シマヤッコ飼育に適切な水槽内の魚の数

シマヤッコ飼育に適切な水槽内の魚の数

シマヤッコ飼育に適切な水槽内の魚の数

90cmオーバーフロー水槽で現在飼育している海水魚は、シマヤッコ2匹とマンダリン1匹の合計3匹のみです。どうしても水槽に生体を追加したくなってしまいますが、海水魚水槽の場合、90cm水槽に海水魚が3匹ぐらいが一番状態よく生体を維持することができおすすめです。「無理せず、本当に飼育したいと思う海水魚を飼育する。」という事が大切だと思います。バヌアツ産のシマヤッコも丸々太って肉厚です。90センチの水槽であれば、シマヤッコ同士の混泳も可能です。

飼育環境

シマヤッコを飼育する上で必要な飼育環境と、私自身が実際に飼育している環境については、以下の通りとなります。

水換え頻度

飼育する水槽環境によって、水換えを行う頻度が異なってきます。水換え頻度については、以下のページでまとめています。
水換え頻度について

ライブロック

ライブロックは、水槽内での生物濾過を実現したり、隠れ家としても機能を果たすので、水槽内にあった方がおすすめです。
ライブロックの特徴、選定

ライブサンド

ライブサンドは、水槽内での生物濾過を実現し、生体が水槽内で過ごし易い環境を作り上げることができます。ライブサンドの特徴や、水槽サイズ別に必要となるライブサンドの量について、以下のページでまとめています。
ライブロックの特徴、選定

プロテインスキマーの設置

プロテインスキマーは、ライブロック、ライブサンドで実現する生物濾過とは異なり、水槽内に溜まった目に見えるぐらいの汚れを物理的に除去するといった役割を持つため、設置した方が状態よく飼育することができます。
プロテインスキマーの特徴、選定

殺菌灯の設置

殺菌灯は水槽内の病原菌を紫外線の力で除去できる機材です。白点病を防ぐためにも殺菌灯の設置がおすすめです。殺菌灯の特徴や選定については、以下のページでまとめています。
殺菌灯の特徴、選定

白点病治療

海水魚の飼育で一番多い病気が、白点病です。万が一、白点病になってしまった場合の治療方法について、以下のページでまとめています。
海水魚の白点病治療

浄水器の設置

より海に近い環境で長期飼育を目指す場合には、水道水の不純物を取り除ける浄水器を設置するのがおすすめです。浄水器の特徴や選定については、以下のページでまとめています。
浄水器の特徴、選定

オーバーフロー水槽での飼育

水槽の水量が多いほど、急激な水槽内の環境変化から生体をまもり、状態よく飼育することができます。生体の長期飼育を目指すなら、オーバーフロー水槽での飼育がおすすめです。
オーバーフロー水槽の特徴、選定

シマヤッコの飼育に必要な飼育環境

実際の飼育環境

本ページで記載している記事は、以下の水槽スペックで実際に飼育した経験を元に記載しています。飼育環境を選定する際の参考情報としてください。サンゴ水槽で飼育しているため、メタハラやカルシウムリアクターが設置されています。

  • オーバーフロー水槽90センチオーバーフロー水槽セット
  • 照明メタハラ150W、2000ケルビン
  • プロテインスキマーHS850シリーズ
  • カルシウムリアクター外部式
  • 浄水器クロノスレイン
  • クーラーゼンスイZC-1000アルファ
  • ヒーター海水対応200W
  • ライブロック60センチ水槽分
  • ライブサンドライブサンド18リットル(9リットル×2)
  • 人工海水ヴィーソルト
  • メガバイト
  • 「シマヤッコ飼育に適切な水槽内の魚の数」についてのご紹介は以上となります。次に、「シマヤッコの長期飼育について」をご紹介いたします。

    関連記事:シマヤッコの長期飼育について

    飼育方法

    飼育機材

    関連記事

    不正アクセス防止のため、コメント入力時のアクセス元(IPアドレス)を記録しています。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です