状態を崩したシマヤッコの見極め方

背中が痩せているシマヤッコ

背中が痩せているシマヤッコ

状態を崩したシマヤッコは、身体の上半分が痩せてしまっています。よく状態を崩したヤッコの事を、「背中が痩せた固体」と呼ばれることがあります。このような状態になってしまうと、なかなか復活させるのが難しいです。これはシマヤッコに限らず、特にアブラヤッコ属(ケントロピーゲ)に多くみられる傾向なのですが、ヤッコは痩せて体力が無くなる際に、お腹よりも背中が痩せていく傾向があります。こちらは、背中が痩せているシマヤッコを撮影した写真です。

ヤッコの中でも白点になりやすい

シマヤッコは、性格がデリケートなためか、白点になりやすいと感じます。他の海水魚を投入した際には、白点にならないのに、シマヤッコを投入すると白点が出てくるケースが過去何度か経験しました。水槽導入初期に白点になってしまうと、餌づけ対応+薬浴対応となり、生体にも負担をかけてしまうため、導入初期の白点が避けられるように十分な水槽内のメンテナンスを行っておく必要があると思います。シマヤッコが状態よく飼育できる環境であれば、他のヤッコは間違い無く上手く飼育できる環境だと思います。サンゴでいうところの、ミドリイシが飼育できる環境があれば、他のサンゴも上手く飼育できるのと同じ例えになると思います。

白点病の治療についてですが、毎日朝から夜遅くまで仕事をしているとなかなか面倒を見切れないという事も多いと思いますが、以下の方法だとそれほど苦にならず白点病の治療ができます。

  • 穴の開いていない隔離ケースを2つ用意する。
  • それぞれの隔離ケースに新鮮な海水を入れ、片方には治療薬を入れる。片方はそのまま水槽内に入れておく。(※海水は、あらかじめ衣装ケースなどに作りだめしておく。)
  • 治療薬が入った隔離ケースの方に白点病の海水魚を入れエアレーションさせて一晩過ごす。
  • 次の日に温度あわせをおこなっていたもう片方の隔離ケースに治療薬を入れて、治療中の海水魚を移動させる。
  • 治療薬を入れて一日利用した隔離ケースは、中の汚れた海水魚を全て捨て、水で濯いでから新鮮な海水を入れ、メイン水槽で温度あわせを行っておく。
白点病治療中のシマヤッコ

白点病治療中のシマヤッコ

上記のように隔離ケースを二つ用意して、交互に治療すると意外と手間なく白点病の治療ができるのと、隔離ケース内の水温もメイン水槽に吸盤で張り付けて1日温度あわせ済みの状態となっているので、海水魚に対して与えるストレスも少なく治療できます。なによりも「白点病にさせない」環境づくりが一番大切です。海水魚の白点病治療については、以下のページでもまとめています。

関連記事:海水魚の白点病治療

「状態を崩したシマヤッコの見極め方」についてのご紹介は以上となります。次に、「シマヤッコの餌付け」をご紹介いたします。

関連記事:シマヤッコの餌付け

飼育方法

飼育機材

関連記事

不正アクセス防止のため、コメント入力時のアクセス元(IPアドレス)を記録しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です