クラリオンエンゼルフィッシュの飼育について

クラリオンエンゼルフィッシュの飼育について

クラリオンエンゼルフィッシュの飼育について

クラリオン島周辺に生息するエンゼルフィッシュです。局地分布に生息する種のためメキシコ政府による保護がなされているため、国内への入荷は稀であり、価格も非常に高価です。上記の写真にあるとおり、ブルーのラインが入って入っていますが、成魚になるにつれて綺麗なオレンジ一色となります。このオレンジ色は、まさにショッキングオレンジと呼ばれても過言では無い、とても鮮やかな色です。自然界では群れで泳ぐ習性があります。自然界で群れを成している姿は下部の映像を観るとよく分かります。自然界では採取期間が定まっているのと、採取する人がいなくなってしまっているという点もなかなか入荷しない理由となっています。自然界では、映像からも確認できるように珊瑚礁域に生息するのではなく、岩礁域に生息しています。このエリアの水温は23℃前後のため、一般的な海水魚を飼育する際の25℃水温は避けるようにしたいです。ヤッコの仲間は性格がキツイ種類が多いため、混泳を実現したい場合は、大きなサイズの水槽を用意し、小型ヤッコであればライブロックで複雑な形状を組み上げて隠れ家を作り、水槽にはあまり多くの海水魚を入れないのが理想です。大型ヤッコの場合は、大型のオーバーフロー水槽でベアタンクを作り、水槽内で縄張り争いが発生しないように、ライブロックの数を減らして飼育するという手段もあります。ヤッコの飼育におすすめなオーバーフロー水槽、ライブロック、ヤッコの混泳については、以下のページでまとめています。

クラリオンエンゼルフィッシュについて

学名

Holacanthus clarionensis

全長(最大)

20cm

生息分布

東部太平洋~クラリオン島周辺

動画

自然界でのクラリオンエンゼルフィッシュの映像です。

飼育難易度

入荷が少ないため飼育方法に関する情報が少ない海水魚ですが、飼育方法、レベルはパッサーに近いです。23℃を保ち高水温に気をつけ、落ち着いた清潔な飼育環境であれば問題なく飼育できる海水魚です。まずは冷凍ブラインシュリンプで少しずつ飼育環境に慣れさせながら餌付かせ、次第に人工資料にシフトしていくとクラリオンも飼育環境に順応していきます。また、珊瑚をよく突っつくので珊瑚水槽での飼育は避けた方が無難です。飼育は容易で、落ち着いた飼育環境であればすぐに餌付いてくれます。

性格

キツイ:

混泳

難しい:

餌付け

簡単:

珊瑚との相性

危険:

飼育環境

水換え頻度

飼育する水槽環境によって、水換えを行う頻度が異なってきます。水換え頻度については、以下のページでまとめています。
水換え頻度について

ライブロック

ライブロックは、水槽内での生物濾過を実現したり、隠れ家としても機能を果たすので、水槽内にあった方がおすすめです。
ライブロックの特徴、選定

ライブサンド

ライブサンドは、水槽内での生物濾過を実現し、生体が水槽内で過ごし易い環境を作り上げることができます。ライブサンドの特徴や、水槽サイズ別に必要となるライブサンドの量について、以下のページでまとめています。
ライブロックの特徴、選定

プロテインスキマーの設置

プロテインスキマーは、ライブロック、ライブサンドで実現する生物濾過とは異なり、水槽内に溜まった目に見えるぐらいの汚れを物理的に除去するといった役割を持つため、設置した方が状態よく飼育することができます。
プロテインスキマーの特徴、選定

殺菌灯の設置

殺菌灯は水槽内の病原菌を紫外線の力で除去できる機材です。白点病を防ぐためにも殺菌灯の設置がおすすめです。殺菌灯の特徴や選定については、以下のページでまとめています。
殺菌灯の特徴、選定

白点病治療

海水魚の飼育で一番多い病気が、白点病です。万が一、白点病になってしまった場合の治療方法について、以下のページでまとめています。
海水魚の白点病治療

浄水器の設置

より海に近い環境で長期飼育を目指す場合には、水道水の不純物を取り除ける浄水器を設置するのがおすすめです。浄水器の特徴や選定については、以下のページでまとめています。
浄水器の特徴、選定

オーバーフロー水槽での飼育

水槽の水量が多いほど、急激な水槽内の環境変化から生体をまもり、状態よく飼育することができます。生体の長期飼育を目指すなら、オーバーフロー水槽での飼育がおすすめです。
オーバーフロー水槽の特徴、選定

クラリオンエンゼルフィッシュを飼育する上で必要な飼育環境については、以下のページにまとめています。

クラリオンエンゼルフィッシュの飼育に必要な飼育環境

クラリオンエンゼルフィッシュにおすすめの人工餌は、メガバイトグリーンです。ヤッコは自然界において、藻類、海綿、ホヤ、底生無脊椎動物、小型の甲殻類等を捕食する雑食性の海水魚です。草食寄りの雑食成分が配合された人工餌として、メガバイトグリーンがもっともおすすめです。

メガバイトグリーン

メガバイト、ヤッコの餌付け方法、海水魚におすすめの餌については、それぞれ以下のページでまとめています。

クラリオンエンゼルフィッシュの平均価格と販売店舗

約500,000円
価格相場はあくまで目安です。生体の入荷状況や販売店舗などによって異なります。詳しくは以下の通販サイトより、最新の価格をご確認ください。



通販

通販サイトで購入ができる価格が安いクラリオンエンゼルフィッシュを以下のページからご確認いただけます。該当の商品が存在しない場合は、商品が何も表示されない場合や、他の商品が表示される場合があります。

クラリオンエンゼルフィッシュに関する飼育方法のご紹介は以上となります。次にグリフィスエンゼルフィッシュの飼育方法をご紹介いたします。 関連記事:グリフィスエンゼルフィッシュの飼育について

おすすめの生体

バヌアツ産シマヤッコ(±65-70mm)

バヌアツ産シマヤッコ(±65-70mm)

ブラックバンドエンゼル

人気のショップ

海水魚飼育に関するノウハウ

海水魚の飼育、海水魚の餌や餌付け、飼育に必要な機材から、海水魚飼育に便利な照明、浄水器、オーバーフロー水槽についてまとめています。

海水魚の飼育

海水魚の飼育方法

海水魚の飼育方法

海水魚の餌

海水魚の餌

海水魚の餌

海水魚飼育用機材

海水魚飼育に必要な機材

海水魚飼育用機材

海水魚飼育用照明

海水魚飼育用照明

海水魚飼育用照明

海水魚飼育用浄水器

海水魚飼育用照明

海水魚飼育用照明

オーバーフロー水槽

オーバーフロー水槽

オーバーフロー水槽

飼育方法

飼育機材

関連記事

不正アクセス防止のため、コメント入力時のアクセス元(IPアドレス)を記録しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です