ゴールドフレークエンゼルフィッシュの飼育について

ゴールドフレークエンゼルフィッシュ

ゴールドフレークエンゼルフィッシュ

ゴールドフレークエンゼルは1973年に学術書に記述された海水魚です。近年は比較的コンスタントに入荷が見込まれていますが、昔は入荷が稀であったため高値で取引がされていた海水魚でした。Apolemichthysとはシテンヤッコ属に分類される仲間です。シテンヤッコ属には、シテンヤッコ、インディアンイエテールエンゼルフィッシュ(クロシテンヤッコ)、ニシキヤッコ、グリフィスエンゼルフィッシュ、タイガーエンゼルフィッシュ、ゴールドフレークエンゼルフィッシュ、レユニオンエンジェルフィッシュ、ブラックバンドエンゼルフィッシュの8種が属しています。自然界ではサンゴ礁域で単独、小グループを形成して生息しています。幼魚はシテンヤッコのように明るい体色をしていますが、10cmを超えるサイズまでは、全身が黄色く、背ビレ基底後部に大きな黒斑があります。成魚になるにつれ次第に体色ベース地の色が暗化し、金色のウロコが散りばめられた体色へと変化していきます。更に青で縁取られた背面に青紫色の唇、おでこに黒い斑点、黒い尾びれが特徴の美しい海水魚です。日本へはクリスマス島で採集されたものが、ハワイを経由して入荷されることが多いです。ヤッコの仲間は性格がキツイ種類が多いため、混泳を実現したい場合は、大きなサイズの水槽を用意し、小型ヤッコであればライブロックで複雑な形状を組み上げて隠れ家を作り、水槽にはあまり多くの海水魚を入れないのが理想です。大型ヤッコの場合は、大型のオーバーフロー水槽でベアタンクを作り、水槽内で縄張り争いが発生しないように、ライブロックの数を減らして飼育するという手段もあります。ヤッコの飼育におすすめなオーバーフロー水槽、ライブロック、ヤッコの混泳については、以下のページでまとめています。

ゴールドフレークエンゼルフィッシュについて

学名

Apolemichthys xanthopunctatus

全長(最大)

20cm

生息分布

中部太平洋

飼育難易度

自然界では、藻類だけではなくスポンジ等も捕食していることが確認されています。栄養バランスを保つためにいくつかの人工餌を混ぜ合わせながら与えるのも効果的といえるが与えすぎには注意が必要です。飼育水槽下においては、魚が餌をねだるために与え続けたところ消化不良を起こし死んでしまうケースもあります。また餌の与えすぎは水槽内の汚れるスピードを速め硝酸塩濃度を高めることにもつながるため、水槽内にデトリタス等の汚れが蓄積する要因となる水の流れの歪ができないようなレイアウトを考慮することや、水換、飼育水量等も考慮し海水魚に負担のかからないような飼育環境を作り上げることが必要です。丈夫な海水魚であることから、整った飼育環境であれば長期的な飼育も可能です。

性格

キツイ:

混泳

難しい:

餌付け

簡単:

珊瑚との相性

危険:

飼育環境

水換え頻度

飼育する水槽環境によって、水換えを行う頻度が異なってきます。水換え頻度については、以下のページでまとめています。
水換え頻度について

ライブロック

ライブロックは、水槽内での生物濾過を実現したり、隠れ家としても機能を果たすので、水槽内にあった方がおすすめです。
ライブロックの特徴、選定

ライブサンド

ライブサンドは、水槽内での生物濾過を実現し、生体が水槽内で過ごし易い環境を作り上げることができます。ライブサンドの特徴や、水槽サイズ別に必要となるライブサンドの量について、以下のページでまとめています。
ライブロックの特徴、選定

プロテインスキマーの設置

プロテインスキマーは、ライブロック、ライブサンドで実現する生物濾過とは異なり、水槽内に溜まった目に見えるぐらいの汚れを物理的に除去するといった役割を持つため、設置した方が状態よく飼育することができます。
プロテインスキマーの特徴、選定

殺菌灯の設置

殺菌灯は水槽内の病原菌を紫外線の力で除去できる機材です。白点病を防ぐためにも殺菌灯の設置がおすすめです。殺菌灯の特徴や選定については、以下のページでまとめています。
殺菌灯の特徴、選定

白点病治療

海水魚の飼育で一番多い病気が、白点病です。万が一、白点病になってしまった場合の治療方法について、以下のページでまとめています。
海水魚の白点病治療

浄水器の設置

より海に近い環境で長期飼育を目指す場合には、水道水の不純物を取り除ける浄水器を設置するのがおすすめです。浄水器の特徴や選定については、以下のページでまとめています。
浄水器の特徴、選定

オーバーフロー水槽での飼育

水槽の水量が多いほど、急激な水槽内の環境変化から生体をまもり、状態よく飼育することができます。生体の長期飼育を目指すなら、オーバーフロー水槽での飼育がおすすめです。
オーバーフロー水槽の特徴、選定

ゴールドフレークエンゼルフィッシュを飼育する上で必要な飼育環境については、以下のページにまとめています。

ゴールドフレークエンゼルフィッシュの飼育に必要な飼育環境

ゴールドフレークエンゼルフィッシュにおすすめの人工餌は、メガバイトグリーンです。ヤッコは自然界において、藻類、海綿、ホヤ、底生無脊椎動物、小型の甲殻類等を捕食する雑食性の海水魚です。草食寄りの雑食成分が配合された人工餌として、メガバイトグリーンがもっともおすすめです。

メガバイトグリーン

メガバイト、ヤッコの餌付け方法、海水魚におすすめの餌については、それぞれ以下のページでまとめています。

価格相場

約50,000円
価格相場はあくまで目安です。生体の入荷状況や販売店舗などによって異なります。詳しくは以下の通販サイトより、最新の価格をご確認ください。



通販

通販サイトで購入ができる価格が安いゴールドフレークエンゼルフィッシュを以下のページからご確認いただけます。該当の商品が存在しない場合は、商品が何も表示されない場合や、他の商品が表示される場合があります。

ゴールドフレークエンゼルフィッシュに関する飼育方法のご紹介は以上となります。次にレモンピールの飼育方法をご紹介いたします。 関連記事:レモンピールの飼育について

おすすめの生体

バヌアツ産シマヤッコ(±65-70mm)

バヌアツ産シマヤッコ(±65-70mm)

ブラックバンドエンゼル

人気のショップ

海水魚飼育に関するノウハウ

海水魚の飼育、海水魚の餌や餌付け、飼育に必要な機材から、海水魚飼育に便利な照明、浄水器、オーバーフロー水槽についてまとめています。

海水魚の飼育

海水魚の飼育方法

海水魚の飼育方法

海水魚の餌

海水魚の餌

海水魚の餌

海水魚飼育用機材

海水魚飼育に必要な機材

海水魚飼育用機材

海水魚飼育用照明

海水魚飼育用照明

海水魚飼育用照明

海水魚飼育用浄水器

海水魚飼育用照明

海水魚飼育用照明

オーバーフロー水槽

オーバーフロー水槽

オーバーフロー水槽

飼育方法

飼育機材

関連記事

不正アクセス防止のため、コメント入力時のアクセス元(IPアドレス)を記録しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です