダイの飼育について(19種類掲載中)

    海水魚の飼育

    特に人気が高い海水魚の飼育方法をご紹介しています。海水魚飼育を始められる方は、まずはカクレクマノミイソギンチャクの共生から入り、マリンアクアリウムにハマると、ヤッコ飼育へと流れていく方が多くいます。チョウチョウウオは人工餌に餌付き辛い種類が多く、初心者の方にはおすすめしません。ハナゴイ、ハナダイの仲間は、性格がおとなしく、群れで水槽内を泳ぐのと、丈夫な種類が多いのと、珊瑚との相性も良く色合いも綺麗なことから、初心者の方にもおすすめの海水魚になります。海水魚の種類別飼育方法については、以下のページでご紹介しています。

    関連記事:海水魚の飼育について

    海水魚の餌

    マリンアクアリウムを行う上で、生体別に適したおすすめな餌の区分について整理していきたいと思います。なお以下の整理内容は、私自身の過去のマリンアクアリウム経験をもとにまとめているため、他の方がまとめたらまた別の視点になるかもしれません。海水魚の餌選定において、一番重要となってくるのは、自然界において生体が何を捕食していて、雑食性なのか?草食性なのか?ポリプ食?プランクトン食?なのかをシッカリと理解することです。自然界における生体の捕食性を理解した上で、餌を選定していきたいと思います。また、厳密には乾燥餌、冷凍餌については、加工のタイミングで人の手が入っているので、広域では人工餌に分類されると思うのですが、分かりやすい分類という観点で、それぞれ分けて整理していきたいと思います。海水魚の餌については、以下のページでご紹介しています。

    関連記事:海水魚におすすめな餌と餌付け方法

    海水魚の白点病

    海水魚の白点病治療は、オキシドール、ニチドウグリーンFゴールド、淡水浴、水換え、放置、自然治癒など様々試みている人がいますが、過去に私自身が行ってきた治療方法を交えながら、白点病の原因と対策についてご紹介いたします。写真は、我が家の水槽で、白点病になってしまったゴールデンバタフライの写真です。チョウチョウウオの飼育は、特に白点病になりやすいので、注意が必要です。写真のゴールデンバタフライの体表に白い点々が付いているのが分かるかと思います。白点病とは、魚を飼育する人であれば、誰でも経験する魚の病気です。初心者の方であっても、ベテランの方であっても、海水魚を販売するショップでさえも白点病に悩まされています。過去行ってきた白点病の治療方法について以下のページでご紹介いたします。

    関連記事:海水魚の白点病について

    海水魚の飼育機材、用品

    海水魚飼育に必要な機材と用品についてまとめています。海水魚を状態よく長期飼育したい場合は、オーバーフロー水槽浄水器クーラープロテインスキマーライブロックライブサンドヒーター水中ポンプ塩分濃度計バケツウールマット人工海水などが必要となってきます。また、より自動化させた水槽環境を実現する際には、自動給水器電磁弁が必要です。オーバーフロー水槽を自作する際には、水槽用の配管パーツが必要となってきます。海水魚を飼育する上で必要な飼育機材や用品については、以下のページでご紹介いたします。

    関連記事:海水魚飼育に必要な機材と用品

    海水魚飼育におすすめのオーバーフロー水槽

    海水魚飼育におすすめなオーバーフロー水槽を30センチ、45センチ、60センチ、90センチ、120センチサイズ別に比較することができます。オーバーフロー水槽は、サイズが大きくなるにつれて、とても高額になってきます。オーバーフロー水槽が崩壊したり、水槽に付属する機材が故障すると、飼育している海水魚珊瑚イソギンチャクマリンプランツが死んでしまう可能性があるので、万が一何かトラブルが発生した際にも、サポート体制がシッカリとしている店舗で購入するのがおすすめです。インターネット通販で販売されているオーバーフロー水槽は、組み立てが簡単なので、届いたその日に水槽のセッティングを開始することができます。詳細は、以下のページでまとめています。

    関連記事:どれがおすすめ?オーバーフロー水槽比較

    マリンアクアリウム飼育方法

    海水魚珊瑚ソフトコーラルハードコーラル)、イソギンチャクマリンプランツ(海藻、海草)の飼育方法について、以下のページでそれぞれまとめています。

    イソギンチャク

    イソギンチャクの飼育 イソギンチャクの飼育

    マリンプランツ(海藻、海草)

    マリンプランツの飼育 マリンプランツの飼育

    マリンアクアリウム飼育機材

    海水魚珊瑚ソフトコーラルハードコーラル)、イソギンチャクマリンプランツ(海藻、海草)の飼育に必要な機材や用品などについて、以下のページでそれぞれまとめています。